【リリトレ解説③】”カスタマイズ=組み合わせ”で不調が解消する4つの理由

 

リリトレの特徴の一つに、【カスタマイズ】というものがあります。

 

カスタマイズとは?
  1. マッサージ・ストレッチ・エクササイズ・トレーニングを組み合わせる
  2. 緩める(鍛える)部位を選ぶ
  3. 緩める(鍛える)時間や回数を選ぶ

自分の解消したい不調に合わせて、リリトレを組み合わせる=カスタマイズ

  • 【例1】リリトレをカスタマイズ

・フォームローラー+ストレッチを行う
・ストレッチ+トレーニングを行う

  • 【例2】部位をカスタマイズ

・肩こりなら→首&肩甲骨のストレッチをする
・腰痛なら→体幹のトレーニングをする

  • 【例3】レベルをカスタマイズ

・ひどい肩こりなら→レベル3(5分)ストレッチを行う
・軽い腰痛なら→レベル1(10回)トレーニングを行う

 

なぜ、わざわざ組み合わせる必要があるのか?

その理由は4つあります。

  1. 筋肉の状態に合わせてアプローチするため
  2. 筋肉を効率的に鍛えるため
  3. 自分の体の状態に合わせてアプローチするため
  4. 自分の性格に合わせてセルフケアをするため

 

つまり、「カスタマイズをすれば、不調が解消しやすい」ということ。

今回は、上記の4つの理由について、もう少し詳しく解説していきます。

 

【理由①】筋肉の状態に合わせてアプローチするため

「わざわざ組み合わせなくても、ストレッチだけやれば筋肉は柔らかくなるんじゃないの?」

と思っている方も多いかもしれませんが、実はそうではありません。

 

筋肉は、マッサージ・ストレッチ・エクササイズを組み合わせた方が、緩みやすいのです。

つまり、組み合わせた方が、肩こり・腰痛・頭痛といった”不調”が解消しやすい。

 

なぜなら、
筋肉の硬直の仕方には、色々あるから」です。

 

筋肉の硬直の仕方
  1. ピンポイントで硬直する(コリ)
  2. 広範囲で硬直する(ハリ)
  3. 縮んで硬直する(短縮型硬直)
  4. 伸びて硬直する(伸張型硬直)
  5. マヒしたように硬直する(不活性型硬直)

 

例えば、
肩こり」は文字通り、”コリ”=ピンポイントで硬直していて、
腰痛」は、腰周辺の筋肉が広範囲で張っていることが多いです。

また、
猫背」は、背中の筋肉が”伸びて硬直”していて、
反り腰」は、腰の筋肉が”縮んで硬直”しています。

(悪い姿勢=体の歪みは、”筋肉が骨を引っ張る”ことで、引き起こされるんですね)

 

だから、筋肉の硬直の仕方に合わせて、筋肉にアプローチする必要がある。

ピンポイントの硬直はストレッチでは伸びませんし、
伸びた筋肉は、マッサージで緩めることはできません。

 

そこで、

  • コリ・ハリ→マッサージで刺激を与えて緩める
  • 短縮型硬直→ストレッチで伸ばす
  • 伸張型硬直→ストレッチ・トレーニングで縮める
  • 不活性型硬直→エクササイズ・トレーニングで動かす

という風に、筋肉の硬直の仕方に合わせて、筋肉にアプローチする方法を変える

そのために、【カスタマイズ】=筋肉へのアプローチを組み合わせます。

 

カスタマイズとは?

マッサージやストレッチなど、様々なリリースを組み合わせることで、様々な硬直を緩めることができる

 

「ストレッチをしても、肩こり(腰痛)が楽にならない」

という方でも、マッサージやエクササイズを組み合わせることで、
筋肉が緩み、不調も解消しやすくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

【理由②】筋肉を効率的に鍛えるため

トレーニングの基本に、
「筋肉を緩めてから→鍛える」という”順番”があります。

なぜなら、”筋肉を使いやすくするため”です。

 

筋肉は”ゴム”のように縮む性質があります。

例えば、

  • お腹の筋肉が縮むことで→腹筋(上体起こし)ができる
  • 背中の筋肉が縮むことで→背筋(バックエクステンション)ができる
  • 股関節&太ももの筋肉が縮むことで→スクワットができる

といった感じ。

 

でも、筋肉(ゴム)が硬直していたら、どうでしょう?

うまく縮むことができないため、筋トレどころじゃなくなってしまいます。

 

筋肉が硬い状態で筋トレをすると、

  • 使い易い=一部の筋肉に大きな負担がかかる
  • 骨(関節)に大きな負担がかかる

ため、怪我にもつながります。

 

「腰痛解消のために、腹筋をしたら、逆に腰痛が悪化した」

という方は、筋肉が硬い状態で筋トレをしたからですね。

 

カスタマイズとは?

