【ストレッチの効果】筋肉を柔らかくする7つの効果とメリットを徹底解説

【ストレッチの効果】筋肉を柔らかくする7つの効果とメリットを徹底解説

 

筋肉を伸ばして柔らかくする

これが、ストレッチの目的であり、最大の効果です。

 

そして、「筋肉が柔らかくなること・ストレッチをする過程」により、様々なメリットを得ることができます。

 

今回は、ストレッチの効果・メリットを、

  1. 筋肉
  2. 関節
  3. 骨格
  4. 血流
  5. 呼吸
  6. 神経
  7. 内臓

の7つに分けて、わかりやすく解説していきます。

 

何も知らずにストレッチをするよりも、「ストレッチの効果」を意識しながらストレッチをした方が、より効果を得やすくなります。

「ストレッチをやらない」という人は、ストレッチをやるために、
「ストレッチをやってるよ」という人は、ストレッチの効果をアップするために、ストレッチの効果・メリットを知りましょう。

 

【ストレッチの効果①】
筋肉が柔らかくなる

あらゆる不調の根本原因は、「筋肉の硬直」です。

 

例えば、「コリ」や「ハリ」は”筋肉が硬くなった状態”を現すので、

  • 肩こり
  • 腰痛(腰のハリ)
  • 背中のハリ
  • 脚・腕のハリ

などの不調も、それぞれの部位が筋肉が硬くなった状態ですね。

 

そして、ストレッチにより硬くなった筋肉を伸ばせば、筋肉が柔らかくなるため、

といった効果を得ることができます。

 

筋肉が柔らかくなる

腰痛なら「腰・お尻」。肩こりなら「首・肩甲骨」。筋肉の硬直由来の不調は、硬直した部位を伸ばせば解消する

 

【ストレッチの効果②】
柔軟性が上がる

柔軟性が低い(関節の可動域が狭い)と、筋肉が動きづらくなるため、筋肉が硬くなりやすくなります

 

柔軟性が高ければ、普通に生活をしているだけでも、そこそこ筋肉が動いてくれますが、
柔軟性が低ければ、普通に生活しているだけでは、筋肉が動きません。

 

例えば、

「マッサージへ行って、筋肉をほぐしても、すぐに元に戻っちゃう」

「ウォーキングをしても、疲れるだけ」

という人は、柔軟性が低くくて、筋肉が動きづらくなっているからですね。

 

逆に、ストレッチにより、柔軟性がアップすれば、筋肉が動きやすくなる=筋肉が硬直しにくくなるため、先ほど挙げた、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 背中・脚・腕のハリ

などを、予防することができます。

 

また、普段から運動をする人は、柔軟性がアップすることで、

  • 怪我の防止
  • パフォーマンスの向上

といった効果も得ることができます。

 

柔軟性が上がる

柔軟性が上がれば「不調になりにくい体」が手に入り、運動時のパフォーマンスもアップする

 

【ストレッチの効果③】
骨格が整う

筋肉の役割の一つは、「姿勢の保つこと」です。

 

つまり、「姿勢筋」=骨格を支える筋肉が、
「”適切な長さ”に縮むことで→骨格が正しい位置に保たれ」→姿勢が良くなります。

姿勢筋とは?【鍛えたい筋肉①】

2018.01.01

 

ただ、現代人は「運動不足&長時間の同じ姿勢」により、筋肉が「伸びて硬直&縮んで硬直」しています。

 

すると、姿勢筋が骨格を引っ張ったり、支えられなくなり、

  • 猫背
  • 反り腰
  • 内巻き肩
  • 頭部前方位
  • 骨盤の歪み
  • XO脚

といった、「骨格の歪み」が引き起こされます。

 

逆に、「姿勢筋の硬直の仕方」に合わせてストレッチをすれば、骨格が整います。

具体的には、

といった効果を得ることができます。

 

骨格が整う

姿勢筋が縮むと→骨格が歪む。姿勢筋を伸ばすと→骨格が整う

 

【ストレッチの効果④】
血流が良くなる

血流を生み出すのは、

  • 心臓のポンプ
  • 筋肉のポンプ(伸縮)

の2つです。

 

例えば、重力によって下半身に滞りがちな血液も、
「歩いて→足の筋肉が伸縮して→血管をしごき」→血液が流れます。

 

逆に、筋肉が硬い=伸縮できないため、血流も悪くなります。

すると、

  • 冷え性
  • むくみ
  • 頭痛
  • 慢性疲労

といった不調が起きやすくなります。

 

逆に、それぞれの不調(血流)に関わるストレッチをして、筋肉が柔らかくなれば、血流が改善して、不調も改善します。

具体的には、

といった効果を得ることができます。

 

血流が良くなる

とくに、下半身の筋肉を伸ばすことで、全身の血流が改善する

 

