【思考メモ】本質なセルフケアを分かりやすく伝える方法|2019/01/28

【思考メモ】本質なセルフケアを分かりやすく伝える方法|2019/01/28

 

(こちらにはセルフケアとは関係のない僕の思考整理文章が脈絡なく書かれています。)

 

インスタでこういったストリーズが流れてきました。

 

 

「ものすっごくわかる!!」

と思ったのです。

(僕はまだインストラクターとしては赤ちゃんなので、本当の意味ではわからないのですが。)

 

このサイト【リリトレ】では、基本的にセルフケアの「方法」に絞って、表面的なやり方だけを伝えています

  • ストレッチのやり方
  • フォームローラーのやり方
  • 肩こりを解消する方法
  • 腰痛を解消する方法
  • 簡単10回
  • スキマ時間に1分で

ね、俗的でペラペッラの内容なのです。苦笑

 

ただ、こういう風に書き始めためのは1年くらい前からで、それ以前はもっと「考え方」とか「意識」についてを書いていました。

  • 「何をやるか」よりも「どうやるか」が大事
  • 回数や秒数は人それぞれ
  • カラダには意思があるから、その声に従ってセルフケアをして

というふうに。

 

でも、これじゃあ全然アクセスが集まらなくて、「これじゃあ伝わらない、伝えられない」と思って、今の表面的な方法を伝えることにシフトしたんですね。

きっと、伝えるのが上手い人なら、どんなに感覚的なことでもちゃんと文章にして伝えられると思うんですけど、僕にはそれがまだできなかったから。

 

何をやるか(what)」よりも「どうやるか(how)」が大事。

だけどそれ以上に、「誰が伝えるか(who)」が大事。

 

だから、「考え方・意識」を伝えるよりも先に、僕自身が「何者か」になる必要があるなと思ったんです。

例えば、「セルフケアをわかりやすく教える人」みたいな。

 

ただ、インスタのストーリーズに流れてきた新田さんの投稿を見て、「本質的なことを伝える」ことの重要性と苦しさを思い出したんです。

そして、新田さんは悩みながらも、本質的なことを伝え続けて、今やインスタフォロワー10万人以上(!)もいる。

「すごいなぁ、えらいなぁ」と思いました。

 

◆◆◆

 

新田さんもブログで書かれているけど、
本質的なことを伝えるのがエライとか、「◯◯回やってください」と分かりやすく伝えるのがダメ、という話ではなく。

ようは、「誰に・何を届けたいか?」という話なんですよね。

 

新田さんは、「姿勢や体型・不調で悩む人に・意識に重点を置いたエクササイズ」を伝えてる。

改めて、「僕は誰に・何を届けたいんだろう?」と考えます。

 

今は、とにかく「入り口」になりたいなと思っています。

「ストレッチってこうやればいいんだ」

「肩こりって意外と簡単に解消できるんだ」

と知ってもらうための入り口。

 

不調を抱える本人が、自分のカラダに自覚的になってほしい

毎日、当たり前のように身体を動かす、身体に触れるようになってほしい。

 

すると、

「私って、この動きが苦手なのか」

「ここの筋肉が硬くなっているのか」

というのが少しずつわかってくる。

 

その次に、

「肩こりだから、肩を伸ばしてみよう」

「腰痛だから、ローラーで腰をゴロゴロしてみよう」

というふうに、セルフケアを始める。

 

その次に、少しずつ意識を加えていく。

「肩こりだから、首肩肩甲骨を伸ばしてみよう」

「肩や肩甲骨は、あえて縮めよう」

「深呼吸もしながら、10秒伸ばしてみよう」

「この動きが硬いから、こうやって動かそう」

「この姿勢と重心を意識して、ストレッチをしよう」

というふうに。

 

◆◆◆

 

僕は簡単なことを難しく伝えるのが得意なので。苦笑

 

まずは、

「このサイトで、セルフケアの方法(わかりやすいこと)を、分かりやすく伝えられるようになること」

を目指します。

数値的には、このサイトの閲覧数が月間10万PVに行けばいいかな?

(現状は月間4.3万PV。まだまだまだまだ)

10万PVまで閲覧数が増えれば、それはきっと「分かりやすく伝えられている」ということになるはず。

 

同時並行で、

「個人に合わせたセルフケアの方法+意識(わかりにくいこと)を、分かりやすく伝えること」

を、リアルのセルフケアレッスンで練習していく。

きっと、ネットよりもリアルの方が本質的な意識を伝えやすいと思うから。

どういう言い回しで伝えるのがわかりやすのか、ですね。

 

そして、

  1. ネットで方法(分かりやすいこと)を分かりやすく伝える
  2. リアルで方法+意識(分かりにくいこと)を分かりやすく伝える

の2つができたら、

「ネットで方法+意識(わかりにくいこと)を分かりやすく伝える(本質発信)」

ができるようになっているはず。

 

(これだけの内容で、すでに分かりづらい説明になっているので、道のりは険しい。。)

(そもそも、本質的なセルフケアをもっと学ばねば…!)

◆◆◆

 

どんなに素晴らしく、本質的なことでも、相手に伝わらないと意味はない。

「伝わる」ことは「わかる」こと
「わかる」ことは「変わる」こと

 

まずは、僕の発信でセルフケアを始めてくれる人を一人でも多く増やしていく。

そうして、表面的なことを伝えられるようになったら→本質的なことを伝えていきたいと考えています。

よろしくお願いします。

 




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!