ふくらはぎをストレッチでフワフワに柔らかくする方法2選【動画解説付】

ふくらはぎストレッチ

 

ストレッチでふくらはぎ&足首を緩める方法と効果を、動画でわかりやすく解説します。

足のハリ・冷え・むくみでお悩みの方は、ぜひお試しください。

 

1. ふくらはぎストレッチの効果 

ふくらはぎストレッチには、以下の効果があります。

  • ふくらはぎが柔らかくなる
  • 足首が動きやすくなる
  • 血流が良くなる

これらの効果により、以下の不調を解消&緩和できます。

  • 冷え性
  • むくみ
  • 脚のハリ

【ストレッチの効果】不調を解消できる5つの理由をわかりやすく解説

2018.05.27

 

2. ふくらはぎストレッチのやり方2選

2−1. ふくらはぎストレッチ(立ちながらver)

  1. フォーム(左ふくらはぎ)
    ①壁を向いて立ち、右足を前に、左足を後ろにつく
    ②壁に両手をつき、左足をさらに後ろに引き、左かかとを床につけるように腰を入れる

    ふくらはぎストレッチ(立ちながらver)

  2. ストレッチ
    左ふくらはぎの伸びを感じながら、キープする

    ふくらはぎストレッチ(立ちながらver)

    かかとは床につかなくてもいいので、ふくらはぎが伸びる体勢を探す

  3. アングル
    重心を親指の付け根や小指の付け根にずらして、伸びる角度を変える

    ふくらはぎストレッチ(立ちながらver)
  4. 反対側も同様に伸ばす

2−2. ふくらはぎストレッチ(膝立ちver)

  1. フォーム(左ふくらはぎ)
    ①右足正座、左足を床につく
    ②左かかとが浮かないように、胴体で太ももを前に倒す

    ふくらはぎストレッチ(膝立ちver)

  2. ストレッチ
    左ふくらはぎの伸びを感じながら、キープする

    ふくらはぎストレッチ(膝立ちver)

    くらはぎの深層下部、ヒラメ筋が伸びやすい

  3. 反対側も同様に伸ばす

 

3. ストレッチのポイント

  1. 時間

    ・「もう十分伸びたな」と感じるまで
    ・目安は10秒以上だが、筋肉の硬さや太さによって時間は変わる
    ・伸ばしすぎると逆効果になるので注意する

  2. 意識

    ・深呼吸をしながら、伸びている筋肉を意識する

  3. 部位

    ・「硬い」と感じる筋肉を伸ばす
    ・左右差があれば硬い方、不調を解消したいなら不調の関連筋を伸ばす

  4. タイミング

    ・基本は朝晩
    ・日中、筋肉に負担をかける前後にも

【ストレッチの方法】筋肉をフワフワに柔らかくする8つのコツ

2018.05.29