セルフケア習慣を作る方法【セルフケア論#9】

セルフケア習慣を作る方法【セルフケア論#9】

 

セルフケアに限らず、「望ましい行動」を習慣にするためには、「目的を明確にすること」が大事なのだと思います。

目的とは、「何のために?」ということ。

「何となく、体をために、セルフケアをしないとなぁと思っている」
という方の多くが、実際にセルフケアを習慣にできないでいるのは、目的が曖昧なままだから。

だから、「今日はいいや」「また今度でいいや」と、いつまでもセルフケアを後回しにしてしまう。

 

他の行動も同じですね。

  • 早寝早起きを習慣化できない人
    →早寝早起きをする目的が明確じゃない。
  • 暴飲暴食をやめられない人
    →暴飲暴食をやめる目的が明確じゃない。
  • 英語学習を習慣化できない人
    →英語を学ぶ目的が明確じゃない。

 

だから、「望ましい行動を習慣にするために、まずは目的を明確にしましょう」というのが今回のお話です。

 

目的を明確にするには、「自問自答を書き出すこと」がオススメです。

セルフケアを習慣にする目的が明確じゃない人は、今、一緒に明確してみましょう。

 

以下の手順に沿って、行動してみてください。

 

  1. スマホ(パソコン)のメモを開く
  2. 「私は何のためにセルフケアをするのか?」と書き出す
  3. 問いへの答えを書き出す

 

ね、簡単です。

これを書いているのは年始なのですが、僕自身、今年の抱負を書くときは、「目的と行動をセットにして」書いています。

例えば、

  • 何のために、夜の糖質を制限するのか
  • 何のために、早寝早起きするのか?
  • 何のために、作業量と質を向上させたいのか?
  • 何のために、リリトレを毎日更新するのか?
  • 何のために、インスタを毎日更新するのか?
  • 何のために、セルフケア習慣を当たり前にしたいのか?
  • 何のために、健康を当たり前にしたいのか?

という風に。

 

すると、自分自身の心の奥底に沈んでいた望みが明確になり、「よし、やろう!」と思えるんですよね。

(そして、目的と合わせて「行動目標」=実践する具体的な行動も決めるのが大切。目的だけで、行動が伴わないと意味がないので)

 

そして、問いへの答えを書き出すときのポイントは、
思いつくままに、スピーディーに書き出すこと」です。

ちゃんとした文章にしなくてもいい、箇条書きでもいいので、とにかく思いつくままにザザーッと書き出しましょう。

そうすると、あなたの奥底に眠る「深層の目的」が明確になりやすいので。

 

例えば、

「私は、なんのためにセルフケアを習慣化したいんだろう?」

と自問自答する。

すると、当然、

  • 肩こりを解消するため
  • 腰痛を解消するため
  • 頭痛を解消するため
  • 猫背を改善するため
  • 反り腰を改善するため

という、「表層の目的」が出てくると思います。

 

もちろん、これだけでもOKなのですが、さらに自問自答してみる。

「私は、なんのために肩こりを解消したいんだろう?」

すると、

  • 気持ちに余裕を生み出すため
  • 集中して仕事に打ち込むため
  • 質のいい仕事をするため
  • イライラしないため
  • 表情を穏やかにするため
  • 子供との穏やかな時間を過ごすため
  • 旦那さんと素直に向き合うため

という風に、さらに奥にある「深層の目的」が浮き上がってきます。

 

「ああ、私はこのために、肩こりを解消したいのか」

「私はこのために、セルフケアを習慣化したいのか」

と、気づきが生まれる。

これって、とっても大事な気づきであり、あなたがセルフケアを習慣化する原動力になるんです

 

セルフケアをまったく習慣化できていない人も、
セルフケアをしてはいるけど、足りないなぁと感じている人も。

改めて、「あなたがセルフケアをする目的」を自分に問うてみてください。

そして、なるべく素直に、誠実に、その問いに答えてみてください。

そして、明確になったあなたの目的を叶えるために、少しずつでも行動を起こしてほしいのです。

 

完璧じゃなくてもいいし、たまにはサボってもいいです。

ただ、カラダを後回しにしてきた結果が、今、あなたが感じている「痛み・不調」です。

今年から、今日からは、少しだけカラダの優先順位を上げて、セルフケア習慣を作ってあげてください。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!