【立ったまま30秒で】頭痛解消立ちながらヨガ4選|動画解説付

【立ったまま30秒で】頭痛解消立ちながらヨガ4選|動画解説付

 

立ったまま腰痛を解消できる、
頭痛解消立ちながらヨガ4選】を、動画で分かりやすく解説します。

家事の合間、
電車や信号待ちの時、
デスクワークのお昼休憩の時など、
スキマ時間に、いつでもどこでも簡単にできます

ヨガ初心者の方でもできる簡単なポーズを厳選したので、
ぜひ読みながらお試しください。

1. 頭痛の原因と解消法をざっくりと解説

頭痛の直接的な原因は、「頭痛筋の硬直」です。

頭痛筋」とは”頭痛を引き起こしている筋肉たち”のことで、
具体的には、以下の筋肉のことを指します。

 

頭痛筋たち
  • の筋肉
  • 首の筋肉
  • 肩の筋肉
  • 背中の筋肉

 

つまり、

頭痛筋(頭・首・肩・背中)を緩めれば、頭痛は解消する

ということですね。
簡単!

 

そして、今回は、
「頭痛筋を緩める(頭痛を解消する)効果の高い、立ったままできるヨガポーズ」を、4つに厳選してご紹介します

 

 

それでは、頭痛解消立ちながらヨガのやり方を、順にご紹介していきます。

 

2.【頭痛解消立ちながらヨガ①】前屈のポーズのやり方

前屈のポーズにより、

  • 背面の頭痛筋をストレッチして緩めることができる
  • 脳への血のめぐりを改善することができる

ため、頭痛を解消することができます。

 

前屈のポーズのやり方

 

  1. 両脚を腰幅に開いて立ち、腰骨を持つ
    前屈のポーズのやり方

    コアを意識してお尻を締め、下に押して上に伸びる

  2. 息を吐きながら、軽く膝を曲げ、上体を傾けていく
    前屈のポーズのやり方

    骨盤を立て、お尻から頭までスラリと伸ばしたまま、股関節から上体を折る

  3. 吐く息で前傾していき、手を床につく
    前屈のポーズのやり方

    「背中を伸ばす前屈」では、腰背中が丸まらないように意識する (僕は硬くて丸まっていますが)

    前屈のポーズのやり方

    「背中を丸める前屈」では、あえて膝を曲げ、太ももに体重を預けるようにして、背中を丸める

  4. 深呼吸をしながら、ポーズを30秒ほどキープする
  5. お尻を締めてコアを安定させた状態で、2→1へと戻る

 

3.【頭痛解消立ちながらヨガ②】押し上げのポーズのやり方

押し上げのポーズにより、

  • 背中〜肩の頭痛筋を縮め緩めることができる
  • 肋骨が広がり、多くの酸素を取り込むことができる(脳の酸欠解消)

ため、頭痛を解消することができます。

 

押し上げのポーズのやり方

 

  1. 両足を腰幅に開いて立ち、胸の前で両手を組む
    押し上げのポーズのやり方

    コアを意識してお尻を締め、下に押して上に伸びる

  2. 息を吸いながら両腕を上げ、手のひらを上に返す
    押し上げのポーズのやり方

    ”下に押す力”と”息を吸う力”で上に伸びるイメージ

  3. 息を吐きながら上体を右に傾ける
    押し上げのポーズのやり方

    左右の足で均等に床を踏みしめ、右腰を潰さないように上に伸び続ける

  4. 深呼吸をしながら、ポーズを30秒ほどキープして、息を吸いながら2へ、吐きながら1へと戻る
  5. 逆も同様に行う

 

4.【頭痛解消立ちながらヨガ③】ピラミッドのポーズのやり方

【四つ這いヨガ】でご紹介した「うさぎのポーズ」と並んでオススメなのが、こちらのポーズ。

  • 心臓より頭を下げる【逆転系のポーズ】のため、脳への血流を改善できる
  • 肩甲骨を寄せ、首肩背中の頭痛筋を縮め、緩めることができる

ため、頭痛を解消することができます。

 

ピラミッドのポーズのやり方

 

  1. 両足を大きく開いて立ち、腰骨を持って背筋を伸ばす
    ピラミッドのポーズのやり方

    丹田(コア)を意識して、下を押して上に伸びる

  2. 息を吐きながら、背筋を伸ばしたまま前屈し、指先が手の平を床につける

    ピラミッドのポーズのやり方

    頭とお尻を引っ張り合うイメージで(前後のコントラスト)

  3. 手を腰の後ろで組み、上に向ける
    ピラミッドのポーズのやり方

    手が上に引っ張られる意識で(上下のコントラスト)

  4. 深呼吸をしながら、30秒ほどポーズをキープする
  5. 息を吸いながらお腹に力を入れ、逆戻りしていく

 

5.【頭痛解消立ちながらヨガ④】ワシのポーズのやり方

ワシのポーズにより、

  • 肩〜背中の頭痛筋を強力に伸ばすことができる
  • 【バランス系のポーズ】を行うための、下は安定・上は脱力の意識により、神経の高ぶりを鎮めることができる

ため、頭痛を解消することができます。

ワシのポーズのやり方
  1. 両足を腰幅に開いて立ち、左手を上げて肘を曲げる
    ワシのポーズのやり方

    丹田(コア)を意識して、足裏で床を掴み、頭の位置を引き上げる

  2. 右腕を下から巻きつけるように、合掌する
    ワシのポーズのやり方

    巻きつけるのが難しい場合は、右腕で左腕を引っかけるだけでOK

  3. 左膝を曲げ、右脚を前から巻きつけるようにして、腰を沈める
    ワシのポーズのやり方

    手の先を見据えて、集中してポーズを保つ

  4. 深呼吸をしながら、ポーズを30秒ほど保ち、吸いながら2、吐きながら1に戻る
  5. 逆も同様に行う

 

6. まとめ|立ちながらヨガで頭痛を解消する方法

今回ご紹介したヨガの詳しいやり方リンクと、ヨガのポイントを簡単にまとめます。

 

 

ヨガのポイント
  • 柔らかい呼吸(全身呼吸)で行う
  • ”痛気持ちのいい”ポーズの形を見つける
  • ポーズの完成形で30秒キープする
  • 頭を空っぽにして、身体の感覚をただ味わう
  • 首や腰を痛めないようにフォローする
  • グラウンディング(下は安定、上は脱力)の意識をする
  • コントラスト(下に押して、上に伸びる)意識をする

 

【立ちながらヨガ】のメリットは、”いつでもどこでもできること”です

朝晩、自宅では【寝ながら&四つ這いヨガ】を行い、
日中、職場では【立ちながらヨガ】を行う。

 

このようにして、ヨガの体勢に合わせて、行う”場所”や”タイミング”を決めておけば、ヨガを習慣化しやすいです

 

正直、ヨガだけで頭痛を解消するのは難しいですが、
ヨガ習慣により、頭痛筋が硬直する隙を与えなければ、頭痛を予防することができます。

 

頭痛をはじめとした、あらゆる不調に言えることですが、
不調は解消するよりも予防する方が圧倒的に簡単です

 

楽して頭痛を予防するためにも、
あなたのライフスタイルに合わせたヨガ習慣を身につけましょう。

 

あなたの頭痛が解消しますように。