【ヨガの効果】肉体・精神・美容への7つの効果をわかりやすく解説

ヨガの効果

 

ヨガが目指すゴールは、
穏やかで満たされた心を養うこと」です。

 

このゴールのために、
ヨガでは様々なポーズを通して、カラダからココロ・アタマへとアプローチしていきます。

 

ヨガをただの”ストレッチ”や”エクササイズ”と捉えてしまうと、
それだけの効果しか得られません。

そして、ヨガの効果をしっかりと理解した上でポーズをとると、
それだけ多くの効果を享受することができます。

 

どうせ同じヨガをやるなら、多くの効果を得たいものです。

 

そんなわけで今回は、

  • ヨガによる心身への7つの効果
  • 効果により得られる3つのメリット

この2つを、わかりやすく解説していきます。

 

1. ヨガによる7つの効果

ヨガの実際的な効果は、7つあります。

 

ヨガの効果
  1. ストレッチ効果
  2. 筋トレ効果
  3. 整体効果
  4. 良い姿勢&良い体の使い方のインプット
  5. 自律神経の調整効果
  6. 内臓機能の活性化効果
  7. 瞑想効果

 

ヨガのポーズを例にして、わかりやすく簡単に解説していきます。

 

1−1. ストレッチ効果

ヨガで最も代表的な効果は「ストレッチ効果」、
つまり「柔軟性の向上」です。

 

ヨガのポーズを完成させるには柔軟性が必要で、
ポーズを練習する過程で筋肉が伸び、柔らかくなり、関節の可動域が広がります。

 

柔軟性が向上すると、それだけ血液やリンパの流れが良くなるので、

  • フィジカル面
    (肩こりや腰痛など)あらゆる不調の解消
  • メンタル面
    アタマが柔らかくなる(考えてもしょうがないことに固執しない)
  • ビューティー面
    肌のキメが細かく、色が明るくなる

などのメリットがあります。

開脚前屈のポーズのやり方

「開脚前屈のポーズ」=太もも&股関節のストレッチ効果が高い

押し上げのポーズのやり方

「押し上げのポーズ」=腰&肋骨&肩甲骨のストレッチ効果が高い

 

1−2. 筋トレ効果

ヨガのポーズを完成させるには、
「柔軟性」と同じくらい「筋力」が必要とされます。

体幹を安定させる「コア・インナーマッスル」や、
下半身を安定させ、大きく美しい動きを作る「アウターマッスル」の力です。

 

筋力がつくと、

  • フィジカル面
    体の引き締め効果、背骨や骨盤の歪み改善
  • メンタル面
    →「気持ちが安定する(些細なことでイライラしない)
  • ビューティー面
    →「姿勢が美しくなり、代謝がアップする

などのメリットがあります。

板のポーズのやり方

「板のポーズ」=お腹&背中&お尻の筋トレ効果が高い(”プランク”というコアトレとしても有名)

ワシのポーズのやり方

「ワシのポーズ」=太もも・お尻・お腹の筋トレ効果が高い(バランス系のポーズはインナーマッスルを鍛えやすい)

 

1−3. 整体効果

日常生活では”動き”や”姿勢”のパターンが決まっているため、
体が歪みやすいです。

(パソコンやスマホを弄る時間が長いと、背中が丸まった状態で硬直したり)

 

逆に、ヨガのポーズでは日常生活ではあまりしない動きをしたり、姿勢をとったりするので、
歪んだ骨格を整えることができます

 

すると、

  • フィジカル面
    猫背・反り腰・骨盤の歪みなどの改善
  • メンタル面
    考え方が歪まない(無意味な偏見が減る)
  • ビューティー面
    美姿勢効果・美ボディライン効果

などのメリットがあります。

猫の背伸びのポーズのやり方

「猫の背伸びのポーズ」=背骨の歪みを整える効果が高い

ランジのポーズのやり方

「ランジのポーズ」=骨盤&股関節の歪みを整える効果が高い

 

1−4. 良い姿勢&良い体の使い方のインプット

「良い姿勢&良い身体の使い方」のために必要なことは3つ。

柔軟性」、「筋力」、そして「脳へのインプット(反復練習)」です。

 

