【習慣を辞めるコツ❶】悪い習慣を辞めるために準備する2つのこと|書き出す

 

これまで解説してきた、【習慣化のコツ】を応用すれば、
あなたが辞めたいと思っている「悪い習慣」を簡単に辞めることができます。

 

 

悪い習慣を辞めることができれば、空いた時間に”良い習慣(セルフケアなど)”を始めることができます。

また、体に悪い習慣を辞めることができれば、それだけで健康に近づくことができるでしょう。

 

そんなわけで今回は、
悪い習慣を辞める簡単な方法」をご紹介します。

具体的には、以下の5つを行えば、悪い習慣を辞めることができます。

 

悪い習慣を辞める方法
  1. 悪い習慣を書き出す
  2. モチベーションアップ(”悪い理由”を明確に)
  3. すり替える
  4. トリガーを遮断(引き金を辞める)
  5. 20秒ルール(手間を増やす)

 

そして、今回解説するのは、

  1. 悪い習慣を書き出す
  2. モチベーションアップ

の2つについて。

 

この場ですぐに実践できることなので、
辞めたい習慣がある人は、読みながら試してみてください。

 

習慣を辞めるコツ
  1. 書き出す
  2. スイッチ・トリガー・20秒ルール

1. 悪い習慣を書き出す

当たり前ですが、「あなたにとっての”悪い習慣”」が明確じゃないと、辞めることもできません。

「セルフケアをしよう!」と思っても、どのセルフケアから始めたらいいのかわからないように)

 

だから、「悪い習慣」を明確にするために、しっかりと書き出しましょう

 

【習慣化のコツ⑧】行動を書き出そう⑴|なぜ・何を・どのくらい?

2018年11月15日

 

書き出すときは、

  • 自問自答しながら
  • スピーディーに箇条書き

することで、悪い習慣(想い)が出やすくなります。

 

例えば、以下のような感じ。

 

私が辞めたい習慣は何だろう?
  • 帰宅してからのスマホ(テレビ)タイムが長い
  • 夜に暴飲暴食
  • 寝る前にスマホを使いすぎる

 

悪い習慣を書き出す

スマホ・パソコン・紙。あとで見返しやすい媒体に、「辞めたい(悪い)習慣」を書き出す

 

さらに、「悪い習慣」は具体的であるほど、辞めやすくなります

例えば、

  • セルフケア
  • →ストレッチ
  • →首肩のストレッチ
  • →首肩のストレッチを朝晩10秒

という風に、セルフケアが明確であるほど、始めやすいのと同じ。

 

【習慣化のコツ②】行動を具体的に、わかりやすくしよう|具体化の原則

【習慣化のコツ②】行動を具体的に、わかりやすくしよう|具体化の原則

2018年11月21日

 

悪い習慣をもう少し具体的に書くと、以下のようになります。

 

辞めたい習慣を具体的に書くと?
  • 寝る前に、ベッドの中で、SNSを、1時間くらい見ちゃう
  • 夜=夕食後、コンビニスイーツを食べちゃう
  • 帰宅してから、ソファの上で、ブログを、1時間くらい見ちゃう

 

次に、辞める習慣を一つだけに絞りましょう

「セルフケア(フォームローラーとストレッチと筋トレ)を始めよう!」
だと、数が多すぎて、結局始められないように、「辞める習慣」も数が多いと、辞めにくくなるからです。

 

【習慣化のコツ①】行動を簡単に、自分に甘くしよう|簡略化の原則

【習慣化のコツ①】行動を簡単に、自分に甘くしよう|簡略化の原則

2018年11月22日

 

まずは辞めたい習慣に優先順位をつけます。

 

辞めたい習慣の優先順位は?
  1. 寝る前に、ベッドの中で、SNSを、1時間くらい見ちゃう
  2. 帰宅してから、ソファの上で、ブログを、1時間くらい見ちゃう
  3. 夜=夕食後、コンビニスイーツを食べちゃう

 

そして、トップに来た習慣を、「辞める」と決めましょう

 

今回辞める習慣は?

