【エクササイズの効果】3つの効果と具体的なメリットを解説

エクササイズの効果

 

僕は個人的に、

(肩こりや腰痛など)あらゆる不調は”硬直した筋肉”を緩めれば解消する

と思っています。

 

これまで、
【マッサージ(筋肉を押す・揉む・ほぐす)】や【ストレッチ・ヨガ(筋肉を伸ばす・縮める)】で、
筋肉を緩める方法をお伝えしてきました。

きっと、マッサージやストレッチ・ヨガを行えば、
ほとんどの筋肉の硬直を緩めることができると思います。

 

ただ、

ほぐしても伸ばしても、筋肉が緩まない(身体が楽にならない)

なるべく筋肉が硬直しない(不調にならない)体を作りたい

といった方には、
ぜひエクササイズを試してほしいです。

 

今回は、

  • エクササイズとは何か?
  • エクササイズの効果
  • エクササイズで解消できる不調

の3つをわかりやすく解説します。

 

体を動かすのは苦手!

運動なんて面倒くさい!

という方でも、
エクササイズの効果を知れば、やらずにはいられなくなるでしょう。きっと。

1. エクササイズとは何か?

ラジオ体操のポイント

エクササイズとは”運動”という意味で、
「健康のための運動全般」を”エクササイズ”と呼びます

 

エクササイズの特徴は、
”自分で”体を動かすこと」です。

この”自分で”、というのがものすんごく大切です。

 

整体やストレッチ専門店で体を動かしてもらっている
という人もいるかと思います。

でも、
自分で体を動かす(自動運動)”のと、
他人に体を動かしてもらう(他動運動)”とでは、
効果が全然違うのです

 

では、何がどう違うのか?

一言でいうと、

自分で体を動かした方が、筋肉が緩みやすい(体が楽になりやすい)

ということです。

 

それでは、エクササイズの効果について、
もう少し詳しく解説していきましょう。

 

2. エクササイズの効果とは?

エクササイズの効果は、大きく分けて3つあります。

 

エクササイズの効果
  1. 筋肉の活性化
  2. 良い姿勢・良い体の使い方のインプット
  3. 血行促進

 

この3つの効果により、
ほぐしても伸ばしても緩まないような筋肉の硬直が緩み、不調が解消します。

 

【効果①】筋肉の活性化とは?

エクササイズの効果

まず、「筋肉の硬直の仕方」には、いくつかの種類があります。

  • コリ
    筋肉がピンポイントで硬直した状態
  • ハリ
    筋肉が面で硬直した状態
  • 短縮型硬直
    筋肉が縮んで硬直した状態
  • 伸張型硬直
    筋肉が伸びて硬直した状態
  • 不活性型硬直
    筋肉が不活性化した状態

 

”コリ・ハリ”は「マッサージ」で、
”短縮・伸張型硬直”は「ストレッチ・ヨガ」で緩めることができます。

 

ただ、
”不活性型硬直”は筋肉を自分で動かす=「エクササイズ」でしか緩めることができません

 

”不活性型硬直”は、ただ単に筋肉が硬直しているだけでなく、神経伝達が悪くなっている状態。

つまり、”筋肉がマヒしたような状態”です。

 

筋肉が不活性化すると、
体が思うように動かなくなります

 

  • 「股関節周りの筋肉」が不活性化
    →脚が上がりづらくなる
  • 「肩周りの筋肉」が不活性化
    →腕が上がりづらくなる
  • 「背骨・骨盤周りの筋肉」が不活性化
    →姿勢が悪くなる
  •  

この状態を脱するには、
自分で体を動かして、脳から筋肉に電気信号を繰り返し繰り返し送る必要があります

(イメージ的には、リハビリに近いかもしれませんね)

 

簡単にまめると、

マッサージやストレッチをしても、筋肉が緩まない(体が楽にならない)人は、
筋肉が不活性化している可能性があるから、
体を動かしてみる(筋肉を活性化する)といいよ

ということです。

 

【効果②】良い姿勢・良い体の使い方のインプットとは?

エクササイズの効果

筋肉が硬直しやすい人」や「(肩こりや腰痛など)不調になりやすい人」がいます。

なぜ、なりやすいのか?

