【ストレッチの方法】筋肉をフワフワに柔らかくする8つのコツ

stretch-better

ストレッチは、
筋肉を伸ばしている時の”ちょっとした意識の違い”で伸び方が大きく変わってきます。

今回は、
効果的に筋肉を柔らかくするストレッチのコツを、

  1. 角度
  2. 強度
  3. 時間
  4. 部位
  5. 方法
  6. 呼吸
  7. 意識
  8. 頻度

の8つに分けて、
わかりやすく解説していきます。

【ストレッチのコツ①】角度を変えて伸ばす

ストレッチをするときは、
「ただ真っ直ぐと伸ばす」のではなく、
「角度を変えて伸ばす」ことを意識してください

なぜなら、
筋肉は「面」で付着しているからです。

真っ直ぐにストレッチするだけでは、
筋肉は「線」でしか伸びませんが、
角度を変えることで、筋肉を「面」で伸ばすことができます。

例えば、
「首後ろの筋肉」を伸ばすときは、
頭を前に倒しながら顔を右や左に向ける。

「太ももの裏側の筋肉」を伸ばすときは、
片脚の長座体前屈をしながら、
つま先の向きを変える。

伸ばしていない角度はないかな?」と意識し、
筋肉を面で伸ばすことを心がけましょう。

【ストレッチのコツ②】より深く伸ばす

ストレッチをするときは、
「気持ちいい〜痛気持ちいい」くらいの強さでストレッチすることを意識しましょう

ストレッチする強さが、
あまり弱すぎると柔軟性は高まりませんし、
「痛いだけ」のストレッチだと、
筋肉に力が入って逆効果になってしまいます。

基本的には「痛気持ちいい」の感覚を追いながらストレッチをしてください

「リラックス効果を高めたいとき」や、
「首など、繊細な部位を伸ばすとき」は、
「気持ちいい」くらいの強さで伸ばすのが丁度いいでしょう。

【ストレッチのコツ③】伸ばす時間を長くする

伸ばす時間は「30秒以上」が基本です

  • 30代までの人は、30秒
  • 40代=40秒、50代=50秒と、年齢によりストレッチ時間を伸ばす

この2点が、
ストレッチをする時間で推奨されています。

なぜなら、
ストレッチをしてから筋肉が柔らかくなるのに時間がかかるから」です。

また、加齢とともに筋肉は伸びづらくなるので、
自分の年齢に合わせてストレッチをする時間を伸ばすのがポイントとなります。

オススメは”十分に伸びたな”と感じるまで

上記の「年齢によって伸ばす時間を変える」のは、
ただの目安です。

個人的には、
「”十分に伸びた”と感じるまで」ストレッチするのがオススメです。

なぜなら、
筋肉は、”太さ”・”強さ”・”状態”によって柔らかくなる時間が違うから」です。

  • 筋肉の太さ
    例えば、「首の筋肉」より「太ももの裏側の筋肉」の方が太いので、首の筋肉は10秒で、太もも裏の筋肉は40秒で柔らかくなる
  • 筋肉の強さ
    例えば、「細い女性」より「マッチョな男性」の方が筋肉は強いので、同じ部位を伸ばすときでもマッチョな男性の方が伸ばす時間は長めがいい
  • 筋肉の状態
    例えば、「入浴後の温まった筋肉」と「寝起きの硬直した筋肉」なら、寝起きの硬直した筋肉の方が伸ばす時間は長めがいい

また、筋肉は伸ばしすぎると「弱化」してしまい、
逆効果になってしまう
ので、
必ずしも「30秒以上伸ばす」のが正解とは限りません。

だからあまり時間のことは考えず、
10秒でも20秒でも1分でもいいので、
「十分に伸びた」と感じるまでストレッチしましょう。

【ストレッチのコツ④】硬い筋肉を伸ばす

あなたの体の中で、
「硬い筋肉」や「不調に関連する筋肉」を伸ばすことを意識しましょう

例えば、
同じ「首の筋肉」でも、
「首の後ろ・前・横、どの面が硬いのか?」は、
人によって違います。

また、「肩こり」を解消したい人と「腰痛」を解消したい人とでは、
ストレッチをした方がいい部位も変わってきます。

「肩こり」の人なら”首・肩甲骨の筋肉”を、
「腰痛」の人なら”腰・お尻・股関節の筋肉”を意識的にストレッチする。

さらに、それらの筋肉の中から、
「硬い面」や「硬い角度」を探すようにしてストレッチすると、
筋肉を効果的に柔らかくし、
不調を解消することができます。

(不調ごとの”ストレッチしたい筋肉”は、
また別のページで解説するので楽しみにしていてください)

