知識太りにご用心・とにかくやってみよう【セルフケア論#15】

【セルフケア論#15】知識太りにご用心・とにかくやってみよう

 

養老さんの本に、

「”わかる”ということは”変わる”ということ」

みたいな一文があって、「なるほどなぁ」と思いました。

 

僕自身、様々な健康知識を溜め込んでは、わかった気になって、実際には何も行動を起こさない、ということがよくありました。

いや、今でもよくあります。

 

ターザンを読んで、

「この筋トレ、効きそう!」

「明日の朝にやってみよう!」

とか思っても、実際にはやらずじまい。

 

とっても当たり前のことですが、

実際にやらないと、カラダは変化しない

ということは、よくよく覚えておきたいことです。

 

さらにいうと、最初は適当でも何でもいいから、

とにかくやったほうがいい

ということ。

 

だって、どんなアプローチであなたの不調が解消するかは、実際にやってみないとわからないから。

そして、その方法が仮に効果があったとしても、「続けられる内容」じゃないと意味がありません。

 

食事」を例にするとわかりやすいです。

「何を美味しいと感じるか」は、食べてみないとわかりません。

100万人が美味しいというような食べ物でも、あなたが美味しいと感じるかはどうかは、実際に食べてみないとわかりません。

 

そして、どんなに美味しいものでも、それがえらく高価だったり、作るのに時間がかかるものだと、その食事で空腹を満たすのは難しいです。

 

肩こりや腰痛は空腹と一緒。

1か月や1週間に一度の外食だけで空腹を満たすのが難しいように、
1か月や1週間に一度のマッサージや整体で肩こりを解消するのは難しいです。

 

だから、まずは作って→食べてみること。

つまり、ストレッチをして→感じてみること

 

細かいやり方なんてのは、気にしないで大丈夫です。

「正しいやり方」なんて、あるようでないようなものだから。

 

例えば、カレーを作るとき。

カレーの種類によって具材に切り方は変わるし、煮込み時間も変わるし、味付けも変わります。

大きくゴロゴロした野菜が入っていた方が好きかもしれないし、細かく刻まれた具材が好きかもしれない。

多分、長く煮込んだ方が美味しいけど、時間がないときは、煮込み時間を短くしてもいい

 

そんな風に、セルフケアをするといいと思うのです。

ストレッチをするとき。

時間があるときは、長めにキープした方がいいけど、時間がないときはキープ時間を短くしてもいい

フォームローラーをするなら、長いストロークでゴロゴロしてもいいし、細かくゴロゴロしてもいい。

 

順番としては、

とりあえずやってみて

少しずつ、細かいポイントを意識する

という感じがいいと思うのです。

 

回数も秒数もやり方も意識も気にせず、とにかくやってみる。

自己流でも何でもいいので、とにかくやってみる

 

効果は後回しでいいし、続けられるかどうかも後回しでいいです。

実際にやってみて、気持ちよかったら、きっとまたやりたくなるから。

そうして続けていたら、後から効果がついてきます。

 

そんな風に自分に言い聞かせながら、筋トレを頑張ります。

緩めるのは気持ちよくて好きなんですけどね、筋トレはキツイですからね。苦笑

 

でもやるとカラダが断然楽になるので、やらないとですね。

普段はアタマの「気持ちいい・楽」ばかり優先しているので、
カラダの「気持ちいい・楽」にも応えてあげましょう。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!