 

理由はいろいろあります。

「体質」や「生活習慣」や「生活環境」や「性格」など、本当にいろいろです。

 

で、なりやすい理由の一つに、
悪い姿勢・悪い体の使い方がインプットされているから」というのがあります。

 

もっとわかりやすくいうと、クセ”になっているんです。

悪い姿勢(猫背・反り腰・内巻き肩・頭部前方位)」とか
悪い体の使い方(小手先の動き)」が。

 

なぜ、悪い姿勢がインプットされるのか?

例えば、姿勢を良くするために、

背筋を伸ばしなさい!

と言われたことがある人も多いと思います。

 

ただ、
「背筋を伸ばす」というのは”悪い姿勢の意識で、
腰や背中の筋肉が緊張しやすいため、腰痛になりやすいです。

 

逆に、「低い机を使ってた人」や「勉強をよくしていた人」は、
猫背がインプットされている”ため、
大人になってからいくら”良い姿勢”を意識しても、猫背になりやすいです

 

良いシュートを打つように、良い姿勢を練習する

じゃあどうすれば良いのか?

「悪い姿勢・悪い体の使い方」がインプットされているなら、
「良い姿勢・良い体の使い方」をインプットしなおせば良いのです。

 

具体的には、
”良い姿勢&良い体の使い方”を強く意識した状態で、繰り返し体を動かす」ことをすれば良いです。

 

イメージ的には、スポーツと一緒ですね。

例えば、サッカー。

 

試合でシュートを決めるには、
練習でシュートを繰り返し練習する必要があります。

理想の体の使い方、理想の軌道を思い描きながら、
繰り返し繰り返しシュートを打つ。

そうして初めて、
試合で理想的なシュートを打つことができます。

 

「良い姿勢&良い体の使い方」も同じことです。

 

日常生活は”試合”と同じ
いくら「良い姿勢&良い体の使い方」を日常生活だけで意識したところで、それを実現するのは難しい

だから練習をします。

エクササイズ(太陽礼拝やラジオ体操)を通して、
「良い姿勢&良い体の使い方」を繰り返し繰り返し練習する

そうして初めて、
日常生活でも「良い姿勢&良い体の使い方」ができるようになる。

 

簡単にまとめると、

  • 肩こりや腰痛・冷え・むくみなど、不調になりやすい人は、
    ”悪い姿勢&悪い体の使い方”がインプットされている可能性がある
  • だから、”良い姿勢&良い体の使い方”をインプットしよう!
  • インプットするには、練習をする必要があるから、
    エクササイズを通して練習をしてください

ということです。

 

【効果③】血行促進

エクササイズの効果

何はともあれ、
血流が良くなれば、だいたいの不調を解消できます

 

そもそも血流が悪いと、
筋肉に老廃物がたまり、筋肉が硬直しやすくなる。

血行が悪ければ、
内臓や脳の働きが悪くなり、”メンタル面の不調”や”内臓面の不調”も引き起こします。

 

じゃあ、どうすれば血流を良くできるのか?

やっぱり、運動(エクササイズ)をすることですね。

 

どんなに素晴らしいマッサージよりも、ストレッチよりも、ゴッドハンドと呼ばれる整体師に体を整えられるよりも、
「エクササイズ(自動運動)」ほど効果的に血流を促す方法はありません

 

エクササイズは最強の血行促進法

自分でやるマッサージも、他人にやってもらうマッサージも、ストレッチも、
部分的な血行促進”にはなります。

 

だけど、エクササイズなら、特にラジオ体操や太陽礼拝などの”全身運動”なら、
全身の血行促進”になります。

 

つまり、
エクササイズならより短時間で、よりしっかりと血流が良くなる

手の届かないような”深層の筋肉”や”内臓・脳”にまで血液がめぐる。

 

60分マッサージをするよりも、10分間エクササイズをする方が、
筋肉がほぐれて、身体が楽になります

 

(前提として、筋肉がある程度柔らかくないと、体を動かすこともできないし、体を動かしたいとも思えません。
なので、体がガチガチな人は、まずはマッサージやストレッチから始めることをオススメします)

 

