【ストレッチの効果】不調を解消できる5つの理由をわかりやすく解説

ストレッチの効果

 

筋肉を伸ばして柔らかくする

これが、ストレッチの目的であり、最大の効果なのですが、
”筋肉を柔らかくする”以外にもストレッチをする過程で様々な効果を得ることができます。

今回は、

  1. ストレッチの効果
  2. ストレッチで解消できる不調

の2つを簡単にご紹介していきます。

 

1. ストレッチの5つの効果

ストレッチの主な効果な以下の5つです。

  1. 筋肉が柔らかくなる
  2. 血流が良くなる
  3. 呼吸が深くなる
  4. 自律神経が整う
  5. 骨格が整う

順に簡単に解説していきます。

 

1−1. 筋肉が柔らかくなる

ストレッチの効果

 

筋肉は「縮む」ことで「体を動かす&姿勢を保持する役割」があります。

ただ、筋肉それ自体には「縮む」という特性しかないので、
「運動をする」か「ストレッチをする」かしない限り、筋肉はどんどん縮んで、硬直していきます。

 

つまり、現代生活において、「筋肉が硬直する」ことは「食事をしたら口の中が汚れる」のと同じくらい当たり前のこと。

だから、
「毎日、歯磨きをする(口の中をキレイにする)」のと同じくらい、
毎日、ストレッチをする(筋肉を柔らかくする)」のは大切なことなのです。

 

そして、硬直した筋肉をストレッチで柔らかくすることができれば、
この後、紹介するいくつもの効果を享受することができます。

 

1−2. 血流が良くなる

ストレッチの効果

 

血液を全身に流しているのは、
心臓のポンプ」と「筋肉の伸縮」の2つです。

 

足(ふくらはぎ)は第二の心臓」と言われている通り、歩くことでふくらはぎの筋肉が伸縮して、
まるで”乳搾り”のように血管をしごき、血液の流れを生み出します(=ミルキングアクション)。

また、「足」に限らず「全身の筋肉」が柔らかい方が血流は良くなるのですが、
全身の筋肉が硬直していれば、まるで”かじかんだ手で乳搾りをする”のと同じように、血液の流れも悪くなってしまいます。

 

逆に、ストレッチをすることで、足をはじめとした全身の筋肉が柔らかくなれば、
普通に歩くだけでも血流が良くなります

 

1−3. 呼吸が深くなる

ストレッチの効果

 

筋肉は「ゴム風船」と同じです。

呼吸は、体幹や首にある「呼吸筋」の補助によって行われるため、
「ゴム風船を膨らませる前に、ゴム風船を伸ばして柔らかくする」のと同じように、
ストレッチをして呼吸筋を柔らする」ことで、呼吸が自然と深くなり、酸素摂取量がアップします。

 

また、ストレッチは「深呼吸の練習」でもあります。

日常生活で「電子機器を利用する」・「ストレスがかかる場面が多い」という人は、自然呼吸が浅くなりますが、
「ストレッチ時に深呼吸をする」と、脳に”深呼吸をする意識”がインプットされ、自然呼吸も深くなります。

 

1−4. 自律神経が整う

ストレッチの効果

 

自律神経は、「交感神経(アクセル)副交感神経(ブレーキ)」がシーソーのように行ったり来たりしてバランスをとることで、心身の状態を正常にコントロールしています。

ただ、現代人は、

  • 電子機器の利用
  • ストレス(緊張)
  • 呼吸の浅さ
  • 筋肉の硬直

などにより「交感神経優位」に偏りがちです。

 

「交感神経優位」が続くと、

  • 体に力が入りやすい
  • 眠りが浅い
  • イライラしやすい
  • 疲れやすい

といった身体症状が引き起こされ、様々な不調にもつながります。

 

ストレッチを通して、

  • 筋肉の弛緩
  • 緊張の緩和
  • 深呼吸をする

ことができれば、シーソーが副交感神経優位に傾き、自律神経が整えることができます。

 

1−5. 骨格が整う

ストレッチの効果

 

「骨」は筋肉によって支えられています

つまり、

  • 筋肉が”縮んで硬直”すると=骨を引っ張り
  • 筋肉が”伸びて硬直”すると=骨を支えられず

→骨格が歪みます。

 

逆に、ストレッチにより縮んで硬直した筋肉」を伸ばし、「伸びて硬直した筋肉」を縮めれば、骨格の歪みを整えることができます。

 

2. ストレッチで解消・緩和できる不調一覧

ストレッチの効果

 

  1. 硬直した筋肉が柔らかくなる
  2. 血流が改善する
  3. 浅い呼吸が深くなる
  4. 偏りがちな自律神経が整う
  5. 歪んだ骨格が整う

これらの効果により、以下の不調を解消・緩和できます。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 冷え性
  • むくみ
  • 猫背
  • 反り腰
  • 内巻き肩
  • 頭部前方位
  • 便秘
  • 生理痛・生理不順
  • 眠気・怠さ

 

もちろん、これらの不調を緩和するには、

「どの筋肉をストレッチすればいいのか?」

「どうやってストレッチすればいいのか?」

といった、「知識」や「継続」が必要です。

 

また、不調の原因が「筋肉の弱化」にある場合、
ストレッチで”筋肉を緩める”だけでなく、トレーニングで”筋肉を鍛える”必要もあるでしょう。

 

ただ、「毎日の歯磨きで虫歯が防げる」ように、
毎日のストレッチで不調を防げる」のも確かです。

 

不調ごとのストレッチ法は、以下のページをご覧ください。

 

 

ぜひ、毎日の習慣にストレッチを取り入れて、あなたがお悩みの不調を解消しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

「自分のカラダは、自分で治す」をコンセプトに、フォームローラーやストレッチであらゆる不調を解消する方法を動画解説します。  【全国民セルフケア習慣化計画】で、健康が当たり前の世界をつくります。