【体を柔らかくするマッサージ②】筋肉の付け根・関節をほぐそう

【体を柔らかくするマッサージ②】筋肉の付け根・関節をほぐそう

 

マッサージで効果的に筋肉をほぐすために意識したいのが、「ほぐすポイント(部位)」です。

頑固な筋肉の硬直は、硬い部位をほぐしてもほぐしても緩まないことがあります。

そんな時は、

  1. 筋肉の付け根
  2. 関節

この2つのポイントを刺激することで、筋肉が緩み、体が柔らかくなりやすいです。

フォームローラー・ボール・手を用いたセルフマッサージで効果的に筋肉を緩めるポイントを、わかりやすく解説していきます。

 

1. 筋肉の付け根をほぐそう

筋肉は、骨から骨へと関節をまたぐように付着しています。

この、筋肉の付着部位=筋肉の付け根を刺激することで、筋肉は緩みやすいです。

 

筋肉の付け根とは?

体の中心に近い筋肉の付け根を「起始」、遠い方を「停止」という(筋肉が縮むと→停止が起始に近づくように骨が動く)

 

硬い筋肉は、「ピンっと張った綱」のようなイメージです。

例えば、綱引きをしている時。

  • 「綱の部分(筋腹)」をいくら動かしても綱は緩まないが
  • →「持ち手の部分(付け根)」を動かせば、その間の綱は緩む
持ち手=付け根をほぐせば、筋肉は緩む

綱(筋腹)をほぐすよりも、持ち手(付け根)をほぐす方が、筋肉は緩む

 

コリ・ハリ・痛みを感じるのは筋腹が多く、ほぐして気持ちがいいのも筋腹です。

ただ、「筋肉の付け根」をマッサージすると「効く〜!」という感じがして、筋腹をほぐす時とはまた違った感覚を得られるはずです。

そして、「筋腹(コリ・ハリポイント)」をほぐしても緩まない筋肉でも、「付け根→筋腹」という順番でほぐすと、ほぐれやすいんですね。

 

「筋肉の付け根がどこだかわからないよ」という方は、
筋肉の付け根=骨のキワ」と覚えておけば大丈夫です。

 

首肩の筋肉の付け根

頭蓋骨・背骨・肩甲骨など、「骨のキワ」を狙ってほぐせば、首肩の筋肉は緩む

腰の筋肉の付け根

背骨(腰椎)や骨盤(腸骨)など、骨のキワをほぐすことで、腰の筋肉は緩む

 

例えば、
「首肩こりをほぐしたい!」という場合は、
頭蓋骨・背骨・肩甲骨のキワ」をほぐせば、硬直した筋肉が緩みやすいし、

「腰痛(腰の筋肉の硬直)をほぐしたい!」という場合は、
腰椎・腸骨のキワ」をほぐせば、硬直した筋肉が緩みます。

肩甲骨ローテーション

「肩こりを感じるポイント」と合わせて、肩こり筋の付け根=頭蓋骨・肩甲骨・背骨をほぐすと、肩こり筋が緩みやすい

腰ボールマッサージ

「腰痛を感じるポイント」と合わせて、背骨沿い・腰の付け根(腸骨キワ)をほぐすと、腰痛筋が緩みやすい

 

ここでは簡単に、
「筋肉の付け根(骨のキワ)をほぐすと、筋肉は柔らかくなりやすい」とだけ覚えておきましょう。

 

2. 関節をほぐそう

骨と骨のつなぎ目=関節をほぐすと、体はすっごく柔らかくなります

理由を思いつくままにあげると、以下の通り。

  1. 一つの関節は”複数の筋肉”で動かすため→一つの関節をほぐすと”複数の筋肉”をいっぺんに緩めることができる
  2. 関節に筋肉の付け根があるから
  3. 関節の動きを改善できるから
  4. 関節にはリンパ節があるので、関節を刺激することで筋肉内の疲労物質が流れやすくなる

 

