骨盤の歪みを整える歩き方・立ち方とは?【セルフケア論#25】

骨盤の歪みを整える歩き方・立ち方とは?【セルフケア論#25】

 

インスタライブをしている時に、産後で骨盤の歪みが気になるママさんから、

「歪み改善の歩き方・立ち方を知りたい!」

というリクエストをいただいたので、
こちらに書きながら整理して、明日かいつかのインスタライブで披露します。

 

【 歪みを改善する歩き方とは?】
大股で歩こう

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

セルフケアを日常にさん(@reletore)がシェアした投稿

 

ここでは、「骨盤の歪みを改善する歩き方」を解説します。

で、結論から言うと、大股で歩けば、骨盤の歪みは改善します

 

なぜなら、骨盤の歪みの原因は、「骨盤に付着する筋肉の硬直&弱化」だから。

そして、「大股で歩けば、骨盤の付着する筋肉を動かすことができるから」です。

 

骨盤に付着する筋肉とは、

  1. 股関節(腸腰筋)
  2. お尻(臀筋)
  3. 太もも(大腿筋)
  4. お腹(腹筋)
  5. 腰(背筋)

などです。

 

これらの筋肉が、

  • 縮んで硬直したり、伸びて硬直すると→骨盤をひっぱって→歪みになります。

 

逆に、

  • 大股で歩くと→骨盤筋が伸び縮みして→骨盤の歪みが整います。

シンプルですよね。

 

「大股で歩く」といってあまりアバウトなので、もう少し細かいポイントをあげると以下の通り。

  1. 脚がみぞおちから生えているイメージで(筋肉の位置を意識する)
  2. 足のつま先で地面を蹴り
  3. 股関節の前側(鼠蹊部)が伸びるのを感じる

 

歪みが整う歩き方

 

 

これによって骨盤筋、とくに「腸腰筋と大臀筋」というメインの骨盤筋が大きく動くので、自然と骨盤が整います。

ついでに、背筋が伸びやすくなるので、猫背や反り腰(背骨の歪み)の改善にも効果的です。

 

また、大腿動脈がしごかれて、血流がアップするので、冷え性・むくみの改善にも効果的

さらに、脚の筋肉を万遍なく使えるようになるので、太もも痩せ・ふくらはぎ痩せ効果もあり。

 

【ポイント①】
事前に緩めておく

ただ、骨盤筋があまりにガチガチだと、大股で歩くことさえ難しいので、まずは緩めておくとベスト。

 

具体的には、メインの骨盤筋である、

  1. 股関節(腸腰筋)
  2. お尻(大臀筋・中臀筋)
  3. 太もも(前後内外)

のフォームローラー&ストレッチを行うのがオススメです。

【まとめ】骨盤の歪みの原因・矯正方法を解説

2018.03.30

 

中臀筋ムービング

骨盤周りをローラーでゴロゴロすると、伸びやすくなる

お尻アングルストレッチ

お尻周りをじわじわと伸ばすと、大股で歩きやすくなる

ランジムービング

股関節(腸腰筋)を伸ばすと、大股で歩きやすくなる

 

【ポイント②】
階段を一段飛ばしで上る

極端な話、股関節を大きく動かせば、骨盤は整ってくれます。

そして、「階段を一段飛ばして上る」というのは、日常生活の中で最も効果的な骨盤を整えるチャンスです。

 

「大股で歩く」という意識がピンっとこない方は、股関節を強制的に大きく動かす「階段を一段飛ばしで上る」というのにトライしてみてください。

 

階段を一段飛ばしで上る

大股で歩く・階段を一段飛ばしで上るなど、股関節を大きく曲げ伸ばしする場面を作ろう

 

【歪みを改善する立ち方とは?】
ないけど、左右均等に立つことを意識

立つだけで歪みを整えることはできませんが、
「歪みにくい立ち方」というのはできます。

 

それが、「重心を左右均等にかける意識」です。

 

これは実際にやるとわかりますが、
重心が右や左に偏った状態で立つと、それだけ骨盤の高さに左右差がでて、骨盤が歪んでしまいます。

だから、左右均等に立つのが大切。

 

重心を左右均等にすると歪みにくい。片側重心になると歪みやすい

 

また、足裏の重心の意識としては、
脛の真下に重心をおく」のが大切。

 

というのも、多くの人は「足裏の真ん中(脛の真下よりも少し前)に重心を置いている」ので、
本来あるべき重心よりも、少しだけ前側重心になっているんです。

すると、骨盤〜背骨が前後に歪んでしまいます。

 

重心を脛の真下に置くことができれば、骨(脛→大腿骨)で体重を支えることができるため、骨盤や背骨が歪むこともないんですね。

 

歪みにくい重心

 

まとめとして、もし直立する機会があるなら、

  • 重心を左右均等に置く
  • 脛の真下に重心を置く

この2つの意識を保てるとベストです。

 

【まとめ】
歪みは気にしすぎないように

と、ここまで、歪みを整える歩き方・歪みにくい立ち方を解説しましたが、
個人的には、「そこまで歪みを気にする必要もない」と思っています。

 

なぜなら、現代社会で普通に生きていたら、普通に歪むのが自然だから

 

そもそも、利き手利き足があり、体の左右で内臓も違うし、世の中の作り自体が左右対称じゃないので、歪むのは当たり前。

だから、そんなに気にしなくても大丈夫。

個人的に、整体などでわざわざ小さな歪みを完璧に整える必要なんてないと思うんです。

 

ただ、あまりに怠けた生活習慣や、産後で筋肉が弱った段階で、骨盤が大きく歪み、体に不調が起きやすくなるのは事実です。

 

あまりに大きく歪んでしまった場合は、まずは整体に行き、ある程度整えてもらうのはアリです。

(歪みすぎていると、大股で歩くことさえ難しくなりますから)

 

そして、今回お伝えした、

  • 大股で歩く
  • 階段を一段飛ばしで上る
  • 股関節周りのフォームローラー&ストレッチをする
  • (余裕があれば、骨盤周りの筋トレをする)

などをやってあげてください。

 

あなたの骨盤が整いますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!