骨盤の歪みの根本原因をわかりやすく解説【図解付】

骨盤の歪みの原因

 

骨盤が歪む根本的な原因は2つあります。

 

骨盤が歪む根本的な原因
  • 筋肉の硬直
  • 筋肉の弱化

 

つまり、
”骨盤に付着する筋肉”のアンバランス」によって、骨盤が歪むということ。

 

例えば、

  • お尻の筋肉」に左右差がある
    骨盤がネジれる
  • 太ももの筋肉」に前後差がある
    骨盤が前に傾きすぎたり、後ろに傾いたり

といった感じ。

 

今回は、

  • 骨盤の歪みの種類
  • 骨盤が歪む根本原因(筋肉の硬直&弱化とは?)
  • 骨盤が歪む日常生活の習慣・環境

などについてわかりやすく解説していきます。

 

骨盤の歪みを改善できれば、

  • 腰痛の解消
  • 冷え性&むくみの改善
  • 生理痛の緩和
  • 下半身痩せ

といった効果も期待できます。

 

骨盤の原因を知ることができれば、
骨盤の歪みを改善することは簡単なので、
ぜひパラパラ〜っと読んでみてください。

1. 骨盤とは?

まずはじめに、
骨盤の形と名前」をなんとなく知っておきましょう。

 

骨盤とは?

背骨と大腿骨(太ももの骨)の間で体を支える骨の塊。

  • 仙骨(腰の下の骨)
  • 尾骨(仙骨の先っちょ)
  • 腸骨(広がった部分)
  • 恥骨(下腹部の下)
  • 坐骨(お尻の部分)

の5つからなる。

骨盤とは?

大人になると「腸骨&恥骨&坐骨」はくっついて「寛骨」になる。「仙骨と腸骨を結ぶ関節」を”仙腸関節”という。

 

上半身と下半身を結ぶ”体の要”=骨盤」です。

だから、
骨盤が歪むと全身が歪むし、
骨盤が歪むと様々な不調に見舞われるんですね。

 

2. 「骨盤の歪み方」の種類

一言で”骨盤の歪み”と言っても、
骨盤の歪み方」は様々です。

以下、一例です。

 

骨盤の歪み方
  • 過前傾骨盤
    骨盤(仙骨)が前に傾きすぎた歪み
  • 後傾骨盤
    骨盤が後ろに傾いた歪み
  • 斜め骨盤
    骨盤が斜めになった歪み(片方の腰骨が高い)
  • ねじれ骨盤
    寛骨が前後にねじれた歪み
  • 開きすぎ骨盤
    寛骨が開きすぎた骨盤
  • 閉じすぎ骨盤
    寛骨が閉じすぎた骨盤
骨盤の歪み方 骨盤の歪み方

 

上記以外にも様々な歪み方がありますし、
さらに、2つ以上の歪みがミックスされていることもよくあります。

  • 右の骨盤は開いて、左の骨盤は閉じてる
  • 骨盤がねじれて、斜めに傾いてる

といった感じ。

 

だからここでは、

骨盤は色々な形に歪むんだな

自分で骨盤の歪み方を正確に把握するのは難しいんだな

とだけ覚えておけば大丈夫です。

 

3. 骨盤が歪む根本原因|筋肉の硬直とは?

骨盤を支えているのは「筋肉」です。

ここでは、骨盤を支えている筋肉(骨盤に付着する筋肉)
=「骨盤筋」と呼ぶことにします。

 

骨盤筋
  • お尻の筋肉
  • 太ももの筋肉
  • お腹の筋肉
  • 腰の筋肉

→色々な筋肉が、上下左右前後から骨盤を支えている

骨盤筋とは?

骨盤に付着する筋肉はいっぱいあるけど、とりあえず、「お尻・太もも・腰・お腹の筋肉」=骨盤筋と覚えておこう

 

そして、骨盤が歪む根本的な原因は、
筋肉の硬直」です。

 

筋肉の硬直→骨盤の歪み
  • 筋肉は「動かさない&負担をかける」と硬直する性質がある
  • 筋肉は「伸びて硬直」or「縮んで硬直」する性質がある

「前後&左右の骨盤筋の硬直の仕方」に差があると、骨盤が歪む

 

▼骨盤筋の硬直の仕方と骨盤の歪み方の例▼

 

骨盤の歪み別・筋肉の硬直の仕方 骨盤の歪み別・筋肉の硬直の仕方

 

なんだかややこしいですね。

ここではとりあえず、

骨盤の筋肉が伸びたり縮んだりして、骨盤を引っ張って歪むんだな

とだけ覚えておきましょう。

 

4. 骨盤が歪む(筋肉が硬直する)日常生活の習慣&環境とは?