筋肉を緩めてから→鍛えると、トレーニング効果もアップする。ただ、ストレッチで伸ばしすぎると、筋肉が使いづらくなるので、ほどほどに緩めよう

 

だから、「緩めて→鍛える」という順番でカスタマイズをするのが、リリトレの基本です。

 

スポンサーリンク

【理由③】自分の体の状態に合わせてアプローチするため

筋肉がどのように硬直しているのか?
筋肉が弱化しているのか?

「不調の原因」は人それぞれ、違います。

 

例えば、肩こりを解消する場合。

マッサージ→ストレッチ→エクササイズ→トレーニング
=4つ全てやらないと、肩こりが楽にならない人もいれば、

マッサージ→ストレッチ」の2つで楽になる人もいます。

筋肉が弱化している細い女性などは、
エクササイズ&トレーニング」で楽になる場合もあります。

 

不調の原因は、筋肉の硬直&弱化です。

でも、その内訳は人それぞれ。

だから、あなた自身で、リリトレをカスタマイズしてほしいのです。

 

カスタマイズとは?

自分の不調に合わせてリリトレをカスタマイズできれば、あなたの不調は簡単に解消する

 

具体的には、「とにかくやってみる」ことが、不調を解消する上で大切。

食べ物だって、「自分が美味しいと感じるかどうか」は食べてみないとわかりません。

 

だから、肩こりを解消するなら、

「首肩肩甲骨のストレッチをやってみる」

→楽にならない場合は、

  • ストレッチする部位を増やす(背中・腕・脇も伸ばす)
  • 伸ばすだけでなく、ほぐす(フォームローラーやハンド・ボールマッサージを行う)

何をすれば体が楽になるかを感じる(カラダの声を聴く)

という流れを繰り返して、
自分なりにリリトレをカスタマイズしていきます。

 

スポンサーリンク

【理由④】自分の性格に合わせてセルフケアをするため

次回に詳しく解説しますが、
不調を解消する上で最も大切なのは、「習慣化(継続)」です。

どんなに効果的な不調解消法でも、1回やるだけでは、不調は解消しません。

だから、カスタマイズでも、行う”量と質”を調整します。

 

どういうことか?

【不調解消リリトレ】では、「レベル別」でリリトレをご紹介しています。

 

肩こり解消ストレッチなら、

  • 【レベル1】1分ストレッチ
    首横を伸ばす
  • 【レベル2】3分ストレッチ
    首後ろ・横+肩甲骨を伸ばす
  • 【レベル3】5分ストレッチ
    首後ろ・横+肩甲骨+腕+脇を伸ばす

といった感じ。

 

もちろん、肩こりをちゃんと解消したいなら、【レベル3】がオススメです。

 

ただ、

「毎日、5分もストレッチするのは面倒くさい(続かない)」

という方もいるでしょう。

 

そんな方は、【レベル1】で、ストレッチを習慣化する

 

ストレッチを習慣化してから、徐々にレベルを上げたり、マッサージやトレーニングも組み合わせていくことで、
より、肩こりが解消しやすくなります。

 

カスタマイズとは?

最初はスキマ時間にリリトレをすることから始めて、徐々にレベル(リリトレを行う頻度と時間)を上げていこう

 

そんなわけで、自分の性格や生活習慣、不調のレベルに合わせて、
リリトレのレベル(質・量)を調整するのがオススメです。

 

スポンサーリンク

まとめ|カラダが喜ぶカスマイズを見つけよう!

例えば、あなたがスタバに行ったら何をオーダーするでしょう?

  • ホットコーヒー・ソイラテ・カフェモカ・ダークモカチップクリームフラペチーノ?
  • サイズはショート・トール・グランデ・ベンティ?
  • ホットコーヒーなら、砂糖は?ミルクは?低脂肪乳?

 

あなたに”味の好み”があるように、
あなたのカラダにも、”セルフケアの好み”があります。

  • ほぐすか、伸ばすか、動かすか、鍛えるか
  • 首・肩甲骨・背中・脇・腰・お尻・脚
  • 1分・3分・5分

 

どこに、どのくらい、どのようにアプローチすれば、あなたの不調が解消するか?」は、
あなたのカラダにしかわかりません

 

だから、リリトレをカスタマイズしてください。

いろいろなリリトレを組み合わせて、カラダの声を聴いてみてください。

 

最初は面倒に感じるかもしれませんが、
やってみると案外楽しいです。

「フォームローラーをすると気持ちいい!」

「筋トレをすると、背筋が伸びる!」

「お尻を伸ばすと、腰が楽になる!」

 

こうやって、カラダと会話をしながら、あなたオリジナルの「リリトレメニュー」を作り、それを習慣化する。

不調や痛みは「カラダの泣き声」だから。

 

カラダの喜ぶカスタマイズを見つければ、あなたの不調は必ず解消します。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!