【お店】リリトレレッスンをやる目的|2018/11/27

【お店】リリトレレッスンをやる目的|2018/11/27

 

(こちらには、健康と関係のない話、まったく有益じゃない、僕の個人的な思考が、脈絡なく書かれています。)

 

自分のお店を開きたい!

というのは、僕の昔からの願いで、このたび、実際に開いてみることにします。

その名も、【リリトレ ルーム(仮)】。

 

もちろん、「ただ開きたいから、開く」というわけじゃなく、「リアルのお店を開く目的」というのがあるので、それを今、書きながら整理していきます。

 

◆◆◆◆◆◆

 

「何のために、僕はリリトレのお店をリアルでやるのか?」

目的の一つは、「リリトレ(セルフケア)のやり方を、ちゃんと伝えるため」ですね。

そもそも、リリトレの目的は、「健康が当たり前の世界を創るため」です。

全人類が、毎日歯を磨くようにセルフケアをすれば→健康が当たり前になる(肩こり・腰痛・頭痛・冷え性・不良姿勢などの不調がなくなる)」

と僕は考えています。

 

ただ、「歯磨きの仕方」が下手だったら、虫歯がなくならないように、
「セルフケアの仕方」が下手だったら、不調もなくなりません。

だから、「”ちゃんとした”セルフケアの仕方」を伝えていく必要があると思うんです。

 

そして、ネットからの情報だけで伝えられることって多くはないと思っています。

正確には、「ネットだから伝わること」と「リアルだから伝わること」があると思うんです。

 

例えば、ネットの利点は、

  • 文字・画像・動画で伝えられる
  • 情報をじっくり伝えられる(繰り返し見返せる)

というものがありますよね。

そして、ネットの欠点は、

  • 情報が無料だから、読み飛ばされやすい
  • 万人に向けた情報になりやすい(情報の精度が低くなる)
  • 細かいポイントが伝わらない

といったこと。

 

リアル店舗では、ネットでは伝えられないことを、伝えたいんです。

具体的には、

  • お客さま一人一人に合った、セルフケアメニュー作成
  • セルフケアの具体的なやり方(フォームローラー・ストレッチ・トレーニングの効果的なやり方など)

ですね。

セルフケアは、「何をやるか?(What)」よりも「どうやるか?(How)」が大事だから

どうせ同じ時間セルフケアをするなら、本当に効果的な方法でやりたいですからね。

 

また、

  • わざわざお店まで足を運んで
  • 自分の時間を1時間も使って
  • お金を払って

→セルフケアをすると、情報の吸収力もアップすると思うんですよね。

「せっかくお金と時間を払ってるんだから、実践しないと勿体無い」みたいな。

これもまた、「何を伝えるか?(What)」よりも「どう伝えるか?(How)」が大事だからですね。

 

◆◆◆◆◆◆

 

もう一つの目的は、「お金(時間)稼ぎ」のためですね。

無料で有益な情報を発信し続けるためには、どこかでマネタイズしないといけません。

生きていくためには、生活費が必要だから。

 

つまり、

  • 普通に雇われで働くと→「週5・8時間」が生活費を稼ぐために失われる(非効率)
  • 自分でお店を開けば→「週5・2時間」だけで生活費を稼げる(効率的)

ということ。

そして、余った時間で、もっともっと質の高い健康情報を発信できるようになる。

 

だから、あなたがお店でリリトレレッスンを受けてくれれば、

  • 自分に必要なセルフケアを習慣化できる(健康になる)
  • 世の中を人を(間接的に)健康にできる

といったメリットがあります。

 

そんなわけで、僕は実店舗でリリトレレッスンスタジオを開きます。

ご協力してくれると、とっても喜びます。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!