ヨガ|無空のポーズのやり方・効果【画像解説付】

無空のポーズ

 

無空のポーズのやり方・ポイント・効果を、画像でわかりやすく解説します。

ストレスや眠気でお悩みの方は、ぜひお試しください。

 

1. 無空のポーズの効果

無空のポーズには、以下の効果があります。

  • 心身のリラックス
  • アタマとココロを鎮める練習
  • 脱力の練習

これらの効果により、以下の不調を解消・緩和できます。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 慢性疲労
  • 眠気・怠さ
  • ストレス

【ヨガの効果】肉体・精神・美容への7つの効果をわかりやすく解説

2018.06.11

 

2. 無空のポーズのやり方

無空のポーズのやり方
  1. 仰向けになって、両足を肩幅程度に開き、両手を体から少し離したところに、手の平を上にしておく
    (体の力が抜けない場合は、一度全身をギューっと緊張させて、フッと力を抜く)

  2. 1〜15分ほど、ゆったりとした呼吸を行いながら、そのままの状態を保つ
    無空のポーズのやり方

    体が床に沈むイメージをする

  3. 起きる時は、深呼吸をし、手足をグーパーグーパーと動かし、手足を上下にグーっと伸ばし、両膝を立てて左右に倒し、体を一旦横に倒してから、手を床について、ゆっくりと起き上がる

 

3. 無空のポーズのポイント

無空のポーズのやり方
  • 腰が痛い人(落ち着かない人)は、両膝の下にクッションなどを入れて、軽く膝を曲げる
    (または立て膝で膝同士をくっつけてもいい)
  • 眼精疲労が頭が鎮まらない人は、アイピローを利用する
  • 深呼吸やリラックスする意識もやめ、ただただ無になる

 

4. ヨガの効果を高める5つのルール

  1. 柔らかい呼吸とともに行う
    →全身呼吸の意識、一呼吸一動作
  2. ポーズの完成形で30秒キープする
    →柔らかい呼吸をできるように、ポーズを安定させる
    →ポーズを安定させるには、無理のない”自分の形”を見つけ、グラウンディングを意識する
  3. 痛気持ちのいい姿勢を見つける
    →キツすぎず、楽すぎない形までポーズを深める
    →とくに筋トレ系のポーズでは、30秒がやっとくらいの形までポーズを深める
  4. 首と腰のフォローをする
    →首・腰を痛めない形でポーズをとる(グラウンディングの意識)
    →首・腰に負荷をかけた後は、「チャイルドポーズ」や「赤ちゃんのポーズ」でフォローする
  5. 身体の感覚をただ味わう
    →瞑想をするように、頭を空っぽにする
    →頭を空っぽにするために、ポーズを安定させる(自分の形を見つけ、グラウンディングを意識する)

ABOUTこの記事をかいた人

「自分のカラダは、自分で治す」をコンセプトに、フォームローラーやストレッチであらゆる不調を解消する方法を動画解説します。  【全国民セルフケア習慣化計画】で、健康が当たり前の世界をつくります。