つまり、体が柔らかくて、適度な筋力があったとしても、
腰を反らして背筋を伸ばす意識」などといった”間違った姿勢の意識”が脳にインプットされていれば、姿勢は悪くなります。

(パッと見は良い姿勢でも、体への負荷が大きく、腰痛になったり、長持ちしない)

 

ヨガのポーズにより「良い姿勢&良い身体の使い方」を繰り返し練習し、脳にインプットすることができれば、
筋肉が硬直しにくく、不調になりにくい”美しい身体”を手に入れることができます。

山のポーズのやり方

「山のポーズ」=良い姿勢の練習にどうぞ

逆英雄のポーズのやり方

「逆英雄のポーズ=良い体の使い方の練習にどうぞ

 

1−5. 自律神経調整効果

ヨガのポーズをとるときは、常に”柔らかく深い呼吸”を意識します。

 

呼吸は”自律神経をコントロールする唯一の方法であり、
スマホやパソコン、ストレスなどにより交感神経優位に偏った自律神経を調えることができます。

 

すると、

  • フィジカル面
    不眠、眠気、怠さ、慢性疲労の解消
  • メンタル面
    イライラ、不安感、焦燥感、落ち込み、無気力の改善
  • ビューティー面
    睡眠や食生活が安定して、内面から美しくなる

などのメリットがあります。

うさぎのポーズのやり方

「うさぎのポーズ」=頭(脳)から背骨を刺激して、自律神経を整える

猫のポーズのやり方

「猫のポーズ」=背骨を呼吸に合わせて動かすと、自律神経が整う

 

1−6. 内臓機能の活性化効果

ヨガのポーズの中でも、
逆転系やねじり系のポーズには、内臓を刺激する効果があります

 

運動不足だと血行不良になり、内臓に血液が届かず、内臓機能の低下につながりますが、
内臓を刺激することで、内臓の機能を活性化させることができるのです。

 

すると、

  • フィジカル面
    便秘、下痢、生理痛・生理不順、慢性疲労の解消
  • メンタル面
    無気力、疲労感の解消
  • ビューティー面
    ダイエット効果、デトックス効果

などのメリットがあります。

鋤のポーズのやり方

「鋤のポーズ」=逆転系のポーズで下がりがちな内臓を上げる

ワニのポーズのやり方

「ワニのポーズ」=ねじり系のポーズで内臓を物理的に刺激する

 

1−7. 瞑想効果

瞑想の最も偉大な効果は、「脳を休ませること」です。

 

ヒトの脳は起きている時は常に働きっぱなしで、
たとえYouTubeをダラダラと眺めている時でさえ、脳はフル回転し、情報を処理しています。

とくに情報に溢れた現代での生活は、
脳が常に走りっぱなし状態にある」と言っても過言ではありません。

 

体を動かす機会が少なくても、脳は常に疲れた状態になるので、
謎の疲労感」や「無駄な考え事」に苛まれることになります。

ヨガのポーズをとっている時は、柔らかくて深い呼吸と行いながら、ただただ体の感覚を味わうので、
瞑想をしている時のように脳を休ませることができます

 

つまり、謎の疲労感を解消し、思考回路をシンプルに保つことができるのです。

無空のポーズのやり方

「無空のポーズ」=無になることで、脳が休まる

英雄のポーズ3のやり方

「英雄のポーズ3」=瞑想意識により、バランスがとりやすくなる

 

2. ヨガの効果による3つのメリット

「ヨガによる7つの効果」の具体的なメリットを、

  • フィジカル(身体)
  • メンタル(精神)
  • ビューティー(美容)

の3つに分けて解説します。

 

2−1. フィジカル面のメリット

フィジカル面のメリット【ヨガの効果】

ヨガの効果により、以下の不調が解消します。

  • 【筋肉の不調】

肩こり・頭痛・腰痛・脚のハリ・冷え・むくみ

  • 【骨格の歪み】

猫背・反り腰・内巻き肩(前肩)・頭部前方位・XO脚

  • 【内臓・脳の不調】

便秘・下痢・生理痛・生理不順・慢性疲労・不眠

 

