【首こりの原因】首が硬直する4つの原因をわかりやすく解説|図解付

 

「こり」とは、筋肉が硬直した状態を表します。

つまり、「首こり」=首の筋肉が硬直した状態のこと。

ではなぜ、首の筋肉は硬直するのか?

その原因は、大きく分けて4つです。

 

首こりの原因
  1. 悪い姿勢
  2. 長時間の同じ姿勢
  3. つながる筋肉からの負担(ストレス)
  4. 筋肉の弱化

 

今回は、首こりの原因を実例と共にわかりやすく解説していきます。

首こりの原因を知れば、「首こりを解消するのは簡単なんだ」と理解できると思います。

 

「首肩こりがツライ」

「こりから来る頭痛が耐えられない」

という方は、
首こりの原因を知り、首こり・頭痛・眼精疲労解消の一歩を踏み出しましょう。

 

【まとめ】首こりの原因と解消法をわかりやすく解説

2019.02.16

【首こりの原因①】
悪い姿勢

まず、「良い姿勢」とは、”体(筋肉)への負担が少ない姿勢”です。

簡単に言うと、
頭が胴体の真上にある姿勢」=良い姿勢ですね。

 

ただ、首こりに悩む方の多くは、「悪い姿勢」になっています。

簡単に言うと、
頭が胴体よりも前に出た姿勢」=悪い姿勢です。

 

悪い姿勢

ちなみに、頭が前に出た悪い姿勢は、「ストレートネック」・「頭部前方位」・「スマホ首」・「首猫背」とも呼ばれる

 

ではなぜ、悪い姿勢=頭が前に出た姿勢になるのかというと、「スマホ・パソコンの利用」が主な原因です。

つまり、

  • スマホを見る→下を向く
  • パソコンを見る→頭が前に出やすい

ということですね。

 

悪い姿勢→首こり

ちなみに、スマホ&パソコンなどの「習慣&環境的悪い姿勢」が続くと、骨格レベルでストレートネックがが定着した「構造的悪い姿勢」もある

【猫背の原因②】猫背になる環境と習慣をわかりやすく解説

2018.04.01

 

そして、頭の重みは、体重の約10%と言われています。

つまり、体重が50キロの人なら、約5キロの重みを、首の筋肉で支えなくてはいけません。

さらに、スマホやノートパソコンを利用する時に、少しでも首を下に傾ければ、頭の重みは倍々になって、首にのしかかってきます。

 

首の角度と頭への重み

首の角度が深くなればなるほど、首への負担が増す

 

これだけの重みが首に常にかかっていれば、首の筋肉が硬直するのもしょうがないですね。

 

【首こりの原因②】
長時間の同じ姿勢

仮に「良い姿勢」でも、「長時間同じ姿勢」だと、首こりになります。

なぜなら、5キロの重みが首にかかりっぱなしになるから

 

5キロのお米を手で持っていても、数分間もすれば、腕の筋肉が疲れてきますよね。

同じように、5キロの頭を首で支えていれば、首の筋肉が疲れてきます。

そうして、

首の筋肉に疲労がたまり→筋肉が硬直する=首こり

という流れが多いです。

 

長時間の同じ姿勢

パソコン仕事や技術系の仕事だと、集中するため→長時間同じ姿勢になりやすい

 

【首こりの原因③】
つながる筋肉からの負担(ストレス)

「悪い姿勢・長時間の同じ姿勢」が首への直接的な負担だとしたら、
「つながる筋肉からの負担」は首への間接的な負担となります。

例えば、

  • 眼精疲労→目の筋肉の硬直→首こり
  • 腕をよく使う(腕の疲労)→腕〜肩の硬直→首こり
  • 猫背(腰・背中の疲労→腰〜背中の筋肉の硬直→首こり

という流れですね。

 

つながる筋肉の負担→首こり

首は体の交差点。様々な部位の疲労の悪影響を受けやすい

 

また、首はメンタルの影響を受けやすいので、

  • ストレス→首の筋肉の硬直

という流れもあります。

 

ここでいうストレスとは、「イライラ・ムカつく」といったストレスだけに限らず、

  • スマホ・パソコン=「電子的ストレス」
  • 集中・緊張=「精神的ストレス」
  • 睡眠不足=「脳的ストレス」

も含まれます。

 

ストレス→首こり

現代で生きていると、様々なストレスから→首こりになりやすい

 

【首こりの原因④】
筋肉の弱化

筋肉が弱いと、首こりになりやすいです。

例えば、同じ「5キロの荷物」を手で持っていたとしても、

  • マッチョな男性なら→余裕(負担が少ない)
  • 華奢な女性なら→キツイ(負担が大きい)

ですよね。

 

「首こり」や「こりからくる頭痛」で悩む人に”女性”が多いのはこのため。

同じようにパソコン仕事をしていて、同じようにスマホを長時間使い、同じように筋肉的ストレスが大きくても、

  • 筋肉が強ければ→首こりになりにくい
  • 筋肉が弱ければ→首こりになりやすい

ということです。

 

筋肉が弱いと→首こりになりやすい

また、筋肉=姿勢筋が弱化していると、姿勢も悪くなりやすい

 

【まとめ】
首こりの原因と解消する方法

首こりの原因を簡単にまとめます。

 

首こりの原因
  1. 悪い姿勢
    頭が胴体よりも前に出ると、頭の重みがもろに首にかかるため→首こりになる
  2. 長時間の同じ姿勢
    良い姿勢でも、長時間の同じ姿勢=首を動かさなければ→首こりになる
  3. つながる筋肉からの負担(ストレス)
    「目・腕・背中の筋肉の硬直」や「電子的・精神的ストレス」から→首こりになる
  4. 筋肉の弱化
    同じような生活習慣(負担)でも、筋肉が弱いと→首こりになりやすい

 

もっと簡単にまとめると、

首への様々な負担により
首こりになる

ということですね。

 

そして、首こりの原因は様々ですが、首こりを解消する方法はとってもシンプルで、簡単です。

それは、

硬い筋肉を緩めて
弱い筋肉を鍛える

だけ。

 

次回は、「首こりを根本的に解消する方法」=【首こり解消リリース&トレーニング】について、わかりやすく解説していきます。

 

【首こりを解消する方法】リリース&トレーニングのやり方と効果

2018.12.24

 

あなたの首がゆるゆるに柔らかくなりますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!