骨盤の歪みの根本原因をわかりやすく解説【図解付】

骨盤の歪みの原因

 

骨盤が歪む根本的な原因は2つあります。

 

骨盤が歪む根本的な原因
  1. 筋肉の硬直
  2. 筋肉の弱化

 

つまり、「骨盤に付着する筋肉の硬直&弱化(アンバランス)」によって、骨盤が歪むということ。

 

例えば、

  • お尻の筋肉」に左右差がある
    骨盤がネジれる
  • 太ももの筋肉」に前後差がある
    骨盤が前に傾きすぎたり、後ろに傾いたり

という風に。

 

今回は、

  1. 「骨盤」とは?
  2. 骨盤の歪み方の種類
  3. 骨盤が歪む根本原因(筋肉の硬直&弱化とは?)
  4. 骨盤が歪む日常生活の習慣・環境

について、わかりやすく解説していきます。

 

骨盤の歪みを改善できれば、

  • 腰痛の解消
  • 冷え性&むくみの改善
  • 生理痛の緩和
  • 下半身痩せ

といった効果も期待できます。

 

骨盤の原因を知ることができれば、骨盤の歪みを矯正することは簡単なので、ぜひパラパラ〜っと読んでみてください。

 

骨盤の歪みの原因と矯正方法

【まとめ】骨盤の歪みの原因・矯正方法を解説

2018.03.30

1. 骨盤とは?

「骨盤の歪みの種類&原因」を解説する前に、「骨盤の形と名前」を知っておきましょう。

 

骨盤とは?

体の中心(背骨と大腿骨の間)で骨格を支える骨の塊。

  1. 仙骨(腰の下の骨)
  2. 尾骨(仙骨の先っちょ)
  3. 腸骨(広がった部分)
  4. 恥骨(下腹部の下)
  5. 坐骨(お尻の部分)

の5つからなる。

骨盤とは?

大人になると「腸骨&恥骨&坐骨」はくっついて「寛骨」になる。「仙骨と腸骨を結ぶ関節」を”仙腸関節”という。

 

上半身と下半身を結ぶ体の要」=骨盤です。

だから、骨盤が歪めば、全身の骨格が歪むし、様々な不調に見舞われることになるんですね。

 

2. 骨盤の歪み方の種類

一言で「骨盤の歪み」と言っても、その「歪み方」は様々です。

 

骨盤の歪み方
  • 過前傾骨盤
    骨盤が前に傾きすぎた状態
  • 後傾骨盤
    骨盤が後ろに傾いた状態
  • 斜め骨盤
    骨盤が斜めになった状態
  • ねじれ骨盤
    寛骨が前後にねじれた状態
  • 開きすぎ骨盤
    寛骨が開きすぎた状態
  • 閉じすぎ骨盤
    寛骨が閉じすぎた状態
骨盤の歪み方 骨盤の歪み方

 

上記以外にも様々な歪み方がありますし、
さらに、2つ以上の歪みがミックスされていることもよくあります。

例えば、

  • 右の骨盤は開いて、左の骨盤は閉じてる
  • 骨盤がねじれて、斜めに傾いてる

といった感じ。

 

だからここでは、

骨盤は色々な形に歪むんだな

自分で骨盤の歪み方を正確に把握するのは難しいんだな

とだけ覚えておけば大丈夫です。

 

3.【骨盤が歪む根本原因】筋肉の硬直とは?

骨盤を支えているのは「筋肉」です。

ここでは、骨盤を支えている筋肉=「骨盤筋」と呼ぶことにします。

 

骨盤筋
  • お尻の筋肉
  • 太ももの筋肉
  • お腹の筋肉
  • 腰の筋肉

→色々な筋肉が、上下左右前後から骨盤を支えている。

 

骨盤筋とは?

骨盤に付着する筋肉はいっぱいあるけど、とりあえず、「お尻・太もも・腰・お腹の筋肉」=骨盤筋と覚えておこう

 

そして、骨盤が歪む根本的な原因は「筋肉の硬直」です。

 

「筋肉の硬直→骨盤の歪み」の仕組み
  • 筋肉は「動かさない&負担をかける」と硬直する性質がある
  • 筋肉は「伸びて硬直」or「縮んで硬直」する性質がある

→前後&左右の骨盤筋の硬直の仕方に差があると、骨盤が歪む

 

骨盤の歪み別・筋肉の硬直の仕方 骨盤の歪み別・筋肉の硬直の仕方

 

なんだかややこしいですね。

ここではとりあえず、

骨盤の筋肉が伸びたり縮んだりして、骨盤を引っ張るから歪む

とだけ覚えておきましょう。

 

4. 骨盤が歪む(筋肉が硬直する)日常生活の習慣&環境とは?

