【セルフケアメニューの作り方①】セルフケアをする部位を決める

【セルフケアメニューの作り方②】部位を決める方法

 

セルフケアメニューは、

  1. セルフケアをする部位
  2. セルフケアをする方法

の2つによって構成されます

 

今回は、「セルフケアをする部位をどうやって決めるのか?」について、サクッと解説します。

 

セルフケアをする部位を決めるには、2つのステップがあります。

 

  1. ゴールを明確にする
  2. 部位を明確にする

 

順に解説していきます。

 

1. ゴールを明確にする

ゴールを明確にする

 

セルフケアは”手段”です。

だから、「何のためにセルフケアをするのか?」=セルフケアのゴールを自分の心に尋ねてみてください。

 

あなたのゴールはきっと、

  1. 不調を解消するため
  2. 美と健康を手に入れるため

のどちらか(または両方)だと思います。

 

ここではシンプルに、「不調ベース」でセルフケアのゴールを考えてみましょう。

 

①自分の不調を書き出す

不調を書き出す

 

まずは、「セルフケアにより解消したい不調」を書き出しましょう。

書き出すことで、セルフケアをする部位が明確になります。

 

書き出すときは、スマホのメモを開いて、以下のように自問自答すると、書き出しやすいです。

 

「私が悩んでいる不調・解消したい不調は何だろう?」

 

あとは、思いつく限り、ササーっと箇条書きしていきます。

 

私が解消したい不調(仮)
  • 頭痛
  • 首こり
  • 肩こり
  • 猫背
  • 腰痛
  • 冷え性
  • むくみ

 

②不調リストを参考に

不調リスト

 

不調が思いつかない場合、ハッキリしない場合は、以下のリストから不調をピックアップしましょう。

 

筋肉系の不調
  • 頭痛
  • 首こり
  • 肩こり
  • 背中の張り
  • 腕の張り
  • 腰痛
  • 股関節の硬さ
  • 太ももの張り
  • 脚の張り
  • 冷え性
  • むくみ

 

骨格系の不調
  • 頭部前方位
    (頭が前に出ている状態)
  • 巻き肩
    (肩が前に入っている状態)
  • 猫背
  • 反り腰
  • 骨盤の歪み
    (開きすぎ・閉じすぎ・ねじれ・後傾・過前傾)
  • 股関節の歪み
    (O脚・X脚)

 

美容系の不調
  • 顔太り
  • 首太り
  • 二の腕太り
  • 背中太り
  • お腹太り
  • 腰太り
  • お尻太り
  • 太もも太り
  • ふくらはぎ太り

 

③優先順位をつける

優先順位をつける

 

解消したい不調が複数ある場合は、優先順位をつけましょう。

 

あなたが解消したい不調ランキング(仮)
  1. 頭痛
  2. 首こり
  3. 肩こり
  4. 腰痛
  5. 猫背
  6. 冷え性
  7. むくみ

 

上記のように不調が全身に及ぶ場合は、全身のセルフケアをする必要があります。

 

ただ、最初から全身のケアをするのは大変なので、
優先順位でトップのものに的を絞って、セルフケアをするのがオススメです。

 

2. 部位を明確にする

部位を明確にする

 

セルフケアで解消したい不調が明確になりました。

 

あなたが解消したい不調(仮)
  1. 頭痛
  2. 首こり
  3. 肩こり
  4. 腰痛
  5. 猫背
  6. 冷え性
  7. むくみ

 

そしたら、不調を部位に書き直します。

 

不調→部位
  1. 頭痛→頭
  2. 首こり→首
  3. 肩こり→肩
  4. 腰痛→腰
  5. 猫背→背中
  6. 冷え性→手足
  7. むくみ→ふくらはぎ

だいたい、不調の中の一文字に体の部位が書かれていると思うので、それを書き出せばOKです。

 

これで、あなたが”メインでセルフケアする部位”が明確なりました。

 

だいたいにおいて、「筋肉の硬直→不調」になります。

だから、以下のように「筋肉を緩める→不調解消する」ということですね。

 

筋肉を緩める→不調解消の例
  1. 頭を緩める→頭痛解消
  2. 首を緩める→首こり解消
  3. 肩を緩める→肩こり解消
  4. 腰を緩める→腰痛解消
  5. 背中を緩める→猫背緩和
  6. 手足を緩める→冷え性緩和
  7. ふくらはぎを緩める→むくみ緩和

 

つながる筋肉もケアしよう

つながる筋肉

 

不調を感じる部位+つながる筋肉」も緩めることで、不調が解消しやすいです。

なぜなら、筋肉は繋がっているから。

 

つまり、

  1. 不調ポイント
  2. 不調ポイントの隣や付け根

を全体的にケアしたいです。

 

実例をあげていきましょう。

 

頭痛を解消したい場合
  1. 頭痛ポイント(頭)
  2. 頭の隣や付け根(顔・首・肩甲骨・背中)

 

頭痛筋

頭+顔・首・肩甲骨・背中が硬直すると頭痛になる。逆に、頭+顔・首・肩甲骨・背中を緩めると、頭痛が解消する

 

【頭痛を解消する方法】リリース&トレーニングのやり方と効果

2018.04.01

 

肩こりを解消したい場合
  1. 肩こりポイント(肩)
  2. 肩の隣や付け根(首・肩甲骨・腕・脇・背中)

 

肩こり筋

肩+首・肩甲骨・腕・脇・背中が硬直すると肩こりになる。逆に、肩+首・肩甲骨・腕・脇・背中を緩めると、肩こりが解消する

【肩こりを解消する方法】リリース&トレーニングのやり方と効果

2018.04.03

 

腰痛を解消したい場合
  1. 腰痛ポイント(腰)
  2. 腰の隣や付け根(背中・お尻・股関節)

 

腰痛筋

腰+背中・お尻・股関節が硬直すると→腰痛になる。逆に、腰+背中・お尻・股関節を緩めると、腰痛が解消する

【腰痛を解消する方法】リリース&トレーニングのやり方と効果

2018.04.02

 

猫背を改善したい場合
  1. 猫背ポイント(背中)
  2. 猫背の隣や付け根(お尻・股関節・裏もも・腰・お腹・胸・肩甲骨・首・脇)

 

猫背筋

背中+首・肩甲骨・胸・脇・腰・お腹・お尻・股関節・太ももが硬直すると猫背になる。逆に上記全てを緩めると、猫背が改善しやすい

猫背などの「骨格の歪み」は、様々な筋肉の連動硬直によって起こるので、アプローチする部位が多くなります。

【猫背を改善する方法】リリース&トレーニングのやり方と効果

2018.03.30

 

冷え性を改善したい場合
  1. 冷え性ポイント(手足)
  2. 手足の隣や付け根(手)

 

冷え性筋

手+腕・脇・肩甲骨が硬直すると→手冷え性に、足+ふくらはぎ・太もも・股関節・お尻が硬直すると→足冷え性になる。逆に、上記を緩めると、冷え性が緩和する。

 

【冷え性を改善する方法】リリース&トレーニングのやり方と効果

2018.03.27

 

【まとめ】
不調ポイント+αをケアしよう

不調ポイント+α

 

長々と解説してきましたが、簡単にまとめると、

不調を感じるポイント

その周辺もケアする

不調が解消しやすい

ということ。

 

最初から色々な部位をケアするのは大変なので、

  1. 不調を感じるポイント
  2. つながる筋肉

の順で、アプローチしてあげてください。

 

そして、このページで「セルフケアをする部位」が明確になったら、
次回は、「セルフケアをする方法」をわかりやすく解説していきます。

 

あなたのカラダが喜ぶセルフケアができますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!