「完璧な健康」を目指さなければ不調は解消する【セルフケア論#3】

セルフケア論

 

前回は「完璧なセルフケアをしないこと」をオススメしましたが、

今回は「完璧な健康を目指さないことの大切さ」についてお話しします。

 

先に結論からお話しすると、

人間の健康は波のようなもの

だから、その波に寄り添うことが大切

ということです。

 

わかりにくいですね。

 

「骨格の歪み」で考えてみましょう。

 

よく、

骨盤が歪んでいますね

背骨が曲がっていますね

という話を聞くと思います。

 

テレビやネットでも見るし、
整体とかへ行けば必ず指摘されると思います。

 

でも、
僕は「歪みのない、完璧に整った体」なんてないと思うし、

仮にあったとしても、
完璧に整った体を目指す必要はないと思っています。

 

だって、人間の体は歪んでいるのが当たり前だから。

 

なぜなら、

  • 利き手、利き足があるから
  • 内臓が左右対称にあるわけじゃないから
  • 生活環境が左右対称じゃないから(電車の改札とか)
  • パソコンを使っている時は、背中が丸まっている方が効率的だから

などが理由です。

 

肩こりや腰痛・頭痛といった”不調”も同じです。

 

このサイトでは、

あらゆる不調の原因は”筋肉の硬直と弱化”

だから、筋肉を緩め、鍛えれば、不調は根本的に解消する

というスタンスなのですが、

正直、不調の原因は”筋肉の硬直&弱化”に限らず無数にあります

 

その一つが「ストレス」です。

 

ストレスは痛みを増幅します

例えば、痛みを数値化して、「1の腰痛」があったとして、
この「1」は人間関係やパソコン・スマホの利用による”ストレス”で、「10」に感じることもあるということ。

 

つまり、
腰の状態がほぼ完璧だとしても、
その時のメンタル状態によって、痛みが出るときと出ない時があるのです。

 

そして、人間社会で生きていれば、
そりゃあストレスだってあるし、仕事でパソコンを使うことだってある。

人間の感情なんだから、
楽しいことだけじゃなく、悲しいこと、ムカつくことだってある。

 

だから、
感情やメンタル状態に波があるように、
健康にも波があるのは当たり前なんです

 

でも、その波を無視して、

完璧に腰痛をなくそう!

少しも肩こりを感じないようにしよう!

と思うのは、

完璧に楽しいことだけを感じて生きよう!

少しも悲しみを感じないようにしよう!

と思うのと同じくらい、
なんだかちょっと、不自然だと思うのです。

 

もちろん、
リリトレは「不調を根本的に解消することを目指すサイト」なので、
「不調を解消しよう!」という気持ちに水を差すつもりはありませんし、
むしろ応援はしたいと思います。

 

ただ、
「不調を根本的に解消する」
「不調になることが全く100%ない」という風に考えないでほしいのです。

 

体は波のように日々変化します。

 

長時間パソコンを使っていれば、少し肩こりを感じることはあるだろうし、
長時間座ったままでは、少し腰痛が出ることもあるでしょう。

 

そんなカラダに寄り添いながら、

そうかそうか、今日はいっぱい頑張ったからね

と、セルフケアをしてあげる。

 

そんな感じでカラダの声を聞きながらセルフケアを続けていくと、
いつの間にか不調がなくなっているかもしれないから。

 

「完璧な健康」を目指すのではなくカラダに寄り添うこと

「波をなくそう」と考えずに
「波にうまく乗ること」、
「波を受け入れて対処すること」

 

「完璧な健康」はないけど、
「穏やかな健康」ならあるかもしれないですね。

 

あなたの波が、穏やかでありますように。

ABOUTこの記事をかいた人

「自分のカラダは、自分で治す」をコンセプトに、フォームローラーやストレッチであらゆる不調を解消する方法を動画解説します。  【全国民セルフケア習慣化計画】で、健康が当たり前の世界をつくります。