【効果④】その他にも良い効果が盛りだくさん

エクササイズの効果

リリトレ式エクササイズでは、太陽礼拝を行います。

つまり、ヨガのポーズを連続してとるので、ヨガの効果も得ることができます。

 

ヨガの効果
  • ストレッチ効果
    筋肉を伸ばす・縮めることで、柔軟性が向上する
  • 筋トレ効果
    筋肉が強くなり、引き締まる
    体が安定する、代謝がアップする
  • 整体効果
    背骨や骨盤・股関節の歪みが改善する
  • 自律神経調整
    気持ちが落ち着く。イライラしにくい
    睡眠が深くなる
    体温調節・呼吸・消化・血流・代謝などの機能が正常化する
  • 内臓機能活性化
    便秘・下痢・生理痛・生理不順・慢性疲労などが改善する
  • 瞑想効果
    脳が休まり、メンタルが落ち着く

 

ただ、「何を行うか」よりも「どう行うか」が大事で、
ヨガもエクササイズも、”ただ形だけ行う”のではなく、”姿勢や動き方を意識して、効果を意識して行う”ことで、
これだけの効果を得ることができることを覚えておいてほしいです。

 

3. エクササイズの具体的なメリット

さて、エクササイズには色々な効果があることはわかりました。

「で、具体的にどんなメリットがあるのか?」という話。

 

結論から言うと、
”肉体的・精神的・美容的不調”を解消して、調子が良くなります

どういうことか?
詳しく見ていきましょう。

 

3−1. フィジカル面の不調解消

エクササイズの効果

筋肉が柔らかくなり、血流も良くなる。

すると、
肩こり・腰痛・頭痛・脚のハリ・冷え・むくみなどの、肉体的不調が解消します

 

筋肉が整うと、筋肉が支える骨格も整います。

つまり、
猫背・反り腰・骨盤の歪み・股関節のねじれ・内巻き肩(前肩)・頭部前方位などの、骨格の歪みが整います

 

また、内臓に血液が巡れば、
便秘や下痢・生理痛や生理不順などの内臓的不調が改善し
脳に血液が巡れば、眠気やダルさ・慢性疲労などの脳的不調が解消します

 

3−2. メンタル面の不調解消

エクササイズの効果

心と体は繋がっています

体が重いと心も重くなるし、
体が硬いと心も硬くなります。

 

つまり、エクササイズをして、体が柔らかく、軽くなれば、

  • イライラしにくくなる
  • ポジティブになる
  • 気持ちが落ち着く
  • 余計な考え事が減る

などなど、
メンタル面にも良い影響を及ぼします。

 

3−3. ビューティー面の不調解消

エクササイズの効果

僕は個人的に、
「美しさは、”お肌”と”筋肉”と”表情”で決まる」と思っています

 

つまり、どんなに顔の造形が綺麗な方でも、

  • お肌が荒れてる(くすんでる)
  • 筋肉が硬くて姿勢が悪い(体型が悪い)、
  • 表情が暗い(悪い)

と、美しくありません。

 

そこで、エクササイズ。

エクササイズをすると、
血流が改善し、筋肉が緩み、引き締まり、ストレスが減って気持ちがサッパリします。

 

すると、

  • お肌のキメが細やかになり、ツルツルスベスベになる
  • 姿勢が良くなり、体が引き締まる(余計な肉がつきにくくなる)
  • 表情が明るく、穏やかになる

といった効果が得られます。

 

つまり、エクササイズをすることで、内面的にも外面的にも美しくなります。

 

【最後に】さぁ、エクササイズをしよう!

エクササイズ(ラジオ体操や太陽礼拝)をするのは、
正直、めんどくさいと思います。

 

自分で体を動かす、しかも全身を動かすのは、疲れるし、
「やろう!」と思わないとできないことかもしれません。

 

それでも頑張ってやると、
本当に体も心も頭もスッキリします。本当に

 

いや、でも本当にやりたくない。動きたくない。めんどくさい
という人は、とりあえず、マッサージやストレッチから始めてみてください。

 

体が硬いと、動きたくないです。

体が柔らかいと、動きたくなります。

 

順番が大切です。

緩めて、動かす。

(欲を言えば、緩めて、動かして、鍛える、までやれると尚良いです)

 

あなたの不調が解消することを願っています。