【ストレッチのコツ⑤】筋肉を縮める

筋肉は「伸ばす」だけでなく、
「縮める」ことでも柔らかくなります

なぜなら、筋肉の硬直の仕方には、
伸びて硬直」と「縮んで硬直」の2種類があるからです。

「縮んで硬直した筋肉」は伸ばすことで柔らかくなりますが、
「伸びて硬直した筋肉」は伸ばすだけでは柔らかくなりにくいのです。

例えば、
「猫背」の人の「背中の筋肉」は伸びて硬直していますし、
「内巻き肩」の人は、
「胸の筋肉」は縮んで、
「肩甲骨の内側の筋肉」は伸びて硬直しています。

できれば、
「自分の体の形・姿勢」に合わせて、
「伸ばすor縮める」を選択してストレッチするのがオススメです。

それが難しい場合は、
基本は伸ばす」、
ガチガチに硬い筋肉は伸ばす&縮める」、
という感じにストレッチしましょう。

【ストレッチのコツ⑥】深呼吸をする

ストレッチをする時は、
深呼吸をしながら筋肉を伸ばしましょう

なぜなら、
呼吸が浅くなると筋肉に力が入って、
伸びにくくなるからです。

深呼吸をしながらストレッチをすることで、
筋肉に入った力が抜けて、
筋肉が柔らかくなりやすいです。

とくに「呼気(吐く息)」で体の力は抜けやすいので、
呼気に合わせて、
ジワーッと深く伸ばしていくことを意識しましょう。

【ストレッチのコツ⑦】筋肉を意識する

ストレッチをする時は、
「今、伸びている筋肉」に意識を向けましょう

なぜなら、
体は「意識」によって変化するからです。

例えば、
全く同じ形のストレッチをしていても、
「スマホをいじりながら」だと筋肉は伸びにくいですが、
「筋肉がジワ〜っと伸びている感覚」を味わいながらだと、
筋肉が柔らかくなりやすいです。

他にも、
筋トレでは、「鍛えている筋肉」を意識した方が筋肉がつきやすいですし、
食事では、「食事という行為」に意識を向けた方が満腹感を得やすいです。

また、ただ単に「筋肉を意識するだけ」よりも、
筋肉がジワ〜っと柔らかく伸びるイメージ
をすることで、
よりストレッチの効果を高めることができます。

【ストレッチのコツ⑧】頻度を増やす

ストレッチをする頻度は、
基本的に「1日1回以上」行うのが望ましいです。

ストレッチをしても、
筋肉が柔らかくならない人は、
「伸ばしている時間」よりも、
「縮んでいる・硬直している時間」の方が圧倒的に長いから。

例えば、
「デスクワークで腰痛に悩んでいる人」の場合。

1日5時間も座りっぱなしで硬直した腰・お尻の筋肉を、
1日1回30秒のストレッチで緩めるのは難しいです。

個人的にオススメのストレッチスケジュールは以下のとおり。

  • 朝晩、全身のストレッチをする
  • 日中、硬くなりやすい部位をちょこちょこストレッチする

筋肉は全身繋がっているので、
肩こりでも腰痛でも、
とりあえず全身のストレッチを朝晩する。

それにプラスで、
「肩こりが気になる人」は、
”首・肩甲骨のストレッチ”を、
「腰痛が気になる人」は、
”腰・お尻のストレッチ”を、
日中のスキマ時間に行うようにすると、
柔軟性が上がり、
不調も解消しやすいです。

ストレッチは「水分補給」と同じです。

喉が渇く前に水を飲むように、
筋肉が硬直する前にストレッチをする。

こんな習慣を作れれば、
硬直知らずの健康的な体を手に入れることができるでしょう。

【まとめ】効果的なストレッチを行う方法

  1. 角度を変えて伸ばす
    筋肉を”線”ではなく”面”で伸ばす
  2. より深く伸ばす
    気持ちいい〜痛気持ちいいくらいの強さで伸ばす
  3. 伸ばす時間を長くする
    ・基本は年齢分の秒数を伸ばす
    ・”十分に伸びたな”と感じるまで伸ばす
  4. 硬い筋肉を伸ばす
    ・自分の不調の関連筋を伸ばす
    ・関連筋の中から、とくに硬い筋肉を伸ばす
  5. 筋肉を縮める
    ・筋肉の硬直の仕方は、”縮んで硬直”か”伸びて硬直”の2種類ある
    ・”縮んで硬直した筋肉”は伸ばし、”伸びて硬直した筋肉”は縮める
  6. 深呼吸をする
    とくに呼気(吐く息)を長くしながら、ジワーッと伸ばす
  7. 筋肉を意識する
    ストレッチしている筋肉が、ジワーッと伸びているのを感じながら(イメージしながら)伸ばす
  8. 頻度を増やす
    ・基本は1日1回以上
    ・”体が硬くなった”と感じたら伸ばす

今回ご紹介したコツを、
いきなりすべてやるのは難しいと思います。

「ちょっと、ストレッチする頻度を増やしてみようかな」
「ちょっと、伸ばす時間を長くしてみようかな」

あなたが普段やっているストレッチに、
”ちょっとのコツ”を加えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です