【猫背の原因①】猫背の種類&猫背になる2つの原因を解説

猫背の原因

 

猫背の原因は大きく分けると2つあります。

 

猫背の原因
  1. 環境への適応(筋肉の硬直)
    猫背になる環境で生活している
  2. 筋肉の弱化
    姿勢を維持するための筋肉=”姿勢筋”が弱くなると、姿勢を維持できないため猫背になる

 

猫背は”肩こり”や”腰痛”など「様々な不調の元」になり、見た目も悪いので、
悩んでいる方も多いかと思います。

 

猫背の原因はとてもシンプルです。
そして、猫背を改善するのはとっても簡単でした(経験談)。

 

猫背でお悩みの方は、今回解説する「猫背の原因」をサラッと読むだけでも、少し猫背が改善しますので、
ぜひご覧ください。

1. 【猫背の種類】腰猫背・首猫背・肩猫背とは?

「猫背の原因」を解説する前に、
猫背の種類」を知っておいてください。

猫背とは”背中(胸椎)が丸まった姿勢”のことを指しますが、
厳密に分けると3種類に分けられます。

 

猫背の種類
  • 腰猫背
    腰(骨盤)が丸まった猫背
  • 首猫背(頭部前方位)
    頭が前に出た猫背
  • 肩猫背(内巻き肩)
    肩が前に入った猫背
良い姿勢

「良い姿勢」=骨盤が少し前傾、首と腰が前にカーブ、背中が後ろにカーブ、頭が背骨の上に乗っかってる

腰猫背

「腰猫背」=骨盤が後傾→腰が後傾の順で猫背になる

首猫背

「首猫背」=頭が前に出た猫背。ストレートネック、スマホ首とも言われる

肩猫背

「肩猫背」=肩・肩甲骨が前に入った猫背。内巻き肩とも言われる

 

ちなみに、体は連動してバランスをとっているので、

  • 腰が丸まる→頭が前に出る
  • 頭が前に出る→肩が前に入る

といった感じで、連動して猫背になっていきます。

猫背の連動

なんらかの原因で”骨盤が後傾”すると、連動して背骨が丸まっていく

 

(他にも、【反り腰猫背】のように”下が反って、上が丸まる”パターンもよくあります。これもバランスですね)

反り腰猫背

「反り腰猫背」=腹筋&背筋の弱い女性に多い猫背

 

だからここでは、

猫背にも色んな種類があるんだな

とだけ覚えておいてください。

 

ここからは、具体的な猫背の原因を、

  • 環境への適応(筋肉の硬直)
  • 筋肉の弱化

の2つに分けて、わかりやすく解説していきます。

 

2. 【猫背の原因①】環境への適応(筋肉の硬直)

猫背の原因=環境への適応とはつまり、

猫背になる環境で生活していると、猫背の形に筋肉が硬直する

ということです。

 

筋肉が骨(背骨や骨盤)を支えているので、
筋肉が硬直すると、骨を引っ張って猫背になります

 

猫背になる環境」を猫背の種類ごとにざっくりとまとめると、以下の通りです。

 

腰猫背になる環境

お尻&裏ももが硬直すると、骨盤を後ろに引っ張る

  • 長時間、座りっぱなし
  • お尻の後ろ側で座る(骨盤が後傾してる)
腰猫背になる環境

長時間座っていると、お尻&裏ももが硬直する。また骨盤も後傾しやすいので、腰が丸まりやすい

 

首猫背になる環境

首&背中が硬直すると、頭が前に出る

  • 長時間、スマホやパソコンを見る
    →下を向く、頭が前に出てる
肩猫背になる環境

下を向いている時間が長いと首がストレートになり、頭が前に出る→首猫背に

 

肩猫背になる環境

胸が硬直すると、肩を前に引っ張る

  • 長時間、腕を前に出してる
    →手作業をする(スマホ・家事・育児)
首猫背になる環境

腕を前に出している時間が長いと、胸の筋肉が硬直し、肩甲骨が前にスライド→肩猫背に

 

つまり、

長時間座って、パソコンやスマホをいじってる人は猫背になる

ということですね。

 

職場ではパソコン、空いた時間はスマホ。

現代人にこれだけ多くの猫背人がいるのもうなずけます。

 

(個人的に、猫背をはじめとした”歪み”はただの「環境への適応」なので、悪いことではないと思っています。
だって、その方が自然だから。
ただ、それで様々な不調が引き起こされるので、なんとかしなくちゃなとも思いますが。。)

 

2. 【猫背の原因②】筋肉の弱化とは?

猫背になるもう一つの原因は、「筋肉の弱化」です。

筋肉には「姿勢を維持するための筋肉
=”姿勢筋”というものがあります。

 

”姿勢筋”が骨盤や背骨を支えることで、姿勢を維持しているのですが、
姿勢筋が弱化すると姿勢を維持できずに「猫背」になります

姿勢筋が強い=良い姿勢

長時間座って、スマホやパソコンをいじっていても、”姿勢筋”が強ければ猫背になりにくい

姿勢筋が弱い=猫背(悪い姿勢)

猫背になる環境+姿勢筋が弱い→すぐに猫背になる

 

つまり、

筋肉が弱いと、姿勢を維持できないので猫背になる

ということ。

シンプルですね。

 

ちなみに、

筋肉は使わなければ弱化する」という性質があるので、

体を動かす機会の少ない現代人は、みんな姿勢筋が弱化しています

これもある意味では、「環境への適応」ですね。

 

姿勢で悩んでいる人はみんな、筋トレをしましょう。

 

5. まとめ|猫背になる2つの原因

今回解説した猫背の種類&原因をざっくりとまとめておきます。

 

猫背の種類
  • 腰猫背
    ・腰(骨盤)が丸まった猫背
    お尻&裏ももが硬直するとなる
  • 首猫背(頭部前方位)
    ・頭が前に出た猫背
    首&背中が硬直するとなる
  • 肩猫背(内巻き肩)
    ・肩が前に入った猫背
    胸筋が硬直するとなる

体は連動しているため、
「腰猫背→首猫背→肩猫背」という風に、連動して猫背になっていく

 

【猫背の原因①】環境への適応(筋肉の硬直)

猫背になる環境で生活しているから猫背になる

  • 腰猫背
    ・長時間座りっぱなし
    ・お尻の後ろ側で座る
    →お尻&裏ももが硬直する
  • 首猫背
    ・下を向く&頭が前に出ている時間が長い(スマホ&パソコン)
    →首&背中が硬直する
  • 肩猫背
    腕を前に出している時間が長い
    →胸筋が硬直する

 

【猫背の原因②】筋肉の弱化

姿勢を維持するための筋肉=”姿勢筋”が弱くなると、姿勢を維持できないため猫背になる

現代人は体を動かさない、悪い姿勢の時間が長いため、姿勢筋が弱化している

 

ここまで分かれば、「猫背を改善する方法」もわかってきます。

 

猫背を改善する3つの方法
  • 硬直した筋肉(猫背筋)を緩める
  • 弱化した姿勢筋を鍛える
  • 猫背になりにくい環境に整える

この3つで猫背は改善します。簡単です。

 

ただ、あなたが予想だにしない「環境」が猫背を作っているかもしれませんので、
次回はもう少し詳しく、「猫背になる環境(習慣)」をご紹介していきますね。

 

あなたの猫背が改善しますように。