【体を柔らかくする応用知識①】硬直は「5つのつながり」を意識して緩めよう

【体を柔らかくする応用知識①】硬直は「5つのつながり」を意識して緩めよう

 

「腕をほぐすと肩こりが緩んだ」

「お尻を緩めたら股関節が柔らかくなった」

「お腹を伸ばしたら腰が伸びた」

 

ボディケアの仕事をしていると、よくあることです。

 

つまり、筋肉はウエットスーツのようにつながっていて、

  • ある筋肉が硬直すると
    →その筋肉につながる筋肉も硬直する
  • ある筋肉を緩めると
    →その筋肉につながる筋肉も緩む

という風にできているんですね。

 

基本的には「あなたの体の中で硬直しているポイント(不調を感じる部位)」をマッサージ&ストレッチするのが正解です。

ただ、

「肩をほぐしても、肩こりが取れない」

「腰を伸ばしても、腰が柔らかくならない」

このように、「硬い筋肉を緩めても、柔らかくならない場合」は、「硬い筋肉とつながる筋肉」を緩めることで、硬い筋肉が柔らかくなります。

 

今回は、この「筋肉のつながり」について、

  1. 隣の筋肉
  2. 同じラインの筋肉
  3. 裏の筋肉
  4. 反対側の筋肉
  5. 同じ関節の筋肉

の5つに分けてご紹介していきます。

(僕の経験を基にした筋肉のつながりなので、「なぜ、それで緩むのか?」という理由は省略して、サクッと紹介だけしていきますね)

 

【筋肉のつながり①】
隣の筋肉を緩めよう

硬直した筋肉の「隣の筋肉」を緩めると、硬直した筋肉が緩みやすいです。

 

隣の筋肉とは?

硬い筋肉・辛い部位の周辺=隣の筋肉

 

「肩こり解消」・「腰痛解消」・「股関節の柔軟性UP」を例にすると、

  • 肩こりの隣・周辺
    =首・肩甲骨を緩める
  • 腰痛の隣・周辺
    =背中・お尻を緩める
  • 股関節の隣・周辺
    =お尻・太ももを緩める

ということですね。

 

「隣の筋肉」を意識した肩こり解消ストレッチ
首横ストレッチ

首を伸ばすと→肩こり柔らかくなる

肩甲骨内転ストレッチ

肩甲骨を伸ばすと→肩こりが柔らかくなる

「隣の筋肉」を意識した腰痛解消ストレッチ
猫の背伸びストレッチ

背中を伸ばすと→腰が柔らかくなる

お尻ストレッチ(四つ這いver)

お尻を伸ばすと→腰が柔らかくなる

「隣の筋肉」を意識した股関節ゆるゆるストレッチ
お尻床ストレッチ

お尻を伸ばす→股関節が柔らかくなる

裏もも床ストレッチ

太ももを伸ばすと→股関節が柔らかくなる

 

【筋肉のつながり②】
同じラインの筋肉を緩めよう

硬直した筋肉と「同じラインの筋肉」を緩めると、硬直した筋肉が緩みやすいです。

 

同じラインの筋肉とは?

 

例えば、

  • 肩の後ろを緩めるなら
    →首の後ろのラインを緩める
    →腕の後ろのラインを緩める
  • 肩の横を緩めるなら
    →首の横のラインを緩める
    →腕の横のラインを緩める
  • 腰の横を緩めるなら
    →お尻&太ももの外側を緩める
    →脇腹・肋骨を緩める
  • 腰の後ろを緩めるなら
    →お尻&太ももの後ろ側を緩める
    →背中を緩める
  • 股関節の内側を緩めるなら
    →太もも〜ふくらはぎの内側を緩める

ということですね。

 

「同じライン」を意識した肩こり解消フォームローラー
首後ろフォームローラー

首後ろをほぐすと→肩後ろが柔らかくなる

腕ムービング(上腕三頭筋ver)

腕後ろをほぐすと→肩後ろが柔らかくなる

「同じライン」を意識した腰痛解消フォームローラー
背中ムービング

背中をほぐすと→腰が柔らかくなる

ふくらはぎローテーション①

ふくらはぎをほぐすと→腰が柔らかくなる

「同じライン」を意識した股関節ゆるゆるフォームローラー
内ももムービング

内ももをほぐすと→股関節内側が柔らかくなる

ふくらはぎムービング

ふくらはぎ内側をほぐすと→股関節内側が柔らかくなる

 

【筋肉のつながり③】
裏の筋肉を緩めよう

硬直した筋肉の「裏の筋肉」を緩めると、硬直した筋肉が緩みやすいです。

 

裏の筋肉とは?

