習慣化ファースト・効果セカンド【セルフケア論#4】

 

”効果”を求める前に、淡々と”習慣化”をしたほうが、不調は解消しやすいよ」という話をします。

 

現代人の多くは、肩こりや腰痛といった”不調”に悩まされています。

そして、それらの悩みを解決するための”情報”も溢れています。

 

例えば、

「〇〇をするだけで腰痛が解消する」

「たったの1分で肩こりが解消する」

などなど。

 

ただ、多くの方は不調を解消できていないようです。

だからこそ、毎月代わる代わる、健康本が出版されるし、
テレビをつければ健康情報が流れているし、ネットを開いても健康情報が流れている。

 

なぜでしょう?
なぜ、これだけ多くの健康情報が溢れているのに、不調が後を絶たないのか?

 

健康情報が眉唾もので、効果がないから?

それもあるかもしれません。

 

ただ、個人的には、それ以上に、
健康情報を実践する人間が、継続しないから」だと思うのです。

 

つまり、

「多くの健康情報には、効果がある」

→「だけど、継続しないから、効果が現れない」

→「効果が現れる前に、辞めてしまう

ということ。

 

僕はよくあります。

「本で読んだ腰痛解消法(筋トレ・ストレッチとか)を、やったけど」

→「ちょっとやっても、効果を感じられなかったから、すぐにやめちゃった」

ということが。

(そもそも、実践しないことも多いですが。苦笑)

 

だから、僕はやり方を変えました。

効果を求める前に、とにかく習慣化する

 

「体を柔らかくしよう!」とか考えずに、淡々とストレッチをする。

「筋肉をつけよう!」とか考えずに、淡々と筋トレをする。

 

最初はあまり、効果を感じられません。

でも気づくと、
前よりも股関節が開くようになったり、
前よりも長時間座ってても腰痛にならなくなってる。

 

効果を求めて→習慣化するのではなく、
習慣化すると→効果が現れる、という順番ですね。

 

つまり、「習慣化ファースト・効果セカンド」的な考え方です。

 

 

人は効果をすぐに欲しがります。

当たり前ですよね。
効果を得るために、面倒なストレッチをしたり、ツラい筋トレをするんだから。

 

でも、僕の個人的な経験上、
最初から効果を求めすぎると、ストレッチや筋トレなどは長続きしません

なぜなら、ストレッチや筋トレをしてから、効果が現れるまでには、タイムラグがあるから。

「ブレイクスルー曲線」と同じですね。

 

”努力量”と”成長率”は比例しない。一定の努力を続けていれば、あるタイミングで爆発的に成長したことを感じられる。同じように、淡々とストレッチをしていれば、あるタイミングで、不調が解消したことを感じられる

 

だから、時間とか効果を考えずに、淡々と実践する

 

肩こり解消ストレッチで、肩こりを解消しよう

と思ったら、とにかく毎日ストレッチを続けてみる。

腰痛解消プランクで、腰痛を解消しよう

と思ったら、とにかく定期的にプランクを続けてみる。

 

毎日、淡々と続ける。

「効果があるのかな?」とか考えずに、毎日、淡々と続ける。

 

どれくらいで効果が出るかは、正直、誰にもわかりません

 

1回で効果を感じられる人もいれば、
1週間続けても、効果を実感できない人もいるかもしれません。

(この辺は、感覚の違いもありますね。変化があっても、実感できない人もいます)

 

でも、ストレッチを毎日続ければ、必ず体は柔らかくなるし、
筋トレを定期的に続ければ、必ず筋肉は強くなります。

必ず、です。

 

だから、諦めずに続けてほしいです。

リリトレに限らず、多くの不調解消法には、ちゃんと効果があるから。

ストレッチでも、ヨガでも、マッサージでも、筋トレでも、ラジオ体操でも、なんでも。

 

効果を考えずに、淡々と習慣化できれば、
効果は必ず後からついてきます

 

あなたの不調が解消しますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!