「寝る前スマホ」を辞める

 

辞める習慣を一つに絞る

あなたの生活(人生)に最も悪影響を及ぼしている習慣は何か?一つに絞って、それを辞めると決めよう

 

スポンサーリンク

2. モチベーションアップ

【モチベーションアップ】では、

  • そもそも、なぜ私はこの習慣を辞めたいのか?
  • 悪い習慣のデメリット
  • 悪い習慣を辞めるメリット

を書き出すことで、「辞めたい!」という気持ちを強く引き出します。

 

例えば、以下の通り。

 

寝る前スマホを辞めたい理由は?

睡眠時間が減る(睡眠の質が低下する)

  • 翌朝の起きる時間が遅くなる(時間の無駄遣い)
  • 翌日の仕事に悪影響(生産性が落ちる)
  • 気分が悪い(イライラしやすくなる気がする)
  • 子供への余裕がなくなる
  • 美容的に(肌が荒れる、血色が悪くなる、クマができる)
  • 健康的に(翌日、頭痛がする確率が上がる、肩こりが酷くなる)

 

寝る前スマホを辞めるメリットは?

睡眠の質・量の向上

  • 翌朝、早く起きれる(時間の有効活用)
  • 仕事の集中力が増す(生産性UP)
  • 気分が良い(穏やかな気持ちで過ごせる)
  • 子供への余裕が生まれる
  • 美容的に(顔や肌がキレイになる)
  • 健康的に(頭痛や肩こりがなくなるかも)

 

さらに詳しく、「メリットによる未来」を想像すると、よりモチベーションがアップします。

 

睡眠の質・量が向上したら、何をしたい?
  • 早起きできたら朝活しよう
    (セルフケア・フィードバック・勉強)
  • 仕事で成果を出して、昇進を狙おう
    (朝活でプランを作成)
  • 子供との時間を増やそう
    (お互いに優しく楽しい時間を)
  • もっとキレイに、健康になろう

 

理由・デメリット・メリットを書き出す

「なぜ辞めたいのか?」「辞めるメリットは?」自問自答しながら、思いつくままに書き出そう

 

「理由(デメリット・メリット)が思いつかない」という場合は、ネットや本で調べてみるといいでしょう。

例えば、

「寝る前 スマホ」

「ベッド スマホ」

という風に調べれば、スマホによる悪影響がわんさか出てきます。

それを読んで、
「あ、やっぱりこの習慣は辞めた方がいいんだな」
と自分の意思を確固たるものにできれば、習慣を辞めやすくなるでしょう。

 

検索する

悪い習慣によるデメリット、習慣を辞めるメリットをネットや本で検索すれば、辞める理由が明確になる

 

スポンサーリンク

3. まとめ|習慣を辞めるには、まずは書き出す

習慣は”辞めにくい”から習慣です。

つまり、習慣を辞めるには、それなりの準備と覚悟とテクニックが必要ということ。

そして、悪い習慣を辞めるためにやっておきたいことが、「書くこと」です。

 

習慣を辞めるために書き出す2つのこと
  1. あなたが辞めたいと思う、”悪い習慣”を書き出す
  2. 習慣を辞める理由(習慣のデメリット・辞めるメリット)を書き出す

 

この2つを書き出すことで、
あなたが辞めたい「悪い習慣」が明確になり、辞める覚悟が決まります。

 

ただ、覚悟だけで辞められるほと、習慣を辞めるのは簡単ではありません。

そんなわけで次回は、「習慣を辞める3つのテクニック」をご紹介します。

 

【習慣を辞めるコツ❷】3つのテクニックを活用しよう|スイッチ・トリガー・20秒ルール

2018年11月12日

 

どうしても辞めたい習慣がある人、何度も辞めようとして辞められない習慣がある人は、
テクニックを活用して、脱習慣を叶えましょう。

 

あなたが悪い習慣を辞められますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!