そして、「筋肉を柔らかくするため」、「硬直由来の不調を解消するため」に覚えておきたい関節は、以下のとおりです。

 

不調関連の主要な関節

体を柔らかくするためにほぐしたい主要な関節

不調関連の主要な関節

正確には、「頚椎・胸椎・腰椎=椎間関節」、「肩甲骨=肩甲胸郭関節」

 

関節をほぐすメリットで最も大きいのが、
一つの関節をほぐすことで、複数の筋肉をいっぺんに緩めることができる」ですね。

例えば、

  • 肩甲骨には、首肩背中の筋肉が付着している
    肩甲骨をほぐすことで、首肩背中の筋肉が柔らかくなる
  • 胸椎には、首背中腰の筋肉が付着している
    胸椎をほぐすことで、首背中腰の筋肉が柔らかくなる

というふうに。

肩甲骨に付着する筋肉

肩甲骨をほぐすことで、首肩背中の筋肉が柔らかくなる(首肩背中の硬直が緩む)

胸椎に付着する筋肉

胸椎をほぐせば、首背中腰の筋肉が柔らかくなる

 

そして、「関節をほぐすマッサージ方法」として一番オススメなのが、【フォームローラー】です。

椎間関節=背骨などは、普通に手などでマッサージすると骨なので痛いですが、
フォームローラーなら「当たる面」が広いので、痛みなく関節を緩めることができます。

 

肩甲骨ムービング

【肩甲骨ムービング】肩甲骨を動かす意識きすることで、肩甲骨周りの筋肉がいっぺんに柔らかくなる

背中ムービング

【背中ムービング】背骨(胸椎)をゴロゴロとほぐすことで、胸椎周りの筋肉がいっぺんに柔らかくなる

お尻ムービング①

【お尻ムービング】お尻(股関節)をほぐすことで、股関節周りの筋肉がいっぺんに柔らかくなる

 

簡単にまとめると、
「関節をほぐせば、筋肉&関節=体が柔らかくなる」ということですね。

 

まとめ|付け根・関節をほぐせば体は柔らかくなる

マッサージで体を柔らかくしたいなら、「どこをほぐせば柔らかくなるのか?」を色々試してみるのがオススメです。

シンプルに、「硬くなっている部位(筋腹)」をほぐして柔らかくなることもあれば、
今回紹介した「筋肉の付け根・関節」をほぐして柔らかくなることもあります。

これは巷のリラクゼーションサロンで、「肩甲骨はがし」や「骨盤ストレッチ」といったメニューが多いのを見てもわかると思います。

 

「でもやっぱり、”筋肉の付け根”とか”関節”の位置がよくわからない」

「具体的に、どこをどうやってほぐせばいいの?」

と疑問に思う方でも大丈夫。

 

リリトレでご紹介しているマッサージには、「部位別で筋肉の付け根・関節をほぐす方法」が載っているので。

フォームローラーの使い方・動画一覧【14部位/49種】

2018.06.17

【まとめ】ボールマッサージのやり方・動画一覧【9部位/18種】

2018.06.17

【まとめ】ハンドマッサージのやり方・動画一覧【11部位/62種】

2018.06.17

 

また、【肩こり解消フォームローラー】で、「首・肩甲骨だけでなく、頭・背中までほぐす理由」や、
【腰痛解消フォームローラー】で、「腰だけでなく、背中・お尻までほぐす理由」はすべて、「筋肉の付け根・関節」をほぐすためですね。

【簡単1分〜】肩こり解消フォームローラー9選|動画解説付

2018.04.02

【簡単1分〜】腰痛解消フォームローラー10選|動画解説付

2018.04.01

 

今回ご紹介した「筋肉の付け根・関節をほぐす意識」を、日頃のセルフマッサージに活かしてみてください。

また、リラクゼーションサロンでセラピストとして働いている方も、お客様をほぐす時にぜひ試してみてくださいね。

 

あなたの体が柔らかくなりますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!