【猫背の原因②】猫背になる環境と習慣をわかりやすく解説

猫背の原因

 

猫背の種類と、種類ごとの原因をざっくりと振り返ります。

猫背の種類と原因
  1. 腰猫背
    腰(骨盤)が丸まった猫背
  2. 首猫背(頭部前方位)
    頭が前に出た猫背
  3. 肩猫背(内巻き肩)
    肩が前に入った猫背

 

そして、今回解説する「猫背になる環境&習慣」を種類ごとにまとめると、

  • 腰(骨盤)・背中が丸まりやすい
    →腰猫背になる環境&習慣
  • 下を向く&頭が前に出やすい
    →首猫背になる環境&習慣
  • 腕が前に出やすい
    →肩猫背になる環境&習慣

といった感じ。

 

これだけだとイメージしにくいと思うので、
画像とともにわかりやすく、「猫背になる環境(仕事)&習慣」を紹介していきます。

 

解説を見て、

「あ〜、なるほど!だから猫背になるのか!」

と分かれば、

「この猫背環境をこうやって変えよう!」

と意識できると思うので、
ぜひパラパラとご覧ください。

 

ちなみに、以前解説した「肩こりになる環境・習慣」や「腰痛になる環境・習慣」とほぼ同じ内容になります。
肩こりも腰痛も猫背が原因だからですね。よろしくお願いします。

1. 猫背になる7つの生活環境

猫背になる生活環境は7つあります。

猫背になる生活環境
  1. 高い椅子と低いテーブル(デスク)
  2. ノートパソコンの利用
  3. 低いキッチンや洗面台
  4. ふかふかソファ
  5. 体に合わない寝具
  6. 体に合わない車の座席
  7. 床生活

 

【猫背になる環境①】体に合わない椅子とテーブル(デスク)

猫背の原因

あなたの背丈に対して、
椅子が高すぎる」&「テーブル(デスク)が低すぎる」と、
腰が丸まりやすくなります。

 

【猫背になる環境②】ノートパソコンの利用

猫背の原因

ノートパソコンは画面の位置が低い
目線が下がるため、背中が丸まりやすくなります。

 

【猫背になる環境③】低すぎるキッチンや洗面台

猫背の原因

キッチンや洗面台が低い
下を向くため、腰&背中が丸まりやすくになります。

 

【猫背になる環境④】ふかふかソファ

猫背の原因

腰が沈み込むような”ふかふかのソファ”に座る
骨盤が後傾するため、腰猫背になります。

【猫背になる環境⑤】体に合わない寝具

猫背の原因

「高い枕」で仰向けに寝る
頭が前に出るため、首猫背になります。

また、「低い枕」で横向きに寝る
肩が前に入るため、肩猫背になります。

 

【猫背になる環境⑥】体に合わない車の座席

猫背の原因

座席に座った時に、腰と座席の間に隙間がある
骨盤が後傾するため、腰猫背になります。

また、シートを倒しすぎている
腕を前に出す&頭が前に出るため、首肩猫背になります。

 

【猫背になる環境⑦】床生活

猫背の原因

床にあぐらなどで座る
骨盤が後傾するため、腰猫背になります。

 

2. 猫背になる4つの仕事環境

僕の独断と偏見で選ぶ「猫背になる仕事(家庭環境)」は以下の6つです。

猫背になる仕事
  1. デスクワーカー・事務仕事
  2. 保育士さん
  3. 看護師さん
  4. 運転手さん
  5. 技術系の仕事
  6. 小さい子供のいるママさん

 

【猫背になる仕事①】デスクワーカー・事務仕事

猫背になる原因

長時間座っている
お尻の筋肉が硬直&骨盤が後傾するため、腰猫背になります。

また、パソコンを使う
キーボードを打つ→腕を前に出しっぱなしになるため、肩猫背に、
画面を集中してみる→頭が前に出るため、首猫背になります。

 

