1日3食セルフケアをすることから【セルフケア論#13】

1日3食セルフケアをすることから【セルフケア論#13】

 

僕は個人的に「”食事・料理”と”セルフケア”ってソックリ!」と思っています。

だからこれを読んでいてる人にも、

「食事をするようにセルフケアをする」

「料理をするようにセルフケアをする」

という意識を共有できたら嬉しいなと思うのです。

 

例えば。

多くの人は、

「セルフケアは特別なこと」

「セルフケアはたまにやればいい」

「どんなセルフケアをすればいいのかわからない」

「どのくらいセルフケアをすればいいのかわからない」

と思っているような気がするのですが。

これは少し「変だなぁ」と思うのです。

例えば、

「ご飯を食べることは特別なこと」

「ご飯はたまに食べればいい」

「どんなご飯を食べればいいのかわからない」

「どのくらいご飯を食べればいいのかわからない」

というのと同じくらい、「変だなぁ」と思うのです。

 

デスクワーク(体を動かさない仕事)が当たり前で、スマホが当たり前で、電車や車移動が当たり前になったこの世の中では、
「普通に生きていたらお腹が空く」のと同じように、
「普通に生きていたら筋肉が硬くなる・弱くなる」のが当たり前です。

 

だから、

「セルフケア(食事)をするのは当たり前のこと」

「セルフケア(食事)は毎日したほうがいい」

ということなんです。

 

あなたの好きなセルフケア(食事)をすればいいし、
あなたが好きなだけセルフケア(食事)をすればいいのです。

(いや、食べ過ぎ禁物なように、セルフケアのしすぎも気をつけないといけないですが)

 

セルフケアをまったくやらずに「自分の好きなセルフケアがわからない」という方もいます。

それは、そうです。

どの食べ物が好きかどうかは、食べてみないとわからないのと同じで、
どのセルフケアが好きかどうかは、セルフケアをしてみないとわかりません

 

(ちなみに、ここでいう”好き”は、あなたのアタマの好みではなく、あなたのカラダの好みです。
あなたの”意識・アタマ”が「ストレッチ、面倒くさい」と思っていても、あなたの”無意識・カラダ”は「ストレッチ、好き」と思っているかも)

 

味の好みも、量の好みも、本当に人それぞれですよね。

セルフケアも同じです。

どのセルフケアがあなたに合うか、どのくらいセルフケアをすればいいのかも、ほんっとうに人それぞれなのです。

 

だからあなたには、もっと気軽に、パクッとセルフケアをして欲しいと思うのです。

ちゃんと自分で味わって、「どのセルフケアが好きか?」は、カラダに聞いて欲しいと思うのです。

 

自分では何もやらずに、

「私にはどのセルフケアが合っていますか?」

と、ヒトに聞くのは、

「私にはどんな食事が合っていますか?」

と、ヒトに聞くのと同じくらい奇妙なことです。

 

ん?そんなに奇妙でもないか。

栄養不足の人が栄養士さんとかに、

「私にはどんな食事が合っていますか?」

と聞くのは全然アリですね。笑

 

でも、合う・合わない以前に、「断食しているヒト」が多いように感じます。

つまり、「セルフケアをまったくしないヒト」もしくは「全然足りていないヒト」ですね。

栄養バランス以前に、全然食事をとらない。

それじゃあ、体調を崩してもしょうがない。

 

だからまずは、1日2食でも3食でもいいから、食事をすること。

つまり、1日1回でも2回でも5回でもいいから、セルフケアをすること

軽食でもいいから、セルフケアをすること。

 

そうして、食事をするようにセルフケアをできるようになったら、
「好みの食事・合う食事」を探すように、「好みのセルフケア・合うセルフケア」を探してみると、少し楽しくなるかも。

 

お腹が空いたらご飯を食べるように、体が硬くなったらセルフケアをしましょう。

そしたら少し、体が楽になるし、ハッピーになるから。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!