ここまでをざっくりまとめると、

  • 骨盤筋の硬直
    骨盤の歪み
  • 筋肉を動かさない&負担をかける
    筋肉が硬直する

ということがわかりました。

 

つまり、直接的な「骨盤の歪みの原因」は、

  • 骨盤筋を動かさない(運動不足)
  • 骨盤筋に負担をかける

といったことです。

 

個人的に、
これは骨盤を歪ませるなぁ」と感じる最たるものが、
長時間座りっぱなし”です。

 

なぜなら、

  • 座りっぱなし=骨盤筋を動かさない
  • 骨盤筋の代表である”お尻の筋肉”がずっと圧迫されてる(負担)

からですね。

 

骨盤が歪む原因=長時間座りっぱなし

 

加えて、

  • 足を組んで座る
    (骨盤がねじれる・斜めになる)
  • お尻の後ろで座る=後ろに持たれる
    (骨盤後傾)
  • 太もも付け根で座る
    (骨盤過前傾)
  • 横に持たれる
    (斜め骨盤)

などの「変な座り方」によって、
筋肉が硬直する以前に骨盤が歪みます。

(骨盤の歪みに合わせて、筋肉が硬直するパターンもあるんですね)

 

骨盤が歪む原因=座り方

変な座り方で骨盤が歪む。骨盤が歪むと筋肉が硬直して、歪みが定着する

 

つまり、

  • 長時間座りっぱなしの仕事環境
    デスクワーク運転が多い
  • 座り方が変になる環境
    ふかふかソファ合わない椅子

が最も大きな「骨盤を歪ませる原因」ということです。

 

5. 筋肉が硬直する原因=筋肉の弱化

さらに原因を深掘りします。

 

骨盤筋を動かさない=運動不足により、
筋肉は”硬直”すると、さらに”弱化”もします

 

骨盤筋が弱化すると、
骨盤が不安定になります

不安定な骨盤を支えるために、
骨盤筋はさらに硬直しやすくなり、
「筋肉の硬直⇔弱化」のバッドスパイラルに陥ります

 

骨盤が歪む原因=筋肉の弱化

筋肉が弱化すると硬直して、硬直すると弱化する

 

「骨盤の歪み」で悩む方は女性が多いです

なぜか?

それは、

  • 女性はもともと筋肉が弱いから
  • 妊娠&出産など、骨盤筋が弱化するイベントがあるから

です。

 

そして、
そもそもなぜ、足を組んだり、後ろに持たれたりしちゃうのか?
というと、
骨盤が不安定だから(筋肉が弱化しているから)」です。

 

骨盤が歪む原因=女性

女性が足を組みやすいのも、骨盤筋が弱化してるから→足を組んで骨盤を安定さえせている

 

何が言いたいのかというと、

骨盤の歪みを改善するには、
”硬直した筋肉”を緩め、”弱化した筋肉”を鍛える必要があるよ

ということです。

 

骨盤筋を緩めて鍛えれば、
骨盤が整う上に、
足を組むこともなくなるし、
坐骨を立てた”良い座り方”も自然できるようになるから。

 

頑張りましょう。

 

6. まとめ|骨盤が歪む原因とは?

骨盤の歪みまとめ
  • 骨盤に付着する(骨盤を支える)筋肉
    骨盤筋
  • 骨盤筋の硬直&弱化
    骨盤の歪み
  • 長時間座りっぱなし」や「変な座り方」で
    筋肉が硬直&弱化しやすい
  • 女性は骨盤筋が弱い(弱くなりやすい)
    女性は基本的に骨盤が歪みやすい
  • 骨盤の歪みを改善するには?
    骨盤筋を緩める&鍛える

 

今回覚えておいてほしいことはこんなところ。

 

骨盤の歪みを改善するのに、
「骨盤の歪み方」を正確に把握する必要はないし、
整体など、人の手を借りる必要もありません。

 

(整体では、一時的に骨盤は整うけど、筋肉が弱いままだから、またすぐに歪んじゃうんです)

 

だからシンプルに、骨盤の歪みを治すなら、
骨盤筋を緩めて、鍛えればいいだけなんです。
簡単です。

 

そんなわけで、
次回は、「骨盤筋の緩め方&鍛え方(リリース&トレーニング)」について解説します。

 

骨盤の歪みを整えて、様々な不調を解消しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

「自分のカラダは、自分で治す」をコンセプトに、フォームローラーやストレッチであらゆる不調を解消する方法を動画解説します。  【全国民セルフケア習慣化計画】で、健康が当たり前の世界をつくります。