胸をストレッチでフワッと柔らかくする方法3選【動画解説付】

胸ストレッチ

 

ストレッチで胸を緩める方法と効果を、わかりやすく解説していきます。

肩こりや猫背(内巻き肩)でお悩みの方は、ぜひお試しください。

1. 胸ストレッチの効果

胸ストレッチには、以下の効果があります。

  • 胸の筋肉が柔らかくなる
  • 肩が開き、胸が広がる
  • 呼吸が深くなる
  • 自律神経が整う

これらの効果により、以下の不調を解消&緩和できます。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 猫背
  • 内巻き肩
  • 便秘
  • 眠気・怠さ・慢性疲労
  • ストレス

【ストレッチの効果】不調を解消できる5つの理由をわかりやすく解説

2018.05.27

2. 胸ストレッチのやり方3選

2−1. 壁胸ストレッチのやり方

  1. フォーム(右胸)
    壁の横に立ち、右手を壁につけ、壁に右胸を近づける

    壁胸ストレッチ
  2. ストレッチ
    右胸が伸びるのを感じながら、キープする

    壁胸ストレッチ
  3. アングル
    壁についている右手の位置をずらし、右胸の伸びる角度を変える

    壁胸ストレッチ

  4. 左胸も同様に伸ばす

2−2. 床胸ストレッチのやり方

  1. フォーム(右胸)
    ①うつ伏せに寝て、肩・肘の角度が90度になるよう、両腕を広げる
    ②左足を曲げ、右側に持っていき、腰を捻る

    ▼顔を左に向け、左胸が浮くくらい捻る床胸ストレッチ

  2. ストレッチ
    右胸が伸びるのを感じながら、キープする

    ▼うまく伸びない場合は、右腕の角度を調整する床胸ストレッチ

    胸が伸びる感じがしない場合
    ・胴体を上や前にずらす
    ・右腕の位置をずらす
    ・右肘の角度を変える

    ※「胸が伸びる位置」を探しながら、腕や胴体の位置をずらしてみて

  3. 左胸も同様に伸ばす

    胸ムービングストレッチ

2−3. 胸ムービングストレッチのやり方

  1. フォーム(左胸)
    仰向けになり、左足を右側にして、腰を捻る

    ▼左肩が浮くように
    胸ムービングストレッチ

  2. ムービング
    左腕をゆっくりとグルグル回し、左腕の重みで左胸が伸びるのを感じる

    胸ムービングストレッチ
  3. 反対も同様に伸ばす

3. ストレッチの効果を高めるポイント

  1. 時間
    ・「もう十分伸びたな」と感じるまで
    ・目安は10秒以上だが、筋肉の硬さや太さによって時間は変わる
    ・伸ばしすぎると逆効果になるので注意する

  2. 意識
    ・深呼吸をしながら、伸びている筋肉を意識する

  3. 部位
    ・「硬い」と感じる筋肉を伸ばす
    ・左右差があれば硬い方、不調を解消したいなら不調の関連筋を伸ばす

  4. タイミング
    ・基本は朝晩
    ・日中、筋肉に負担をかける前後にも

【ストレッチの方法】筋肉をフワフワに柔らかくする8つのコツ

2018.05.29

ABOUTこの記事をかいた人

セラピスト / セルフケアアドバイザー  「自分のカラダは、自分で治す」をコンセプトに、フォームローラーやストレッチであらゆる不調を解消する方法を動画解説しています。  【国民全員セルフケアリスト化計画】で、健康が当たり前の世界をつくりましょう。