【自己分析メモ】僕の背中が丸まる理由

【自己分析メモ】僕の背中が丸まる理由

 

(息抜きメモなので、いつも以上に乱文です。ご容赦ください)

 

最近は、インスタ用にヨガの簡単解説動画を撮りためています。

で、普段やらないポーズもやると、自分の弱点とか苦手なポーズがよくわかるんですね

(普段は、決まったストレッチなどをルーティン化しているので、自分の弱点を自覚しにくい)

 

僕の苦手なポーズは「前屈系のポーズ」です。

ヨガカテゴリーの動画を見てもわかると思います。

すっごく背中が丸まりやすいんですよね。泣

 

背中を伸ばすポーズのやり方

【背中を伸ばすポーズ】床に長座するだけでキツイです。泣

わき腹を強く伸ばすポーズのやり方

【わき腹を強く伸ばすポーズ】背中が丸まっちゃってるんで、よくないですね。これだけ硬いなら、手を太ももにおきましょう

前屈のポーズのやり方

【前屈のポーズ】このポーズでは、腰背中を伸ばすことを優先して、膝を曲げてもいいのです。膝を曲げても丸まってますね。手の下にブロックをおきましょう

鋤のポーズのやり方

【鋤のポーズ】前屈系じゃないけど、今回撮ったインスタ用動画の中で一番きつかったポーズ。これ、本当は背骨がスラッと伸びるのですが、潰れてますね。

 

ではなぜ、背中が丸まってしまうのかというと、僕の場合は「ハム(裏もも)が硬いから」というのが主な理由です。

 

ハム

太ももの裏側=ハム

片脚伸ばしのポーズのやり方

【片脚伸ばしのポーズ】ハムが硬いのがよくわかる画像。膝が曲がっちゃいます。左の骨盤が浮いているので、腸腰筋も硬いのでしょう。はい。

 

ハムは骨盤の後ろ側(坐骨)に付着しているので、

  1. ハムが縮んで硬直しているから
  2. 骨盤を後ろに引っ張って(骨盤後傾)
  3. 腰〜背中が丸まってしまう

ということですね。

 

でも、IGTVに投稿しているモーニングストレッチを見てもわかる通り、ハムのストレッチはよくやる方です。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

そうだ、セルフケアしようさん(@reletore)がシェアした投稿

 

ではなぜハムが硬いのか?

主な理由は、「ハムが縮んで硬直する環境&習慣」ですね。

 

具体的には、

  1. 長時間、座っている
  2. ノートパソコンを使っている
  3. 低い机で作業をしている

の3つが主な原因となっています。

 

長時間座っているということは、

  1. 長時間膝が曲がっている(ハムが縮んでいる)
  2. お尻〜ハムが圧迫されている

ということになります。

 

こうすると、ハムが硬直して→骨盤が後傾して→猫背になりやすくなります。

 

座っているだけでハムが縮んでいる

 

さらに、「ノートパソコン」、これが厄介です。

ノートパソコンを使うと、どうしても目線が低くなります。

 

だから、

  • 良い姿勢をすると→顔を下げる必要があり→頭の重みで首肩こりになる
  • だから、顔をなるべく下げずに目線を低くするために→腰を丸めて→上半身の重みで腰痛になる

のどちらかを取ることになります。

 

僕の場合は、コアをキュッと締めたまま→意識的に腰を丸めているので、腰痛になりにくいのですが、
これでもハムの硬直は免れないので、硬直しやすいのは間違いないですね。

 

 

ノートパソコンは凶器

 

「低い机で作業する」というのも、目線を下げる必要があるので、ノートパソコンと同様のことが起こります。

僕は自宅だと集中できないタイプなので、どうしてもスタバやタリーズで体に合わない椅子と机で作業することになってしまうんですよね。

 

上記以外にも、体幹の筋肉の弱化が挙げられます。

とくに、腸腰筋=股関節の前側が弱化(伸びて硬直)しているから、ハム=股関節の後ろ側が縮んで硬直しやすいんですね。

 

また、内転筋・骨盤底筋群・腹筋群も弱いと体幹が潰れて→裏ももが硬直してしまいます。

 

姿勢を維持するのが苦手、足が開きやすい、足を組みやすい人は、体幹や内側の筋肉が弱い

 

以上を踏まえて、僕がハムを柔らかくして、ヨガで美しくポーズを取るためにはどうすればいいのか?

解決策は2つ思い浮かびます。

 

  1. 作業環境を整える
  2. 体幹の筋肉を鍛える

 

理想的な作業環境は、

  • 自宅でデスクトップを使い
  • 良い姿勢で座った時の目線の高さからやや下に画面が来るように、椅子と机の高さを調整する
  • 良い姿勢で座った時の肘の高さにキーボードが来るように椅子と机の高さを調整する

というのが良いです(他にも色々とありますが)。

 

良い姿勢の座り方

良い姿勢を維持しやすいデスクワーク環境

 

そして、自宅でも集中して作業ができるように、何かしらの工夫ができると良いですね。

(何も思いつかないので、自宅作業は却下です)

 

体幹、とくに腸腰筋を鍛えるには、レッグレイズ系のトレーニングがオススメです。

 

▼こういうの

 

あとは、腹筋群(体幹を支える筋肉)や大腿四頭筋(膝を伸ばす筋肉)を鍛えたり、ハムのアクティブストレッチ(自力で伸ばすの)をするのもいいですね

 

片脚伸ばしのポーズのやり方

【片脚伸ばしのポーズ】自力で脚を上げ、膝を伸ばす=アクティブストレッチ

 

筋トレは毎朝やっていますが、猫背と反り腰と腰痛と肩こりを1日だけ防止するための最低限の筋トレしかできていません。

自分の弱点に合わせて、筋トレやストレッチのやり方を工夫する必要がありそうです。

 

筋トレは大変なので、まずはハムのアクティブストレッチから少しずつ始めましょう。

 

ヨガのポーズを美しくとれますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!