ここまでを簡単にまとめると、

  • 骨盤筋の硬直→骨盤の歪み
  • 筋肉を動かさない&負担をかける→筋肉が硬直する

ということ。

 

つまり、骨盤が歪む根本的な原因は、

  • 骨盤筋を動かさない(運動不足)
  • 骨盤筋に負担をかける

の2つです。

 

例をあげてみましょう。

個人的に、「これは骨盤を歪ませるなぁ」と感じる最たるものが、”長時間座りっぱなし”です。

 

なぜなら、

  • 座りっぱなし=骨盤筋を動かさない
  • 骨盤筋の代表である”お尻の筋肉”がずっと圧迫されてる(負担がかかている)

からですね。

 

骨盤が歪む原因=長時間座りっぱなし

 

加えて、

  • 足を組んで座る
    (骨盤がねじれる・斜めになる)
  • お尻の後ろで座る=後ろに持たれる
    (骨盤後傾)
  • 太もも付け根で座る
    (骨盤過前傾)
  • 横に持たれる
    (斜め骨盤)

などの「変な座り方」によって、筋肉が硬直しやすく、骨盤が歪みやすくなります。

 

骨盤が歪む原因=座り方

変な座り方で骨盤が歪む。骨盤が歪むと筋肉が硬直して、歪みが定着する

 

具体的にいうと、

  • 長時間座りっぱなしの仕事環境
    デスクワーク運転が多い
  • 座り方が変になる環境
    ふかふかソファ体に合わない椅子

などが、骨盤を歪ませる環境(習慣)ということです。

 

5. 筋肉が硬直する原因
=筋肉の弱化

さらに原因を深掘りします。

骨盤筋を動かさない=運動不足により、
筋肉が硬直すると、さらに”弱化”もします。

 

骨盤筋が弱化すると、骨盤が不安定になります。

不安定な骨盤を支えるために、骨盤筋はさらに硬直しやすくなり、
「筋肉の硬直⇔弱化」のバッドスパイラルに陥ります

 

骨盤が歪む原因=筋肉の弱化

筋肉が弱化すると硬直して、硬直すると弱化する

 

「骨盤の歪み」で悩む方は女性が多いです。

なぜか?

それは、

  • 女性はもともと筋肉が弱いから
  • 妊娠&出産など、「骨盤筋が弱化するタイミング」があるから

です。

 

また、先に解説した「変な座り方」をしてしまうのは、「骨盤筋が弱化しているから」でもあります。

つまり、

骨盤筋が弱化すると→骨盤が不安定になり

  • 椅子の後ろや横に持たれる
  • 安定させるために足を組む

という、「変な座り方」になってしまうのです。

 

骨盤が歪む原因=女性

女性が足を組みやすいのも、骨盤筋が弱化してるから→足を組んで骨盤を安定させるため

 

6. まとめ|骨盤が歪む原因とは?

骨盤が歪む原因を簡単にまとめます。

 

骨盤の歪む原因

骨盤筋(骨盤を支える筋肉)の硬直&弱化」が骨盤の歪みの直接的な原因

  • 長時間座りっぱなし」や「変な座り方」で、骨盤筋が硬直&弱化しやすい
  • 女性は骨盤筋が弱い(弱くなりやすい)=骨盤が歪みやすい

 

逆にいうと、

骨盤筋を緩めて、鍛えれば、骨盤の歪みは改善する

ということ。

 

長時間座りっぱなしで骨盤筋が硬直したとしても、しっかりと緩めることができれば、プラマイゼロです。

また、骨盤筋を鍛えて、骨盤が安定すれば、足を組んだり、横にもたれたりといった「変な座り方」をする必要もなくなります

(「座り方が変になる環境」はある程度、整えたほうがいいですが)

 

もちろん、「骨盤の歪みを正確に把握して、正確に矯正する」ためには、整体などの「手技療法」に頼る必要があります。

ただ、個人的には、
人の骨格はある程度、歪むのが当たり前だから、正確に矯正する必要なんてない」と考えています。

「完璧な健康」を目指さなければ不調は解消する【セルフケア論#3】

2018.08.12

 

そんなわけで次回は、
骨盤筋の緩め方&鍛え方(リリース&トレーニング)」について解説します。

 

【骨盤の歪みを矯正する方法】リリース&トレーニングのやり方と効果

2018.03.28

 

骨盤の歪みを整えて、様々な不調を解消しましょう。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
リリトレレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!





役に立ったら投げ銭サポート☆

リリトレはお役に立ちましたか?「リリトレで不調が解消した!」という方は、投げ銭でサポートをしていただけると助かります!頂いた投げ銭は、制作費(生活費)に充てさせていただきます☆