また、自律神経が整い、体温が上がり、内臓機能が活性化するため、
免疫力が向上して、病気になりにくくなります

 

2−2. メンタル面のメリット

メンタル面のメリット【ヨガの効果】

ヨガの効果により、以下の精神的不調が解消します。

  • イライラしやすい
  • 過去への不満
  • 未来への不安
  • 自分のせいにする
  • 他人のせいにする
  • やる気が出ない
  • 怒りやすい

 

ヨガを通して「いま、ここに集中する(マインドフルネス)」状態になると、
”他人”や”過去”や”未来”など、余計なことを考えにくくなります

また、日常生活でも気持ちが安定して、考え方がポジティブになり、
他人にも自分にも優しくなります

 

2−3. ビューティー面のメリット

ビューティー面のメリット【ヨガの効果】

ヨガの効果により、6つの美容メリットがあります。

 

①ダイエット効果

ヨガの運動効果は低いため、
直接的に脂肪を燃焼してくれるわけではありません。

 

ただ、感覚が調うため、

  • 食べ過ぎなくなる
  • 悪いものを食べなくなる
  • 変な時間に食べなくなる

といった食生活の改善が見込めます。

 

また、内臓機能が活性化すれば、
デトックス効果により、不必要な栄養を排出しやすくなります。

そして、筋肉量の増加&可動域の向上により、
代謝がアップし、痩せやすくなります

 

②美ボディ効果

ヨガの「筋トレ効果」により、
肉体が引き締まり、ボディラインが美しくなります

 

具体的には、

  • ふくらはぎ・太もも・二の腕・首がシュッと細くなる
  • ぽっこりお腹がシュッとへっこむ
  • デカ尻がキュッと引き締まる
  • 下がった胸がキュッと上がる

などの効果を得ることができるでしょう

 

③美肌効果

内臓機能の向上&血液・リンパの流れの改善すると、
デトックス効果&栄養補給効果により、お肌の質が良くなります

具体的には、

  • お肌のキメが細かくなる
  • シワ、くすみが消える
  • 透明感が増す
  • ツヤが出る

といった効果が感じられるでしょう

④美顔効果

筋肉が硬いと、骨格が広がり、肉がつきやすくなり、肉が下がりやすくなります。

お尻(骨盤)が広がり、胸が下がるのはもちろんですが、顔にも大きな影響があります。

 

つまり、
「顔のたるみ・むくみ・巨大化」も”筋肉の硬直のせい”なので、
ヨガにより首・頭まわりの筋肉が柔らかくなれば、顔も美しくなります

 

⑤美動作効果

関節の可動域が広がり、付け根から動かす意識を身につけることができれば、動きが美しくなります

股関節が広がれば、歩き姿が大らかになり、
肩甲骨が動けば、動きが滑らかに丁寧になります

 

⑥美姿勢効果

ヨガによる最も大きな美容効果は、
姿勢が美しくなること」だと個人的に思っています。

 

どんなに細くて綺麗でも、
姿勢が悪いと全てが台無しになります。

 

また、「美姿勢」はこれまで紹介した美容効果の要でもあります。

 

ヨガにより筋肉が柔らかくなり、筋肉量が増え、骨格が整い、良い姿勢の意識がインプットできれば、
無意識でも姿勢が美しくなるでしょう。

 

3. まとめ|さぁ、ヨガを始めよう!

ただ、普通にヨガのポーズをとるだけでは、
今回ご紹介した「ヨガの効果」や「メリット」を享受することはできません。

 

グラウンディング・コントラスト・コアモーション・インナーブリーズ】などの、
ヨガの効果を高める意識」をしてポーズをとることで、
初めてヨガの効果を最大限に得ることができます。

【ヨガのやり方】ヨガの効果を高める4つの意識

2018.06.08

 

何はともあれ、簡単なポーズからコツコツ始めてみてください。

ヨガの最も大きな効果は「気持ちがいいこと」です

 

今日からヨガを始めて、
ヨガの気持ち良さを味わってみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

「自分のカラダは、自分で治す」をコンセプトに、フォームローラーやストレッチであらゆる不調を解消する方法を動画解説します。  【全国民セルフケア習慣化計画】で、健康が当たり前の世界をつくります。