【ヨガ】赤ちゃんのポーズのやり方・効果・ポイント|動画解説付

赤ちゃんのポーズ

 

赤ちゃんのポーズのやり方・ポイント・効果を、動画でわかりやすく解説します。

腰痛やストレスでお悩みの方は、ぜひお試しください。

 

1. 赤ちゃんのポーズの効果

赤ちゃんのポーズには以下の効果があります。

  • 腰・背中・お尻が柔らかくなる
  • 骨盤・背骨の形が整う
  • 脱力の練習
  • 心身のリラックス効果

これらの効果により、以下の不調を解消・緩和できます。

  • 腰痛
  • 頭痛
  • 猫背
  • 反り腰
  • 脚のハリ
  • 冷え
  • むくみ
  • 慢性疲労
  • 眠気・怠さ
  • 便秘
  • 生理痛・生理不順
  • ストレス

【ヨガの効果】肉体・精神・美容への7つの効果をわかりやすく解説

2018.06.11

 

2. 赤ちゃんのポーズのやり方

赤ちゃんのポーズのやり方
  1. 仰向けになり、両膝を立てる
    赤ちゃんのポーズのやり方

    胸を開き、首肩背中腰の力を抜く

  2. 息を吐きながら、両膝を抱き寄せる
    赤ちゃんのポーズのやり方

    両手を握る以外の力は、すべて抜く

  3. 深呼吸をしながら、ポーズを30秒ほどキープする
  4. 息を吸いながら1に戻る

 

3. 赤ちゃんのポーズのポイント

赤ちゃんのポーズのやり方
  • 心地よいポジションを見つけてから、完全に脱力する
    →膝を広げる
    →膝裏を持つ
    →指同士を絡ませるように手を掴む
    →手首を掴むように掴む
    ⇒最も楽なポジションを見つけてから、あとは全ての意識を手放すように脱力
  • 首の力を抜く
    →仰向けでは顎が前に出て首の後ろが力みやすいので、軽く顎を引き、首後ろの力を抜く
  • 腰・背中の力を抜く
    →腰から背中を床に密着させるイメージで、背面の力を抜く
  • 肩の力を抜く
    →肩を下げ、首を長くし、胸を開く

【ヨガのやり方】ヨガの効果を高める4つの意識

2018.06.08

 

4. ヨガの効果を高める5つのルール

  1. 柔らかい呼吸とともに行う
    →全身呼吸の意識、一呼吸一動作
  2. ポーズの完成形で30秒キープする
    →柔らかい呼吸をできるように、ポーズを安定させる
    →安定させるには、グラウンディングを意識して、無理のない”自分の形”でポーズをキープする
  3. 痛気持ちのいい姿勢を見つける
    →キツすぎず、楽すぎない形までポーズを深める
    →とくに筋トレ系のポーズでは、30秒がやっとくらいの形までポーズを深める
  4. 首と腰のフォローをする
    →首・腰を痛めない形でポーズをとる(グラウンディングの意識)
    →首・腰に負荷をかけた後は、「チャイルドポーズ」や「赤ちゃんのポーズ」でフォローする
  5. 身体の感覚をただ味わう
    →瞑想をするように、頭を空っぽにする
    →頭を空っぽにするために、ポーズを安定させる(自分の形を見つけ、グラウンディングを意識する)

 

5. 赤ちゃんのポーズで解消できる不調

【寝たまま30秒〜】腰痛解消寝ながらヨガ4選|動画解説付

2018.08.28

【寝る前30秒〜】頭痛解消寝ながらヨガ6選|動画解説付

2018.09.06

【寝たまま30秒〜】反り腰改善寝ながらヨガ5選|動画解説付

2018.09.17