【体を柔らかくする基礎知識③】筋肉の硬直の仕方とは?

【体を柔らかくする方法③】筋肉の硬直の仕方とは?|基礎知識編❸

 

体(筋肉)を柔らかくする方法は、大きく分けると3つあります。

 

体を柔らかくする方法
  1. マッサージ=筋肉をほぐす
  2. ストレッチ=筋肉を伸ばす
  3. エクササイズ=筋肉を動かす

 

体を柔らかくする方法の解説はまた次回にして、今回は「体(筋肉)の硬直の仕方」について解説しておきます。

体を柔らかくする上で大切なのは、「硬直の仕方に合わせて、筋肉を緩める方法を使い分けること」だから。

硬直の仕方を知っておけば、「体を柔らかくする方法」の解説も分かりやすくなると思います。

 

1. 体の硬直の仕方とは?

「体の硬直の仕方」は、大きく分けると2種類あります。

 

体の硬直の仕方
  1. 関節の硬直
  2. 筋肉の硬直

 

さらに、今回メインで解説する「筋肉の硬直の仕方」は、5つの種類があります。

 

筋肉の硬直の仕方
  1. 短縮型硬直
    筋肉が縮んで硬直した状態
  2. 伸張型硬直
    筋肉が伸びて硬直した状態
  3. コリ型硬直
    筋肉がピンポイント(点)で硬直した状態
  4. ハリ型硬直
    筋肉が広範囲(面)で硬直した状態
  5. 不活性型硬直
    筋肉(神経)が不活性化(麻痺)して硬直した状態

 

筋肉の硬直の仕方

筋肉の硬直の仕方は様々なので、柔らかくする方法も色々とある

 

ちなみに、「関節の硬直の仕方」は、以下の3種類です。

 

関節の硬直の仕方
  1. 筋肉型
    • 筋肉が硬いと、関節の可動域が狭くなる
    • →生まれつき筋肉が硬い人・生活習慣・環境で筋肉が硬い人・筋肉が弱化して→筋肉が硬くなりやすい人などがいる
  2. 靭帯型
    • 靭帯が生まれつき硬くて短いと、関節の可動域が狭くなる
    • →「靭帯が柔らかくて、筋肉が硬い人」もいる(柔軟性は高いけど、凝りやすい女性など)
  3. 骨格型
    • 骨の長さの関係上、関節が硬く見える(つまり、正確には”関節の硬さ”とは関係がない)
    • 【例】立位帯前屈をした時に、手が床につかない→腕が短い・脚が長いため、手が床につきにくい

(関節=骨と骨のつなぎ目。骨と骨を繋ぐのは”筋肉と靭帯”)

関節の硬直の仕方

基本的には、「筋肉の硬さ=関節の硬さ」。「関節はやわらかいけど筋肉が硬い人」は、靭帯が伸びている人

 

筋肉の硬直の仕方がイメージしにくい人は、「筋肉=ゴム状のパスタの束」とイメージしてみましょう。

  1. 短縮型
    ゴム状のパスタが縮んだ状態
  2. 伸張型
    ゴム状のパスタが伸びた状態
  3. コリ型
    茹でたパスタを絡まったまま放置して、カピカピになった状態
  4. ハリ型
    茹でたパスタを放置して、バリッとひと塊りになった状態
  5. 不活性型
    カピカピのパスタを何年も放置して、ガサガサになった状態
筋肉=ゴム状のパスタ

筋肉はゴムのように縮む性質がある。筋肉=筋線維がパスタの束のように集まっている。やわらかい筋肉は、茹でたてのパスタのように、血液が浸透して、弾力がある

 

スポンサーリンク

2. 筋肉の硬直レベル

また、「筋肉の硬直レベル」は、以下のとおりに上がっていきます。

 

レベル別の硬直の仕方
  • 【硬直レベル1】短縮・伸張型
  • 【硬直レベル2】コリ・ハリ型
  • 【硬直レベル3】不活性型

 

つまり、

  1. 筋肉がずっと縮みっぱなし(伸びっぱなし)だと
    →コリ・ハリになる
  2. コリ・ハリがずっと続くと
    →筋肉が不活性化する

という流れですね。

筋肉の硬直レベル

肩や腰は「頭・腕・上半身の重み」により筋肉が”縮っぱなし・伸びっぱなし”になり→コリ・ハリが起きやすい

 

だから、「体(筋肉)を柔らかくする方法」も、筋肉の硬直の仕方に合わせて変える必要があるんですね。

具体的には、

  1. 短縮・伸張型
    →ストレッチで伸ばす(縮める)
  2. コリ・ハリ型
    →マッサージでほぐす
  3. 不活性型
    →エクササイズで動かす

という風に。

 

スポンサーリンク

3. 硬直の仕方の判別方法

「私の筋肉の硬直の仕方は、どれだろう?」と、疑問に思った方は、実際に筋肉の緩めてみればわかります。(緩めてみなければ、わかりません)

例えば、以下のように判別できます。

  • 筋肉を伸ばすと、肩こり・腰痛が解消する
    • →短縮型の硬直だったんだ
  • 筋肉を縮めると、肩こり・腰痛が解消する
    • →伸張型の硬直だったんだ
  • ストレッチをしても(伸ばしても縮めても)、肩こり・腰痛が解消しない
    • →コリ・ハリ・不活性型なのかも
  • マッサージを受けると、肩こり・腰痛が解消する
    • →コリ・ハリ型だったんだ
  • マッサージを受けても、肩こり・腰痛が解消しない
    • →短縮・伸張・不活性型なのかも
  • マッサージ&ストレッチをしても、肩こり・腰痛が解消しない
    • →不活性型なのかも
  • 体を動かすと、肩こり・腰痛が解消する
    • →不活性型だったんだ
  • 体を動かしても、肩こり・腰痛が解消しない
    • →短縮・伸張・コリ・ハリ型なのかも

 

具体的な筋肉の緩め方に関しては、また次回解説します。

ここでは、

「筋肉の硬直の仕方に合わせた緩め方をすれば、体は柔らかくなる」とだけ覚えておきましょう。

 

硬直の仕方に合わせて筋肉を緩める

あなたの硬直の仕方は緩めればわかる

 

あなたの体が柔らかくなりますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!