【ストレッチの効果⑤】
呼吸が深くなる

空気を体内に取り込むのは「肺」の仕事ですが、
肺に空気を取り込むのは「呼吸筋」という筋肉の仕事です。

 

つまり、

  • 吸気筋(横隔膜など)が縮めば
    →肺のスペースが広がり、空気が取り込まれる
  • 呼気筋(腹筋など)が縮めば
    →肺のスペースが縮まり、空気が吐き出される

という仕組みですね。

呼吸筋とは?【鍛えたい筋肉②】

2018.01.01

 

ただ、呼吸筋も筋肉なので、硬直します

そして、呼吸筋が硬直すれば、呼吸が浅くなり、以下のような不調になります。

  • 筋肉の硬直
    →酸素が不足すると、筋肉に栄養が届かない。また、筋肉内の疲労物質も運ばれない
  • 頭痛
    →脳に酸素が回らない
  • 自律神経の乱れ
    →呼吸と自律神経は連動しているため。呼吸が浅くなると過度の交感神経優位に傾く
  • 内臓機能の低下
    →内臓に栄養が届かず、筋肉の硬直=内臓の硬直となる

 

逆に、呼吸筋をストレッチすることで、上記の不調を改善することができます。

具体的には、

などを行うことで、呼吸筋を柔らかくすることができます。

 

呼吸が深くなる

呼吸筋を伸ばせば→肺が広がりやすくなり→呼吸が深くなる

 

【ストレッチの効果⑥】
自律神経が整う

呼吸と自律神経」は連動しています。

  • 深く長くゆっくりと呼吸をすることで
    副交感神経優位=リラックスモードになる
  • 浅く短く早く呼吸をすることで
    交感神経優位=活動モードになる

 

また、自律神経は「背骨の中」を通っています。

つまり、

  • 姿勢筋が硬直すれば
    →背骨が歪む
  • 呼吸筋が硬直すれば
    →呼吸が浅くなる

ため、筋肉の硬直=自律神経の乱れに繋がります

 

具体的には、過度の交感神経優位=「ストレスモード」になりやすく、

  • イライラしやすい
  • せっかちになる
  • 眠りが浅くなる
  • 頭痛が起きやすくなる

といった精神的不調が引き起こされます。

 

逆に、ストレッチにより、硬直した呼吸筋&姿勢筋が柔らかくなれば、

  • 気持ちに余裕が生まれる
  • 眠りが深くなる
  • 頭痛が解消する

といった効果を得ることができます。

 

「自律神経が乱れている気がする」という方は、自律神経と深く関わる呼吸筋&姿勢筋を柔らかくするために、

を行いましょう。

 

自律神経が整う

さらに、「深呼吸をしながら」・「伸びている筋肉を意識して」ストレッチすることで、自律神経が整いやすい

 

【ストレッチ効果⑦】
内臓機能が向上する

内臓は、「筋肉・骨格・神経・血流・呼吸の質」よって、その働きが大きく左右されます。

 

  • 内臓と筋肉
    ・内臓と筋肉は繋がっているため、筋肉が硬直すると、内臓も硬直する
    ・また、内臓を支える筋肉(骨盤底筋群など)が硬直すると、内臓が下垂する
  • 内臓と骨格
    ・骨格が歪むと、内臓のスペースが狭くなるため、機能が低下する
  • 内臓と神経
    ・内臓の働きをコントロールする「自律神経」が乱れると、内臓の働きも悪くなる
  • 内臓と血流
    ・血流が悪化すると、内臓の働きに必要な栄養が運ばれず、内臓疲労もたまりっぱなしになる
  • 内臓と呼吸
    ・呼吸が浅い=酸素不足になると、栄養が運ばれず、内臓疲労もたまりっぱなしになる
    ・呼吸筋が大きく動けば→内臓がマッサージされ、呼吸筋が硬くなれば→内臓も硬くなる

 

内臓の機能が低下すれば、以下のような内臓由来の不調を引き起こすことになります。

  • 便秘
  • 生理痛・生理不順
  • 慢性疲労
  • 冷え性
  • むくみ

 

逆に、ストレッチにより、筋肉を柔らかくし、骨格を整え、血流を促し、呼吸を深くすることができれば、内臓の働きが正常化すれば、

  • 便秘の解消
  • 生理痛・生理不順の改善
  • 慢性疲労の解消
  • 冷え・むくみの改善

といった効果を得ることができます。

 

内臓機能向上ストレッチ」として、とくに行いたいのは、

などの、「自律神経・呼吸・骨格を整えるストレッチ」です。

 

内臓機能の向上

とくに「お腹周りのストレッチ」をすれば、内臓が刺激され、機能も向上しやすい

 

