白と黒のその間に無限の色が広がっている【セルフケア論#24】

白と黒のその間に無限の色が広がっている【セルフケア論#24】

 

今回は、「0か100かじゃなくて、その間でもいいのでは?」という話。

 

つまり、

セルフケアをやるorやらない
ではなく
少しだけやる

とか。

良い姿勢を意識するorしない
ではなく
少しだけ意識する

とか。

 

0or100ではなく、50とか70とか30とかでも良いのではないかなと思うのです。

 

もう少し具体的な話をしましょう。

 

例えば、「ストレッチをやろう」と思った時。

多くの人は、「ストレッチを”ちゃんと”やろう」と意気込む。

 

そうして、

  • 全身のストレッチをしたり
  • しっかり30秒キープをしたり
  • 深呼吸を意識したり
  • 痛気持ち良いくらい伸ばしたり
  • 伸ばす角度を変えたり

という風に、”ちゃんと”やろうとする。

 

でも、最初からちゃんとやろうとすると、続かないんですよね

なぜなら、ちゃんとやるのは、大変だから。
そして、時間がかかるから。

 

疲れを取るためのストレッチなのに、
ちゃんとやろうとすると大変だから、疲れている時にはやらない。

ストレッチで効果を出すためには時間をかけて伸ばさないといけないと思い込み、
時間がないからやらない。

 

これって、すごくもったいないことだと思うんです。

だから、「ちゃんとやるorやらない」ではなく「適当にやる」という選択肢もあることを知ってほしいと思うのです。

 

ストレッチを適当やるとは例えば、

  • 一部のストレッチだけする(辛いところだけ)
  • キープしない(形だけ作る)
  • 呼吸を意識しない(自然呼吸で)
  • とりあえず伸ばす
  • まっすぐとだけ伸ばす

という感じ。

 

もちろん、「ちゃんとしたストレッチ」の方が効果は高いけど、「適当なストレッチ」でも、わりかし効果はあります。

全くやらないよりかは、断然、適当にでもやった方がいいです。

適当でも、体は楽になるから

 

筋トレも同様です。

  • 10回ギリギリできるくらいの負荷で
  • 3セット以上
  • 力を入れるときに息を吐いて
  • ゆっくりと動いて
  • 戻る時はよりゆっくりと動いて
  • 使っている筋肉を意識して

という風に、筋トレをちゃんとやった方が、もちろん効果は出やすいです。

 

でも、「筋トレをやる」というだけでもハードルが高いのに、
「筋トレを”ちゃんと”やる」となると、もう面倒くさくてやりたくなくなりますよね。

 

だから、適当にやる。

  • 余裕で10回できるくらいの負荷でやる
  • 1セットでいいからやる
  • 呼吸なんて意識しない(でも止めないでね)
  • 少し早く動いてもOK
  • フォームだけ意識すればOK

という感じで、適当にやる。

 

これでも、ちゃんと筋肉はつきます。

もちろん、筋トレ歴が長い人がこれをやっても、筋肉が増えることはないかもしれないけど、
初心者になら、ちゃんと効果はあります。

 

だから、「ちゃんとやるor全くやらない」ではなく「少しだけやる・適当にやる」という選択肢も持ってほしいのです。

 

これは僕の個人的な考え方なのですが、

「習慣化ファースト・効果セカンド」

というのが大事だと思っていて。

 

つまり、

「効果を求めるよりも習慣化することを意識しよう」

「習慣化をすれば、効果は後から付いてくるから」

ということ。

 

そして、セルフケアを習慣化するためにオススメなのが「適当にやること」なんです。

 

ただ、これには合う・合わないがあるかもしれません。

つまり、

ちゃんとやって

効果を感じられるから

継続できる

という人もいるでしょう。

 

ただ、僕の場合は、

適当にやるから

継続できて

効果が出るようになった

という順番でした。

 

これは今でも変わりありません。

僕は基本的にとても面倒くさがり屋さんなので、セルフケアをちゃんとやることは稀です。

 

  • 体幹周りのストレッチしかしないし
  • ストレッチではあまりキープしないし
  • 筋トレも10回1セットしかしないし
  • ゆっくり動くのはキツイから早く動いちゃうし

という風に、かなり適当にやっています。

(筋トレはあまりに適当なので、動画で配信できないレベルです。苦笑)

 

でもその代わり、毎日続けています。

ストレッチは朝昼晩、フォームローラーは朝晩、筋トレは毎朝、続けています。

 

むしろ、毎日続けるために、これだけ適当にしているのですが。

そして、毎日続けていると、ちゃんとセルフケアをしなくても、あまり体が辛くならないんですよね。

 

逆に、一日中パソコンやスマホをやった時など、「今日はガチガチに硬くなっているな」と感じたら、入念に緩めることもあります。

そして、自分の手で負えないなと思ったら、プロの整体師さんに頼ることもあります。

 

つまり、

選択肢を色々と持つことが
健康の秘訣

だと思うのです。

 

料理に例えるなら、

  • 適当に自炊してもいい
  • 手の込んだ料理を作ってもいい
  • 出来合いのものを買ってきてもいい
  • 外食してもいい

という感じ。

 

ただ、不調に悩む現代人の多くは、
「食べない&外食をする」という人が多すぎる。

つまり、
「自分では何もしない&辛い時はマッサージに行くだけ」という人が多すぎる。

 

だから、

「適当に自炊をするように、適当にセルフケアをするのもアリなんだ」

「サクッとインスタントに、一部のセルフケアをするだけでもOK」

「余裕があるときは、ちゃんとしたセルフケアをしよう」

「本当にしんどい時は、マッサージに行こう」

という風に、色々な選択肢を持ってほしいと思うのです。

 

白か黒だけじゃない。
その間に、無限の色が広がっていることを知ってほしいのです。

 

そんなことを、GIFTの歌詞を読んで思いました。

いい曲ですよね。聞いたことはないけれど。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!