「腰テニスボールマッサージ」のやり方と効果

tennis-bass-massage-lower-back

テニスボールで腰&骨盤を緩める方法とその効果を解説します。

(※テニスボールはピンポイントで刺激が入るので、刺激は弱めに、時間は短めにしてください)

腰テニスボールマッサージのやり方

  1. ポジション①

    テニスボールを床に2個置き、腰の付け根に当たるように仰向けになる

    f:id:sousuke1202:20171215143805p:plain
  2. スタティック

    両膝を抱えるようにしてテニスボールに体重を乗せ、深呼吸をしながらジワ〜っと緩める

    (痛い場合は、足をついたままお尻を浮かせるなどして、体重のかけ具合を調整する)

  3. シェイキング

    スタティックの状態から腰を左右に小刻みに振り、刺激する

  4. ポジション②

    テニスボールの位置を外側(腸骨の上)にずらし、同様のやり方で緩める

    f:id:sousuke1202:20171215143827p:plain
  5. ポジション③

    ①テニスボールの位置を仙骨の上にずらす

    ②足を床についたままお尻を浮かせて刺激する
    (仙骨は繊細なので強く刺激しすぎない)

    f:id:sousuke1202:20171215143842p:plain

腰テニスボールマッサージの効果

腰テニスボールマッサージには以下の効果がある。

  • 腰の筋肉を柔らかくする
  • 腰椎・骨盤を整える
  • 自律神経を整える
  • 内臓の働きが活発化する

これらの効果により、以下の不調を解消・緩和できる。

  • 腰痛
  • 猫背
  • 反り腰
  • 骨盤の歪み
  • ストレス
  • 生理痛・生理不順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です