【セルフケアメニューの作り方⓪】全体像

 

自分でセルフケアメニューを作ることができれば、

  • 自分の不調・身体・性格・ライフスタイルに合わせたセルフケアメニューを作れる
  • だから、セルフケアを継続しやすい
  • だから、セルフケアの効果が出やすい(不調が解消しやすい)

といったメリットがあります。

 

【リリトレ式・セルフケアメニューの作り方】では、
主に「筋肉を緩めて鍛えるセルフケア」をご紹介します。

 

今回は初回ということで、セルフケアメニュー作りの全体像をサクッと解説します

 

【全体像】
セルフケアメニュー作りの
3つのステップ

3つのステップ

 

セルフケアメニュー作りは、3つのステップに分けられます。

 

セルフケアメニューの作り方
  1. 部位を決める(目的を決める)
  2. 方法を決める(流れを決める)
  3. 場所&タイミングを決める(習慣化)

 

セルフケアメニューを作るだけなら、「セルフケアをする部位&方法」を決めるだけでOK。

さらに、セルフケアを習慣化したいなら、「場所&タイミング」も決められるベストです。

 

3つのステップについて、簡単に解説します。

 

スポンサーリンク

【STEP1】
部位を決める

部位を決める

 

まずはじめに、セルフケアをする部位を決めましょう。

 

「部位を決める?」

「ただ辛いところのケアをすればいいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、辛いところをケアするだけでは足りません。

 

なぜなら、筋肉は繋がっているから

 

肩こりなら、肩だけでなく、肩につながる筋肉もケアする。

腰痛なら、腰だけでなく、腰につながる筋肉もケアする。

 

【STEP1:部位を決める】では、筋肉をつながりを知り、セルフケアをする部位を明確にしましょう

 

スポンサーリンク

【STEP2】
方法を決める

方法を決める

 

次に、セルフケアをする方法を決めましょう。

 

「方法を決める?」

「ただストレッチをすればいいだけじゃないの?」

と思うかもしれませんが、ストレッチだけでは不調を解消することは難しいです。

 

なぜなら、不調の原因は「筋肉の硬直&弱化」で、「筋肉の硬直の仕方」も様々だから

 

だから、ただストレッチで伸ばすだけでなく、マッサージでほぐしたり、エクササイズで動かす必要もある。

ただ、筋肉を緩めるだけでなく、弱化した筋肉を鍛える必要もある。

 

ただ、あまりセルフケアをする方法が多いと続かないので、
【STEP2:方法を決める】では、「どのケア方法が自分に合っているか?」を考えながら、ケア方法を絞りましょう。

 

スポンサーリンク

【STEP3】
場所&タイミングを決める

場所&タイミングを決める

 

場所&タイミングを決める理由は、
セルフケアを実践&習慣化するため」です。

 

というのも、「セルフケアをする部位と方法」を決めるだけでは、セルフケアを実践しにくいのです。

 

「思いついた時に、セルフケアをしよう」だと、どうせセルフケアをやらないし、
「辛くなったら、セルフケアをしよう」だと、不調を解消するのは難しいです。

 

だから、

  • 場所に合わせたセルフケアの方法を具体的に決める
  • タイミングと頻度を具体的に決める

ことで、より具体的なセルフケアメニューへと仕上がり、セルフケアメニューを実践&習慣化しやすくなるんです。

 

スポンサーリンク

【まとめ】
セルフケアメニューを作る方法

まとめ

 

セルフケアメニューを作る方法を簡単にまとめると、

  1. セルフケアをする部位を決める
  2. セルフケアをする方法を決める
  3. セルフケアをする場所&タイミングを決める

これだけです。

 

ただ、なんとなく部位や方法を決めるだけでは、不調は解消しにくいので、気をつけましょう。

ただ、なんとなく「英語の勉強をしよう」と思っても、なかなか英語が身につかないのと同じですね。

 

だから、一つ一つをちゃんと決めてあげる。

  • どこをケアするか
  • どうやってケアするか
  • いつケアするか
  • どこでケアするか

全ては、「自分で自分の不調を解消するため」です。

 

少しめんどくさいかもしれませんが、まずは読むだけ。

セルフケアメニューを作る方法を知り、不調を解消する第一歩を踏み出しましょう。

 

あなたが自分で不調を解消できるようになりますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!