【猫背になる仕事②】保育士さん

猫背の原因

保育士さんは、

  • 抱っこをする(腕が前に出す)
  • 下を向くことが多い
  • 床に座る

などで、猫背になりやすいです。

 

【猫背になる仕事③】看護師さん

猫背の原因

看護師さんは、

  • ベッドに寝ている患者さんを見る
    (下を向く、前かがみになる)
  • 立ったままパソコンやタブレットをいじる
    (下を向く、頭が前に出る)

などにより、猫背になりやすいです。

 

【猫背になる仕事④】運転手さん

猫背の原因

運転手さんは、

  • 長時間座りっぱなし
    (お尻硬直→骨盤後傾)
  • 腕を前に出しっぱなし
    (内巻き肩)

により、猫背になりやすいです。

 

【猫背になる仕事⑤】技術系の仕事

猫背の原因

技術系の仕事だと、細かい手作業が多い
頭と腕を前に出しっぱなしで猫背になりやすいです。

 

【猫背になる仕事⑥】赤ちゃん、小さい子供がいるママさん

仕事ではないけど外せないのが、小さい子供がいるお母さん。

  • 出産により姿勢筋が弱化している(姿勢を維持できない)
  • 抱っこ
  • 下を向くことが多い
  • 添い寝、ガード寝

などにより、猫背になりやすいです。

猫背の原因

 

3. 猫背になる5つの習慣

「猫背になる習慣」は以下の5つです。

猫背になる習慣
  1. 手作業が多い
  2. 電子機器を利用する
  3. 長時間座る
  4. 背もたれに持たれる
  5. リュックを背負う

 

【猫背になる習慣①】手作業が多い

猫背の原因

家事や仕事などで手を使うことが多い
腕が前に出ている時間が長いため、肩猫背になります。

 

【猫背になる習慣②】電子機器を利用する

猫背の原因

手作業で多いのが、スマホやパソコン、タブレットなどの「電子機器の利用」です。

腕が前に出る頭が前に出やすいため、猫背になりやすいです。

 

【猫背になる習慣③】長時間座る

猫背の原因

長時間座っていると、
お尻(裏もも)の筋肉が硬直→骨盤が後傾→腰猫背になります。

 

【猫背になる習慣④】背もたれに持たれる

猫背の原因

長時間座っていても、
”浅く座り、骨盤(坐骨)を立てること”を意識すればお尻は硬直しません。

逆に、背もたれに持たれるように座る
骨盤が後ろに傾きやすいため、腰猫背になりやすいです。

 

【猫背になる習慣⑤】リュックを背負う

猫背の原因

リュックを背負うと肩が後ろに引っ張られます。

すると、無意識に”肩を内巻きにする”ため、肩猫背になります。

 

4. まとめ|猫背を改善する方法

前回・今回と、「猫背になる原因、環境&習慣」を解説してきましたが、

個人的には、

「猫背になる原因も環境も習慣も、どうでもいい」

と思っています。

 

猫背になる原因を一つ一つ見つけて、解決していくよりも、
理想の体の状態を明確にして、それを追求する方が、よっぽど猫背が改善しやすいです。

 

つまり、

強くてしなやかな、理想の筋肉を手にいれよう!

ということです。

 

いくら、「良い姿勢で座ろう!」と思っても、
筋肉が硬いまま、弱いままでは、思い通りに座ることもできません。

 

逆に、”筋肉が強くてしなやか”なら、
スマホやパソコンを使っていても猫背になりにくく、
パソコン仕事をしていても猫背になりにくいです。

 

そんなわけで、次回は猫背を改善するための具体的な方法、
リリース&トレーニング」について解説します。

ABOUTこの記事をかいた人

「自分のカラダは、自分で治す」をコンセプトに、フォームローラーやストレッチであらゆる不調を解消する方法を動画解説します。  【全国民セルフケア習慣化計画】で、健康が当たり前の世界をつくります。