「背中ストレッチポール」のやり方と効果

stretch-pole-back

ストレッチポールで背中(胸椎)を緩める方法とその効果を解説していきます。

①背中シェイキング(縦ポールver)

  1. ポジション

    ストレッチポールを縦にして置き、仰向けになる

  2. シェイキング

    両膝を立て、お尻(仙骨)を支点にして左右にユラユラ〜と揺れる

    f:id:sousuke1202:20171213194938p:plain

②背中ムービング

  1. ポジション

    ①ストレッチポールを横に置き、背中が当たるように仰向けになる

    ②頭の後ろで手を組み、肘を前に向ける
    (肘を前に向けると肩甲骨が開いて胸椎を刺激しやすくなる)

  2. ムービング

    両膝を立て、お尻を浮かせて、上下にゴロゴロと転がり、胸椎を上から下まで刺激する

    →硬いところは細かく転がり、入念に緩める

    f:id:sousuke1202:20171213200747p:plain

③背中シェイキング

  1. ポジション

    ストレッチポールを横に置き、背中が当たるように仰向けになり、頭の後ろで手を組み肘を前に向ける

  2. シェイキング

    お尻を浮かせて体を左右にユラユラ〜と揺らし、背中(胸椎)をピンポイントで緩める

    f:id:sousuke1202:20171213195950p:plain

④背中スタティック

  1. ポジション

    ストレッチポールを横に置き、胸椎が当たるように仰向けになり、頭の後ろで手を組み肘を前に向ける

  2. スタティック

    深呼吸をしながら、胸椎をジワ〜っと反る

    f:id:sousuke1202:20171213200026j:plain

背中ストレッチポールの効果

背中ストレッチポールには以下の効果がある。

  • 背中・首・腰の筋肉が柔らかくなる
  • 胸椎が動きやすくなる
  • 背骨が整う
  • 上半身の筋肉が動きやすくなる
  • 呼吸が深くなる
  • 血液とリンパの流れが良くなる
  • 自律神経が整う

これらの効果により、以下の不調を解消・緩和できる。

  • 肩こり
  • 首こり
  • 腰痛
  • ストレス
  • 猫背
  • 頭部前方位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です