「肩甲骨テニスボールマッサージ」のやり方と効果

tennis-ball-massage-scapula

テニスボールで肩甲骨を緩める方法とその効果を解説します。

(※テニスボールはピンポイントで刺激が入るので、刺激は弱めに、時間は短めにしてください)

肩甲骨テニスボールマッサージのやり方

  1. ポジション①

    テニスボールを2個置き、左右の肩甲骨の内側上角に当たるように仰向けになる

    (肩甲骨の内側上角には肩こり筋=肩甲挙筋の付け根がある)

    f:id:sousuke1202:20171215141826p:plain
  2. スタティック

    テニスボールに体重を乗せ、深呼吸をしながらジワ〜っと緩める

    (頭の後ろで手を組み、肘を前に向けると刺激が入りやすい)

  3. シェイキング

    テニスボールに体重を乗せたまま、左右にユラユラ〜と揺れる

  4. ポジション②

    テニスボールが当たる位置を下にずらし、肩甲骨のキワを刺激していく

    (肩こり筋=菱形筋を緩めていく)
    f:id:sousuke1202:20171215141751p:plain

  5. ポイント

    片方の肩甲骨の内側にテニスボールを2個置くと、刺激がマイルドになる

    f:id:sousuke1202:20171215141811p:plain

肩甲骨テニスボールマッサージの効果

肩甲骨テニスボールマッサージには以下の効果がある。

  • 首・肩・背中の筋肉を柔らかくする
  • 肩甲骨が動きやすくなる
  • 肩甲骨の位置を整える
  • 呼吸が深くなる

これらの効果により、以下の不調を解消・緩和できる。

  • 肩こり
  • 首こり
  • 背中のハリ
  • 猫背
  • 内巻き肩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です