料理をするようにセルフケアをすれば不調は解消する【セルフケア論#1】

【セルフケア論】料理をするようにセルフケアをすれば不調は解消する

 

体のためにセルフケアをしているけど、(肩こり、腰痛、頭痛などの)不調がなかなか解消しない

という人は多いと思います。

 

それは多分、
あなたが行っているセルフケアが「一つだけ」だからです

 

リリトレで紹介しているセルフケアは大きく分けて4つあります。

  • マッサージ
    (フォームローラー、ボールマッサージ、ハンドマッサージ)
  • ストレッチ
    (ストレッチ、ヨガ)
  • エクササイズ
    (ラジオ体操や太陽礼拝などの運動)
  • トレーニング

 

本当に不調を解消するには、
これらの中から2つ以上を組み合わせて

  • 硬直した筋肉を緩める
  • 弱化した筋肉を鍛える

必要があります。

 

例えば、

  • マッサージ&ストレッチ
  • ヨガ&トレーニング

みたいな感じで。

 

でも、きっと多くの人は一つだけしかやっていません。

月に2回マッサージに通っている

週3でヨガに通っている

ほぼ毎日ストレッチをしている

毎日ジムに通って鍛えている

 

これだけでも、ある程度の不調は解消できると思います。

 

ただ、セルフケアが一つだけだと、
不調が根本から解消することはありません

 

なぜなら、不調の根本的な原因は2つだから

 

  1. 筋肉の硬直
  2. 筋肉の弱化

 

さらに、筋肉の硬直の仕方も5つはあります。

  • ピンポイントで硬直する(コリ)
  • 広範囲で硬直する(ハリ)
  • 縮んで硬直する
  • 伸びて硬直する
  • 不活性化で硬直する

 

だから、
筋肉を「緩めるだけ」ではなく「鍛える」必要もある

 

だから、
硬直した筋肉を「ほぐすだけ」、「伸ばすだけ」ではなく「ほぐす&伸ばす&縮める」など、複数を組み合わせる必要がある

 

イメージ的には「料理」に似ているかもしれません。

 

食材を包丁で切るだけでも、サラダ的なのはできる。

 

でも、「切るだけ」よりも「火を通す」、「味付けをする」ほうが、
色々な料理ができるし、きっと味も美味しくなるでしょう。

 

肩こりや腰痛などの不調も同じです。

ストレッチをするだけでも軽い不調は解消するかもしれませんが、
「ほぐす・動かす・鍛える」と、様々な方法でアプローチすることで、より不調は解消しやすいです

 

 

ただ、多くの人は「一つのことしか」やろうとしません。

 

なぜか?

 

それはきっと、
体(不調解消)の専門家が、一つのことしかやろうとしないから」だと思います。

 

マッサージ店→「揉みほぐす」だけ

接骨院や整体院→「揉む・伸ばす」だけ

ヨガスタジオ→「ヨガ」だけ

トレーナー→「ストレッチ・トレーニング」だけ

 

それはそうですね。

一つのことだけを突き詰めるのが「専門家」なのですから。

 

つまり、多くの専門家は、

狭く、深く

◯◯だけ

で、不調を解消しようとします。

 

それが、
「あなたのカラダ」に合えば不調は解消するけど、
合わなければ不調は解消しない

(あくまで僕個人の印象だし、1点突破は威力は素晴らしいので、これはこれで良いと思います)

 

でも、だから僕は、

広く、浅く

様々なセルフケアの組み合わせ

で不調を解消しようと思います。

(僕は専門家になれるほど根気強くもないから 苦笑。ただの役割の違いですね)

 

今回、不調に悩むあなたに伝えたいことは一つだけ。

 

一つだけ、ではなく、色々なセルフケアを試してみてください

 

マッサージだけじゃなく、
ストレッチもしてみる

緩めるだけじゃなく、
鍛えてみる

 

時間は短くてもいいです。

ユルユルに柔らかくする必要もないし、
ムキムキになるまで鍛える必要もありません。

 

ただ「カラダの声」を聞きながら、
色々なセルフケアを試してみてください

 

何をすると肩こりが楽になるかな?

この動きをすると、腰痛が楽になった!

 

あなたのカラダに合うセルフケアが必ずあるはずだから。

それを見つけるまで、
どうか諦めず、カラダと向き合い続けてくれると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

「自分のカラダは、自分で治す」をコンセプトに、フォームローラーやストレッチであらゆる不調を解消する方法を動画解説します。  【全国民セルフケア習慣化計画】で、健康が当たり前の世界をつくります。