ストレッチで解消できる不調一覧

ストレッチによる直接的な効果と解消できる不調を、改めてまとめます。

 

まず、ストレッチの直接的な効果は、

  1. 筋肉が柔らかくなる
  2. 柔軟性が上がる
  3. 骨格が整う
  4. 血流が良くなる
  5. 呼吸が深くなる
  6. 自律神経が整う
  7. 内臓機能が活性化する

の7つですね。

 

そして、ストレッチにより「筋肉・関節・骨格・血流・呼吸・自律神経・内臓に関わる不調」を改善することができます。

 

「ストレッチにより解消できる不調」を、

  1. 筋肉
  2. 骨格
  3. 内臓
  4. 神経
  5. 美容

の5つに分けて整理すると、以下のとおりです。

 

①筋肉的不調の解消
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 背中のハリ
  • 腕のハリ
  • 脚のハリ

→硬直した筋肉をストレッチで伸ばし、柔らかくすれば、「筋肉の硬直由来の不調」が解消する。

②骨格的不調の改善
  • 猫背
  • 反り腰
  • 骨盤後傾
  • 骨盤過前傾
  • 内巻き肩
  • 頭部前方位
  • XO脚

→ストレッチにより”骨格を引っ張る筋肉”を伸ばせば、「骨格の歪み」が整う。

③内臓的不調の改善
  • 冷え性
  • むくみ
  • 便秘
  • 生理痛・生理不順
  • 慢性疲労

→ストレッチにより、呼吸・血流・筋肉・自律神経・骨格を整えれば、内臓の機能が向上して、「内臓由来の不調」が解消する。

④神経的不調の解消
  • 頭痛
  • イライラ
  • 不眠
  • 落ち込み
  • 無気力

→ストレッチにより自律神経が整えば、「自律神経由来の不調」が解消する。

⑤美容的不調の解消
  • 肌荒れ
  • シミ・シワ・くすみ
  • たるみ
  • 肥満

→ストレッチにより内臓&血流&自律神経が整えば「お肌のトラブル」が、筋肉&関節が柔らかくなれば「肥満」が改善する。

 

ストレッチで解消できる不調

ストレッチをすれば、心身美の不調を解消することができる

 

【まとめ】
ストレッチの効果を得るためには?

ただ、何も考えずにストレッチをするだけでは、上記の効果を得ることはできません。

 

第一に、「体に合わせたストレッチ」をすること。

  • 不調を感じる部位=硬くなっている筋肉を伸ばす
  • 骨格を整えるなら→骨を引っ張っている筋肉を伸ばす
  • 呼吸を深くしたいなら「呼吸筋」を伸ばす
  • 自律神経を整えるなら「背骨周辺」を伸ばす
  • 血流を改善するなら「股関節・太もも・ふくらはぎ」を伸ばす

という風に、目的(得たい効果)に合わせて、ストレッチをする部位を変えること。

 

【不調別】ストレッチのやり方

「目的=不調の解消」という方は、以下のページを参考にしてストレッチを行いましょう。

 

第二に、「効果的なやり方でストレッチをする」こと。

  • 伸ばす角度を変える
  • 痛気持ちいい深さまで伸ばす
  • 筋肉が十分に伸びるまで、キープする
  • 深呼吸をする

といった意識をすることで、ストレッチの効果を高めることができます。

【ストレッチの方法】筋肉をフワフワに柔らかくする8つのコツ

2018.05.29

 

そして、「ストレッチは万能ではない」と知っておいてください。

ストレッチよりもフォームローラーでほぐしたほうが、筋肉が柔らかくなる場合もあります。

フォームローラーの使い方・動画一覧【14部位/49種】

2018.06.17

 

また、

「そもそもなぜ、筋肉が硬くなるの?骨格が歪むの?」

と考えると、”筋肉が弱化しているから”です。

 

だから、不調を根本的に改善するには、筋肉を「伸ばす(緩める)」だけでなく「鍛える」必要もあるということ。

【まとめ】姿勢筋トレーニングのやり方・動画一覧【7部位/24種】

2018.04.12

 

ただ、最初からあれこれ考えると、何もできなくなってしまいます。

だから、あまり深く考えず、適当でもいいので、ストレッチをやってみてください。

 

そしてできれば、歯磨きのように、ストレッチを毎日の習慣にしてください

【習慣化のコツ】ストレッチを習慣化する方法①|内容・設定編

2018.11.08

 

そして、ストレッチを習慣化できたら、

「今日はこっちの筋肉も伸ばしてみよう」

「ちょっと角度を変えてみよう」

という風に、少しだけ工夫をしてみる。

そうすれば、今回ご紹介したストレッチの効果を、少しずつ感じることができるから。

 

あなたの筋肉が柔かくなり、心身の不調が解消しますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!