 

例えば、

  • 肩こり(肩の後ろを緩めるなら
    →肩の前(鎖骨の上)を緩める
  • 腰を緩めるなら
    →お腹を緩める
  • 股関節の内側を緩めるなら
    →お尻の外側(股関節の外側)を緩める

ということです。

 

「裏の筋肉」を意識した肩こり解消マッサージ&ストレッチ
胸鎖乳突筋グリップマッサージ

首肩の前をほぐすと→首肩の後ろも柔らかくなる

首斜め横ストレッチ

肩の前側を伸ばすと→肩の後ろが柔らかくなる

「裏の筋肉」を意識した腰痛解消マッサージ&ストレッチ
横隔膜ハンドマッサージ①(座りながらver)

お腹・横隔膜をほぐすと→腰も柔らかくなる

腰裏ねじりストレッチ

お腹を伸ばすと→腰が柔らかくなる

「裏の筋肉」を意識した股関節ゆるゆるマッサージ&ストレッチ
お尻ハンドマッサージ

お尻外側をほぐすと→股関節内側も柔らかくなる

お尻床アングルストレッチ

お尻の外側を伸ばすと→股関節内側が柔らかくなる

 

【筋肉のつながり④】
反対側の筋肉を緩めよう

硬直した筋肉の「反対側の筋肉」を緩めると、硬直した筋肉が緩みやすいです。

 

反対側の筋肉とは?

例えば、

  • 右肩こりが辛くても
    →左肩も緩める
  • 左腰が辛くても
    →右腰も緩める
  • 右の股関節が硬くても
    →左股関節も緩める

ということですね。

 

「反対側の筋肉」を意識した肩こり解消マッサージ&ストレッチ
肩ハンドマッサージ

左肩をほぐすと→右肩も柔らかくなる

首横ストレッチ

右肩を伸ばすと→左肩も柔らかくなる

「反対側の筋肉」を意識した腰痛解消マッサージ&ストレッチ
腰方形筋ハンドムービング

左右の腰をほぐすと→相乗効果で腰が柔らかくなる

腰横四つ這いストレッチ

左腰を伸ばすと→右腰も柔らかくなる

「反対側の筋肉」を意識した股関節ゆるゆるマッサージ&ストレッチ
股関節グリップムービング

右股関節をほぐすと→左股関節も柔らかくなる

和式アングルストレッチ

右股関節を伸ばすと→左股関節も柔らかくなる

 

【筋肉のつながり⑤】
同じ関節の筋肉を緩めよう

硬直した筋肉と「同じ関節の筋肉」を緩めると、硬直した筋肉が緩みやすいです。

 

同じ関節の筋肉とは?

 

例えば、

  • 肩こりを解消するなら
    →肩甲骨・首の筋肉全般を緩める
  • 腰痛を解消するなら
    →腰椎・骨盤・股関節の筋肉全般を緩める
  • 股関節を柔らかくするなら
    →骨盤・膝関節・膝関節の筋肉全般を緩める

ということですね。

 

「同じ関節の筋肉」がわかりにくければ、とりあえず「関節単位」で緩めればOKです。

つまり、

  • 肩こりを解消するなら
    →首・肩甲骨・肩関節を緩める
  • 腰痛を解消するなら
    →腰椎・骨盤・股関節を緩める
  • 股関節を柔らかくするなら
    →骨盤・股関節・膝関節を緩める

ということ。

 

「同じ関節」を意識した肩こり解消フォームローラー
首後ろフォームローラー

首をほぐすと→肩が柔らかくなる

肩甲骨ローテーション

肩甲骨をほぐすと→肩が柔らかくなる

「同じ関節」を意識した腰痛解消フォームローラー
腰後ろムービング

腰椎をほぐすと→腰が柔らかくなる

骨盤シェイキング

骨盤をほぐすと→腰が柔らかくなる

「同じ関節」を意識した股関節ゆるゆるフォームローラー
股関節外側ムービング①

股関節(外側)をほぐすと→股関節(内側)が柔らかくなる

股関節前側ムービング

股関節(前側)をほぐすと→股関節(内側)が柔らかくなる

 

【まとめ】
体を柔らかくする筋肉のつながり

今回ご紹介した「筋肉のつながり」を【関連筋】と呼んでいます。

つまり、

  • 肩こりの関連筋(=肩こり筋)
    →首・肩甲骨・背中・腕の筋肉
  • 腰痛の関連筋(=腰痛筋)
    →腰・背中・お尻・股関節の筋肉
  • 股関節の関連筋(=股関節筋)
    →お尻・太もも・ふくらはぎの筋肉

ということですね。

 

ただ、これだけ関連筋が多いと、

「結局、どの筋肉を緩めればいいの?」

「関連筋を全部緩めないと、柔らかくならないの?」

という疑問・懸念が生まれます。

 

でも、硬い部位を緩めるために、関連筋を全て緩める必要がありません。

ただ、関連筋の中から、硬い部位が緩むポイント=【原因筋】を見つければOKです。

 

原因筋とは?

硬い部位(不調を感じる部位)の原因となる筋肉

→原因筋を緩めると、硬い部位も緩む(不調が解消する)

 

そんなわけで次回は、「あなたの体を柔らかくする、原因筋の見つけ方」を解説していきます。

あなたの体が柔らかくなりますように。




プロが教える本物のセルフケアを体験しよう!
セルフケアレッスン受付中

自分のカラダに合ったセルフケアを学びませんか?「効果」と「実践しやすさ」を追求したリリトレで、不調を根本から解消しましょう!